著者
森 数馬 岩永 誠
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.85, no.5, pp.495-509, 2014 (Released:2014-12-25)
参考文献数
101
被引用文献数
1

While enjoying music and other works of art, people sometimes experience “chills,” a strong emotional response characterized by a sensation of goose bumps or shivers. Such experiences differ from having goose bumps as a defense response or from shivering in reaction to cold temperatures. The current paper presents the phenomenon of music-induced chills and reviews the chill-related emotional response, autonomic nervous system activity, and brain activity. It also reviews the musico-acoustic features, listening contexts, and individual differences that cause chills. Based on the review, we propose a hypothetical model regarding the evocation of music-induced chills. Furthermore, we investigate the strong emotional response associated with chills by exploring the relationship between music-related chills and non-music-related chills, and discuss future research directions.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 20 posts, 17 favorites)

音楽による強烈な情動として生じる鳥肌感の研究動向と展望 https://t.co/vgshwA6pAk
@L7kYDYUG6wYKDgW 直リン張って良いかわからないけどこれですw この理屈でいくと、尾状核+側坐核の「期待-逸脱」の処理でドーパミンがでるならミステリ小説でも同じ事起きそうな感じするんですけどねー。どうなんだろ。 私的… https://t.co/b3Sy5YwYiO
https://t.co/vjAJ2qd6Lf
引用元 https://t.co/9FFBruSzk8
音楽による強烈な情動として生じる鳥肌感の研究動向と展望 https://t.co/bc2M8JSbh6 のオチ。 >より良い精神生活を送ることにもつながるものと期待される や、そこは期待しても難しいと思うぞ、と音楽やってる人間からは思う。
鳥肌感研究者の森氏も訳者として参加している「音楽と脳科学」をよろしくお願いします! 音楽による強烈な情動として生じる鳥肌感の研究動向と展望 https://t.co/ey6pFZbJWN https://t.co/HNuwu8cG8X
情動・自律神経・脳機能・音楽の物理特徴・聴取状態・個人差など多岐に渡る要因を解き明かそうとする研究動向の紹介→森数馬, 岩永誠 「音楽による強烈な情動として生じる鳥肌感の研究動向と展望」https://t.co/KbWMtugbpz

収集済み URL リスト