著者
永崎 研宣
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.58, no.6, pp.422-437, 2015-09-01 (Released:2015-09-01)
参考文献数
13

SAT大蔵経テキストデータベースは,1億字超の校訂テクストのデータベースとして2008年に全文検索を中心としたWebサービスを開始して以来,着々とサービスを拡充してきている。特に,他のWebサービスやデータベースとの連携サービスに注力している。これら一連のサービスについて「涅槃(ねはん)」と「泥洹(ないおん)」という言葉の使い分け方の調査を例にとって概観する。SATプロジェクトは,単に仏教研究に資するだけでなく,デジタル時代の人文学の在り方を追究しつつ国内外の人文情報学の動向とリンクしながら発展してきている。オープンデータとして見た場合にはまだ十分とは言えないが,そこに向けての準備は進めている。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[science][エレクトリック][本]

Twitter (32 users, 34 posts, 30 favorites)

SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて https://t.co/Ntnpuc7mtV
全文検索+画像リンク.一億字超の仏教関連典籍テキストデータベース.詳細は今月の情報管理を. https://t.co/n9kmqZKL8o #c4ljp
全文検索+画像リンク:1億字超の仏教関連典籍テキストDB(SAT DB)→詳細は『情報管理』9月号参照→ https://t.co/CJrXUu7Lww #c4ljp
“SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて” http://t.co/5XEINDcTKp #science #エレクトリック #本
“SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて” http://t.co/Cvx6xV4fUQ #digital_humanities #論文
ともかくこのデータベースは凄い。m(_ _)m “@knagasaki: 『情報管理』に掲載していただきました。「SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて 」 http://t.co/ezwD7sqQaq”
SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて https://t.co/DISUGRVtsU 変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/KqUkS3Xrmj
『情報管理』に掲載していただきました。「SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて 」 http://t.co/iRExtQ1qZ9
JST「情報管理」9月号 SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて 校訂情報としての脚注も含む1億字超のテクストが検索可能となった大正新脩大蔵経。プロジェクトとWebサービスを永崎氏が紹介します http://t.co/aa1bID8eep

収集済み URL リスト