著者
石田 正人
出版者
日本科学哲学会
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.47-63, 2012-07-30 (Released:2013-06-05)
参考文献数
25

A commonly shared image of convergence is that of arrays of light aiming at a focus―a projected vanishing-point to which all empirical inquiry strives to converge or the Kantian regulative ideal that reason aims at beyond the boundaries of all possible experience. Such an intuitive image of convergence is not completely foreign to Peirce's view, but a predominantly optical model of convergence fails to capture the generality and flexibility of the idea that Peirce wished to advocate. This paper formulates Peirce's convergence theory of truth based upon his mathematical insights and examines a number of criticisms leveled against the theory including that of Quine. I argue that Peirce's understanding of convergence is far more sophisticated than what critics have often assumed and that simultaneous convergence to multiple elements is not excluded from his picture.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (14 users, 17 posts, 34 favorites)

RortyによるPeirceの真理収束説批判は,かなり基本的な誤読に基づいています(意図的なんじゃないかと疑うほどです).この点については,石田正人「C・S・パースの真理の収束説」がお勧めです:https://t.co/LR4GA4rbKV https://t.co/xL2VIwTq6C
#岡田晴恵教授 と始めとするTV専門家と政府専門家会議との関係のあるべき姿は以下で説明可能。 <真理収束説> 与えられた科学的問いに関して、一連の諸意見は「最終的意見. へと収束する」と言い、その「最終的意見」を「真理」(問いへの真なる答え). と定義する。 https://t.co/842XwZd284
C・S・パースの真理の収束説 https://t.co/BqxqIFvyFu
パースの収束説、石田正人さんの論文。 https://t.co/WfoP8g8GBb
C・Sパースの真理の収束説 https://t.co/Gu7fQ2mwl0
世界的に著名なパース研究者である石田正人教授(ハワイ大学マノア校)による、パースの真理「収束説」についての論文。今まで読んだパースの真理概念を扱った研究の中でも出色。石田氏ほど深くパースを理解している日本人は、いないんじゃなかろうか。https://t.co/kqLxdvk25H

収集済み URL リスト