著者
堀 雅明 中井 斌
出版者
Japan Health Physics Society
雑誌
保健物理 (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.1-11, 1976 (Released:2010-02-25)
参考文献数
37
被引用文献数
1 1

Genetic risk assessment for potential hazard from environmental tritium to man becomes important with increasing nuclear-power industry. The purpose of this short review is to discuss the possible genetic effects of tritium from a view of genetic risk estimation.The discussion is based mainly on our experimental results on the chromosome aberrations induced in human lymphocytes by tritium at the very low-level. The types of chromosome aberrations induced by radiation from tritium incorporated into the cells are mostly chromatid types. The most interesting finding is that the dose-response relationship observed in both tritiated-water and tritiated-thymidine is composed of two phases. The examination on the nature of two-phase dose-response relationship is very important not only for the mechanisms of chromosome aberrations, but also for the evaluation of genetic risk from low-level radiation.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

この論文だと5μCi/ml以上の濃度で、トリチウム水の有害性が有意です マウスではなく、ヒトの細胞を使っているので信頼度は高いですね 古い論文なので、福一事故や東電に対する忖度もないでしょう。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhps1966/11/1/11_1_1/_pdf/ >1キュリーは厳密に370億ベクレルに等しい。 https: ...

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

この論文読んでも「規制値まで薄めても危険」とは書いてありません。低濃度における影響は単純な高濃度からの外挿では見誤りますよというお話

Twitter (37 users, 45 posts, 6 favorites)

フォロワーさんから教えていただきました。 https://t.co/oNDH55rF0M の 6頁。 「ここに問題 とな るのは低線量域の線量効 果 で あ っ て,高線量域の約1/10ヒ ットの線量効果 しか示 していな い。これに対する解釈として,いくつかのモデルが考え られる。」
@tonarinomayu 18-20PBqは言い過ぎた。そこは訂正。 フランスのラアーグは2014年に12.7PBq海洋放出しました。 又、昭和40年代にヒトリンパ球の培養にトリチウム水を加えた実験https://t.co/mqNZbIz1vK 濃度37万Bq/Lまではトリチウムの有り無しで、染色体異常の発生に統計的な差異が無いことも分かっている。 https://t.co/Sc421U40zR
その研究で(80年代ではなく76年 https://t.co/MdDF55cn5s)、実験室レベルで影響を観測するだけでも1億Bq/L以上の濃度が必要だと分かったのだが。 https://t.co/5MMWwnS2WH
@smaru_org @kikumaco そんな研究結果があったのですか? トリチウムが染色体異常を引き起こすという下記のような論文は見たことがあるのですが。 https://t.co/0Nub8uPVPU
論文の結論には「トリチウムの許容量付近のきわめて低レベルの濃度より高濃度のレベルに至る, 線量効果関係の詳細な定量的データを得た」とある。 その範囲に放出基準の60,000Bq/Lを含むからといって、危険が実証されたと考えるのは大きな勘違いだ。 https://t.co/fRScRaYySK
この論文読んでも「規制値まで薄めても危険」とは書いてありません。低濃度における影響は単純な高濃度からの外挿では見誤りますよというお話 https://t.co/SrNTsSIPLx
https://t.co/0itWgWs2TF とりあえず 原論文ぽい https://t.co/HvKNaRAuUe
@k2cyan @arthurclaris これが元の論文「低レベル・トリチウムの遺伝的効果について:https://t.co/tOorUk0oMy」 この論文以前はトリチウムによる低線量域での定量データがなかったので高線量照射についての定量データから外挿していたという事ですね。
@kazooooya 中井&堀(1976)http://t.co/QpdBlXh305 のp.5の左下、図6のグラフも面白い。横軸にトリチウム水濃度(単位がμCi/mlなので注意)、縦軸に染色体異常の頻度を取ってグラフを描くと途中で勾配が変わって二相性を示します。
染色体異常を起こす低レベル・トリチウム 放射線医学総合研究所遺伝研究部 http://t.co/l9uprTp6D9 https://t.co/ecjj7UywN0
Take a look. Genetic risk assessment for potential hazard from environmental tritium to man http://t.co/l9uprTp6D9 https://t.co/oaZ6aMmzNc
低 レベル ・トリチウムの遺伝的効果について 特に染色体異常を中心に https://t.co/mbClf9YdHZ / 堀 雅明, 中井 斌 1976
低レベル・トリチウムの遺伝的効果について 放射線医学総合研究所遺伝研究部 Potential hazard from environmental tritium to man http://t.co/l9uprTp6D9 http://t.co/BRnzx50KlW
「トリチウムはごく低濃度でもヒトリンパ球に染色体異常」と放医研が発表したという40年近く前の朝日新聞記事(写真と書き起こしhttp://t.co/5JrBwbHkaN )この発表は1976年に和文論文になっていたhttp://t.co/QpdBlXh305

収集済み URL リスト