犬の大群 (@inunotaigun)

投稿一覧(最新100件)

RT @ryusukematsuo: 森村進「法において自由はどのように重要なのか」『哲学』72号,36-48頁,2021年 https://t.co/k4nYIPgBcc
RT @Naga_Kyoto: 荘園を「私的大土地所有」として理解するのは間違い!という記事。歴史学ではとっくに覆された見解が今も生き残っている理由に関する考察もされている。大変勉強になりました。 岡野 友彦「日本の荘園はなぜ教えにくいか」 https://t.co/ZoB0N…
RT @ryusukematsuo: 網谷壮介/稲村一隆/金慧/斎藤拓也「書評会ノート――斎藤拓也『カントにおける倫理と政治:思考様式・市民社会・共和制』(晃洋書房、2019年)をめぐって」『メディア・コミュニケーション研究』74巻,59-83頁,2021年3月 https:/…
法哲学者・恒藤恭の憲法論 : 恒藤恭『憲法問題』の復刊をめぐって 関西大学学術リポジトリ-リポジトリトップ https://t.co/mXH6hN29uu
RT @ryusukematsuo: 善教将大「ポピュリスト態度と維新支持――大阪市民を対象とする分析」『法と政治』71巻4号,1-18頁,2021年2月 https://t.co/PjKOL6jowe
RT @ttya70: 大澤津「財産所有デモクラシーと企業規制――職場民主主義推進の是非をめぐって」『北九州市立大学法政論集』第47巻第3・4号、2020年、1-26頁。リポジトリに以前からあったかもしれませんが。https://t.co/eIbDDksqHY
RT @igshrmshk: 植原亮「日本発の概念工学は実行に移せるか?――戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評――」を読了。 内容解説の的確さ、周辺情報の整理の充実度合い、内在的批判と建設的提案のバランス、いずれの面でもすごく良い書評論文だと思った。 htt…
RT @ttya70: Dryzekの環境民主主義論の全体像を知るには、丸山正次「言説的転回としての熟議民主主義:ジョン・S・ドライゼクのエコロジー的熟議民主主義理論」『法学論集』(山梨学院大学)第87号、2021年。https://t.co/4FYLADmvEi
RT @Liberal_Rabbit: ドゥオーキンの言う正答はあくまで信念体系内在的に決定される(からヘラクレス間でも!正答が異なることはある)って話を気鋭の学者さんが論じてた気がする。 小川亮「ロナルド・ドゥオーキンの解釈方法論の分析とその擁護 : Justice for…
博論があった ハイエクの自由主義経済思想 : 自生的秩序と人間の不完全知 今池 康人 大阪府立大学 学術情報リポジトリ-トップ https://t.co/WFiLSnFyre
マイケル・ポランニーの自由主義論 道徳的諸信念・自生的秩序・専門家主義 今池 康人 https://t.co/YhbI4F8HLc
公開されてました 大屋雄裕「自由と幸福の現在 ナッジとその先にあるもの」 https://t.co/K3XQMrzYLO
RT @tani6s: 【宣伝】『一物理学者とのチャット』(無料PDFファイル) 戸田山和久 × 谷村省吾対談の視聴者から寄せられた質問・コメントに対する主に谷村による回答。全47ページ、チャット・質問 68件すべて掲載。 https://t.co/17h7QxW6dG
渡辺幹雄先生の論文が出てた CiNii 論文 -  ジョン・ロールズ『政治哲学史講義』(2007年)注解(2)バトラー=シジウィック講義(2・完) https://t.co/cAdEK2eraU
RT @uwaaaa: CiNii 論文 -  被告人の身体的魅力が裁判員の判断に及ぼす影響 https://t.co/sVVQq8uaQd
RT @nonstopmasashit: はぁ…素晴らしい論文だ… 本も読もう。/三木 那由他 - 意図の無限後退問題とは何だったのか https://t.co/268NdfINeq
これ読みたい CiNii 論文 -  裁判の諸形態と限界(上) 著者Fuller Lon L. 大塚 滋 https://t.co/bTlOTH1R1i
RT @masahirosogabe: 【論文】齊藤正彰「憲法9条の解釈と学説の現況」北大法学論集 71(3) 2020 395 近年の憲法学説を緻密に整理したご論考です。https://t.co/RE9F3MDOrf
RT @turnEyshr: いつのまにかRazの理由に関する紹介がいくつか出てるな。安倍さんと大上さん。 https://t.co/kSG19yPmJh https://t.co/3ETma8EuW8
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒貝瀬幸雄 「ヨーロッパ民事訴訟法史論(1) : 歴史叙述としての民事訴訟」 『立教法学』101 (2020) https://t.co/S8y6GuLT8E
RT @nekonoizumi: PDFあり。面白かった。 地方議会での議員への懲罰と、それに対し裁判所の司法権が扱う範囲はどこまでかという話。 ⇒神橋一彦 「地方議会議員に対する懲罰と「法律上の争訟」 出席停止処分に対する司法審査を中心に」 『立教法学』102 (2020)…
RT @uocham: 後藤玲子 アローとセン -社会的選択理論の成立とその批判的展開- CiNii 論文 -  アローとセン -社会的選択理論の成立とその批判的展開- https://t.co/O07jp9bTHf #CiNii
RT @uocham: 塩野谷祐一の経済倫理学 卓越主義の構想を中心に 斉藤 尚 J-STAGE Articles - 塩野谷祐一の経済倫理学 https://t.co/LxOqCd8YFf
RT @Liberal_Rabbit: 内藤先生、ベンサムを進化心理学で改訂するやつの姉妹編?が出てた。知らなかった。> 内藤淳「功利原理と人間本性:ミルを進化心理学で批判する」 https://t.co/oennyxTJUM
RT @gonoi: その2018年の論文がこちらの「代表制民主主義と直接民主主義の間 —参加民主主義、熟議民主主義、液体民主主義」で、現在2233回ダウンロード。専門的な論文にしては意外に読者が多い。イシューごとの委任代理人というマルチステークホルダーの話やウルビナティらの議…
RT @Liberal_Rabbit: 宇佐美編はこの研究かしら。>https://t.co/QUgkauYXgo
RT @ryusukematsuo: 愛甲雄一「モンテスキューにおける共和政と平和」『清泉女子大学人文科学研究所紀要』41号,147-164頁,2020年3月 https://t.co/2OScuGoSfJ
RT @hrk_book: 再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
CiNii 論文 -  ハイエクにおける不確実性とルールの根源をめぐって : 「感覚秩序」と「自生的秩序」 (第43回研究大会) -- (シンポジウム ケインズ・ウィトゲンシュタイン・ハイエク : 不確実性の時代の秘められた知的連関) https://t.co/UN1IyGL40Z
ちなみにコンスタンの「近代人の自由と古代人の自由」は既訳がある 中京大学学術情報リポジトリ-トップページ 近代人の自由と比較された古代人の自由について : 一八一九年・パリ王立アテネ学院における講演 https://t.co/TCDaclXijf
RT @soichiro_sumida: 定森 亮「マキァヴェッリ『ディスコルシ』とモンテスキュー『法の精神』における共和政ローマの帝政への歴史的変容 : 共和政の腐敗と富の不平等の増大に関する分析の観点の相違」 https://t.co/EtMlke2zRg #CiNii
RT @clnmn: 超勉強になる。|小山虎「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか」, 科学哲学, 2018, 51巻, 2号, p. 29-45|J-STAGE https://t.co/iIJFbGgqbv
RT @evil_empire1982: スーパーヴィーンの日本語訳ダサい問題で思い出したのだが、珍しくハロルド・キンケイドの議論が日本語で読めるこれがありましたね。 太田雅子『付随性と説明の十分性について』 https://t.co/708w5wzrE5
RT @nekonoizumi: 公務員の「実務の心得」についての講演。確かにラストの展開がとても良く、さすがの小野紀明先生。 小野紀明「実務の心得」(『国際文化研修2016春』vol.91) https://t.co/LzFHrNarDq 国際文化研修2016年 春 htt…
高橋文彦 「無我の正義論は可能か?―仏教的自然法論序説(1)―」 明治学院大学機関リポジトリ-トップページ https://t.co/QycBsSseBA
RT @ryusukematsuo: 春山習「主権と統治(1)」『早稲田法学』94巻1号,61-101頁,2018年12月 https://t.co/7Thg3VkVbB 春山習「主権と統治(2・完)」『早稲田法学』94巻2号,89-129頁,2019年3月 https://…

3 0 0 0 OA 主権と統治 (1)

RT @ryusukematsuo: 春山習「主権と統治(1)」『早稲田法学』94巻1号,61-101頁,2018年12月 https://t.co/7Thg3VkVbB 春山習「主権と統治(2・完)」『早稲田法学』94巻2号,89-129頁,2019年3月 https://…
RT @MBMtw: 勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 http…
RT @MBMtw: 勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 http…
RT @MBMtw: 勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 http…
RT @hotaka_tsukada: 【論文刊行】塚田穂高・岡崎優作「高校「政治・経済」教科書のなかの「信教の自由」「政教分離」―戦後日本社会における政教分離概念の浸透過程の一側面として―」『上越教育大学研究紀要』39-1、125-139頁、が刊行されました!みなさまの御高覧…
RT @tkira26: @inunotaigun そのへんはもう触れたくない領域。 https://t.co/lZ5iETtpEi
こんな論文もあった 正当性でもいいのか CiNii 論文 -  ヴェーバーの支配の正当性論の再考(4)支配の[正当性/正当化(Legitimitat/Legitimieren)]の二相性について https://t.co/Z0ydb6khp3
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @ryusukematsuo: 森悠一郎 [2019] 「統計的差別と個人の尊重」『立教法学』100: 215-186 https://t.co/WQCngrZu1G
RT @kkawasee_wdl: 『宮崎公立大学人文学部紀要』最新号について、webからの閲覧が可能になっているようです。私は論文「マイケル・トンプソンの「素朴な行為論」」を寄稿しています。トンプソンの独特の行為論の概要と、検討すべき論点が手軽にわかる論文をめざしました。…
RT @MBMtw: これも見つけもの。 CiNii 論文 -  ジョナサン・ウルフの公共政策の哲学について : 『恵まれない境遇Disadvantage』を中心に https://t.co/7dAVHpsK1J #CiNii
RT @mori_tatsuya: @odg1967 プラグマティズム内部での評価は現在進行形でなされていて、まだ決着はついていないという印象ですが、いかがでしょうか。 https://t.co/G1e4sG3SCe
宇佐美公生「二つの自由論 - デネットの道徳的自然主義とカントの道徳の形而上学 -」 岩手大学リポジトリ-トップページ https://t.co/aAW6ilXSH9
「公共理性と正義感覚による主体的正義論 : ロールズ正義論の拡張可能性についての一試論」 https://t.co/SvUQtxuh3c
RT @kkawasee_wdl: マクダウェルの「第二の自然」について書いた紀要論文がDL可能になりました。とりあえず概要を知りたいときに使えるよう、自然主義とプラトン主義、非法則論的一元論との関係、ライトの批判と静寂主義、実はヘーゲルとあまり関係がないこと、などについて論じ…
カントによる〈世界共和国否定論〉の再検討 石田 京子 https://t.co/PmteNgefP1
福原明雄先生の博士論文って公開されてたんですね。 中道リバタリアニズムの可能性 ―自由と平等の再検討を通して― 平成27年 9月 福原明雄 首都大学東京 社会科学研究科 みやこ鳥-トップページ https://t.co/De3Fl0zdSf
この博士論文の書籍化なんですかね。 権安理 「公共的なるもの」の概念と展開 -アーレントの思想の再検討と、戦後日本における「公共的なるもの」の変容- 早稲田大学リポジトリ-トップページ https://t.co/LYTQcULd0V
RT @buytekadonoi: 「フランス国家がイスラームを「宗教」と見なしてムスリムにアプローチする枠組みにおいて、イスラームはフランスの「宗教」になったが、そのアプローチの限界も浮き彫りになる」ことについて過去に論じた拙論→https://t.co/FfOoZz6mCU…
RT @sunaharay: 歴史的制度論のサーベイ,Oxford Handbookより今井真士さんの書いたものの方が手際よくまとまってて読みやすかった。出てくる文献も大体同じだし。/ 比較政治学における歴史的制度論・比較歴史分析の着想の発展 : 科学哲学的基礎の模索から論理学…
RT @ryusukematsuo: CiNii 博士論文 - エドマンド・バークの政治思想 https://t.co/6MdmdbBMtz #CiNii
米村幸太郎「公共的理由アプローチの拡散と展望 : クォンとヴァリエの場合」 横浜国立大学学術情報リポジトリ-トップページ https://t.co/JZqi8DsImw
笹倉秀夫「マイケル・サンデルにおける正義と道徳 -併せてロールズ・井上達夫考-」早稲田大学リポジトリ-トップページ https://t.co/Fh0A1UX2hf
RT @Philo_Shinkan: 【本日公開】「G20各国の憲法概観」(国立国会図書館)サウジ等の憲法は知らなかったので読み始めると、アメリカの項目(P2)に「公立校での白人と黒人の別学を違憲とした」判決(1954年)とある。(続く) 【国立国会図書館(PDF)】→ htt…
RT @shiinama: 愛甲雄一「リチャード・ホフスタッターと知識人の使命 : 多元性を求めて」https://t.co/JDRN59nNGa 「反知性主義」批判で話題になったホフスタッターの思想とその背景を解説。勉強になる。
ハーバーマス・ロールズ論争再訪 ―「討議的正義か、公正としての正義か」を超えて― 東洋大学学術情報リポジトリ-ホーム https://t.co/B28Fo492sU
井上達夫「正義, 法, そして立憲民主主義」 山形大学学術機関リポジトリ-トップページ https://t.co/ViELeBtyY5
シュンペーターとハイエク : 社会主義への前進と新自由主義的逆転 立教大学学術リポジトリ-立教大学学術リポジトリ https://t.co/KudAG3Ulzg
RT @Tama_Goldheart: 今年の春に東北学院大学さんの紀要に掲載された論文「健康増進のための肥満対策が有する倫理的課題」が電子化されました。肥満をめぐる政策介入の「倫理的」課題について論点整理を行った論文です!多くの方に読んでいただけたら嬉しく思います。https…
RT @ryusukematsuo: 瀧川裕英 [2017] 「票を不平等に配分する――票配分原理の探究」『立教法学』95 https://t.co/MzWBfrWrhW 【あわせて読みたい】→「分割して統治させよ――ステークホルダー・デモクラシーの複数性」 https://t…
RT @ttya70: 瀧川裕英「票を不平等に配分する――票配分原理の探究」『立教法学』第95巻、2017年3月、144-120頁。https://t.co/W1WGYvkidI
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @shiinama: 堂囿俊彦「厚い概念としての人間の尊厳」 https://t.co/xDeMmmphp6 「「尊厳」て何だろうか?」という疑問は私も持っていたが、この論文におけるその疑問への応え方が、想像の右斜め上だった(よい意味で)。とても勉強になった。マクダウェル…
RT @MBMtw: 大変勉強になりました。 CiNii 論文 -  ロールズにおける功績の非対称性問題 (法科大学院創設10周年記念号) https://t.co/FuscOMcdUf #CiNii
RT @MBMtw: こんな論文も見つけた。 CiNii 論文 -  ロールズ『正義論』における「偶然性」概念の考察 https://t.co/PNOAKwbWfY #CiNii
RT @GenzoMuller: そっとダイレクトマーケティング。 >(PDF直リンク)森村進「知的財産権に関するリバタリアンの議論」最先端技術関連法研究 第15号 https://t.co/mGzvjeXSuD
@mofumofu1582 法哲学年報の論文が公開されていますのでよろしければ 井上達夫「何のための法の支配か 法の闘争性と正統性」 https://t.co/3yYSIVDaqA また『法という企て』もぜひ
RT @ryusukematsuo: 樋口陽一 [2016] 「第五共和制のlégiste vs 第三帝国のKronjurist ?――ルネ・カピタン(一九〇一-七〇)とカール・シュミット(一八八八-一九八五):二つの才能の交叉と乖離」『日本學士院紀要』71(1) https:…
RT @MValdegamas: リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https…
RT @MValdegamas: リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https…
那須耕介先生の博士論文が公開されてる Kyoto University Research Information Repository: 法の支配を支えるもの https://t.co/IZO2khfE8S
RT @ttya70: 渡辺雅男「書評:新川敏光著『福祉国家変革の理路』」『季刊社会保障研究』51巻1号、2015年、を読む。同書を読み直す時の手がかりを与えてくれる。https://t.co/GbGs76kaO1
RT @MBMtw: 面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
これですな 井上彰「自己所有権と平等」 https://t.co/a2z6miJ9HI
RT @Yu_guitarlaw: 佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 http…

45 0 0 0 OA 日本憲法要論

RT @Yu_guitarlaw: 佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 http…

44 0 0 0 OA 日本行政法論

RT @Yu_guitarlaw: 佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 http…
矢崎光圀『法実証主義の再検討』を読んだ。法実証主義を実定法主義、経験主義、在る法主義、その信念の四つの源泉から分類、分析し、法実証主義の持つ多様性を明らかにするとともに、ある種の偏見から法実証主義を救い出そうとする。 https://t.co/pRXV0YR5HC

8 0 0 0 OA 日本体操

RT @nekonoizumi: 筧克彦『日本体操』筧博士著作物刊行会(1939) https://t.co/a5ecECVeLa
RT @KoichiTaniguchi: どん兵衛のコレ、筧克彦先生の『大日本帝国憲法の根本義』の「第五図」(159頁)しか想起し得ないのが、普通の法学者だよな。 ちな、近代デジタルライブラリーで読めます。→ https://t.co/wE5rcszWnW https://t…
こうなったらアナルコ・セクシュアリズムで行きましょう! 住吉雅美『アナルコ・セクシュアリズムをめざして』 https://t.co/oohEDz0mg8
エガリタリアニズムについてはこれが勉強になる CiNii 論文 -  エガリタリアニズムは存在するか? http://t.co/3Qdx8H80Hq
これも面白そう CiNii 論文 -  コモン・ローのコンテクストとハート、ドゥオーキン http://t.co/vP1KLVWDGJ
これも読もう CiNii 論文 -  リバタリアニズムの原理的再編成に向けての一試論(1) http://t.co/eCH33iBYjB
いつか読む CiNii 論文 -  社会システム論からみた自生的秩序論 : ハイエクとルーマンの比較にむけて http://t.co/jSOOJJ1pbm
レッシグと言えばこれもいつか読む http://t.co/r8IgJi2Wp0

お気に入り一覧(最新100件)

網谷壮介/稲村一隆/金慧/斎藤拓也「書評会ノート――斎藤拓也『カントにおける倫理と政治:思考様式・市民社会・共和制』(晃洋書房、2019年)をめぐって」『メディア・コミュニケーション研究』74巻,59-83頁,2021年3月 https://t.co/g37j4EIx9U
善教将大「ポピュリスト態度と維新支持――大阪市民を対象とする分析」『法と政治』71巻4号,1-18頁,2021年2月 https://t.co/PjKOL6jowe
大澤津「財産所有デモクラシーと企業規制――職場民主主義推進の是非をめぐって」『北九州市立大学法政論集』第47巻第3・4号、2020年、1-26頁。リポジトリに以前からあったかもしれませんが。https://t.co/eIbDDksqHY
植原亮「日本発の概念工学は実行に移せるか?――戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評――」を読了。 内容解説の的確さ、周辺情報の整理の充実度合い、内在的批判と建設的提案のバランス、いずれの面でもすごく良い書評論文だと思った。 https://t.co/JWwSIbWjt0
ドゥオーキンの言う正答はあくまで信念体系内在的に決定される(からヘラクレス間でも!正答が異なることはある)って話を気鋭の学者さんが論じてた気がする。 小川亮「ロナルド・ドゥオーキンの解釈方法論の分析とその擁護 : Justice for Hedgehogsを中心に」 https://t.co/Z3pGjZyYJt #ICU法哲学
濱先生もラズの論文を出されていたのは知らなかった。 https://t.co/rCdai32PUr
【宣伝】『一物理学者とのチャット』(無料PDFファイル) 戸田山和久 × 谷村省吾対談の視聴者から寄せられた質問・コメントに対する主に谷村による回答。全47ページ、チャット・質問 68件すべて掲載。 https://t.co/17h7QxW6dG
いつのまにかRazの理由に関する紹介がいくつか出てるな。安倍さんと大上さん。 https://t.co/kSG19yPmJh https://t.co/3ETma8EuW8
後藤玲子 アローとセン -社会的選択理論の成立とその批判的展開- CiNii 論文 -  アローとセン -社会的選択理論の成立とその批判的展開- https://t.co/O07jp9bTHf #CiNii
塩野谷祐一の経済倫理学 卓越主義の構想を中心に 斉藤 尚 J-STAGE Articles - 塩野谷祐一の経済倫理学 https://t.co/LxOqCd8YFf
内藤先生、ベンサムを進化心理学で改訂するやつの姉妹編?が出てた。知らなかった。> 内藤淳「功利原理と人間本性:ミルを進化心理学で批判する」 https://t.co/oennyxTJUM
関口正司先生。オープンアクセス。 CiNii 論文 -  政治哲学と政治的思慮 https://t.co/j8Ssxu70jZ #CiNii
最近お名前を知った小川亮さん。東大の院生の方。国家学会雑誌は使えるとこ入ってるんだが、今は入館制限が... CiNii 論文 -  ロナルド・ドゥオーキンの解釈方法論の分析とその擁護 : Justice for Hedgehogsを中心に https://t.co/svBrv6547s #CiNii
再訪。 CiNii 論文 -  「プラグマティックな自然主義」と3つの課題 (座小田豊先生 御退職記念号) https://t.co/Nqu4CexHIG #CiNii
CiNii 論文 -  日本の初期憲法思想における法実証主義と進化論 https://t.co/zhrbDwn0k3 #CiNii
定森 亮「マキァヴェッリ『ディスコルシ』とモンテスキュー『法の精神』における共和政ローマの帝政への歴史的変容 : 共和政の腐敗と富の不平等の増大に関する分析の観点の相違」 https://t.co/EtMlke2zRg #CiNii
スーパーヴィーンの日本語訳ダサい問題で思い出したのだが、珍しくハロルド・キンケイドの議論が日本語で読めるこれがありましたね。 太田雅子『付随性と説明の十分性について』 https://t.co/708w5wzrE5
ああ、成田先生のもあったか 成田和信(2012)「快楽主義の新たな試みと人生満足説 : 「豚の哲学」批判をめぐって」 https://t.co/RFqNSMYynM あと米村さんもいくらか書いてた気がするけど、どれだっけかな。
春山習「主権と統治(1)」『早稲田法学』94巻1号,61-101頁,2018年12月 https://t.co/7Thg3VkVbB 春山習「主権と統治(2・完)」『早稲田法学』94巻2号,89-129頁,2019年3月 https://t.co/2FrBVDs8Sg

3 0 0 0 OA 主権と統治 (1)

春山習「主権と統治(1)」『早稲田法学』94巻1号,61-101頁,2018年12月 https://t.co/7Thg3VkVbB 春山習「主権と統治(2・完)」『早稲田法学』94巻2号,89-129頁,2019年3月 https://t.co/2FrBVDs8Sg
勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 https://t.co/On7cSggiAk
勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 https://t.co/On7cSggiAk
勁草の双書現代倫理学にリストアップされてるネーゲルの『利他主義の可能性』、すでに翻訳が存在してるんだな。(ただし未完) 1-4章 https://t.co/jSHGNBeeHu 5-6章 https://t.co/Oz0KgiLVTN 9-10章 https://t.co/On7cSggiAk
「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
見崎史拓さん(名古屋大学大学院・法哲学)より、論文「憲法的機能は国家のみに見出せるのか?(1)(2完)」(名古屋大学法政論集281、282号、2019年)抜刷をご恵投いただきました。立憲主義的人権保障における「社会」の役割を論じる意欲的な論考です。 https://t.co/0imkommHdm https://t.co/ztvxHxRo1i https://t.co/RPA1MFAJ9k
見崎史拓さん(名古屋大学大学院・法哲学)より、論文「憲法的機能は国家のみに見出せるのか?(1)(2完)」(名古屋大学法政論集281、282号、2019年)抜刷をご恵投いただきました。立憲主義的人権保障における「社会」の役割を論じる意欲的な論考です。 https://t.co/0imkommHdm https://t.co/ztvxHxRo1i https://t.co/RPA1MFAJ9k
公衆衛生と功利主義の関係は良く話題になるけど、ベンタム主義者たちは「公園を作るとめっちゃ効用が上がるから公園をたくさん作ろう」と考えてそういう予算を議会に通したりして、現代的な公園のモデルはそのときにベンタム主義者が考えたものだという話がある。 https://t.co/1ydBNDiOhy
森悠一郎 [2019] 「統計的差別と個人の尊重」『立教法学』100: 215-186 https://t.co/WQCngrZu1G
『宮崎公立大学人文学部紀要』最新号について、webからの閲覧が可能になっているようです。私は論文「マイケル・トンプソンの「素朴な行為論」」を寄稿しています。トンプソンの独特の行為論の概要と、検討すべき論点が手軽にわかる論文をめざしました。 https://t.co/o1FJ8Vm6cr
これも見つけもの。 CiNii 論文 -  ジョナサン・ウルフの公共政策の哲学について : 『恵まれない境遇Disadvantage』を中心に https://t.co/7dAVHpsK1J #CiNii
@odg1967 プラグマティズム内部での評価は現在進行形でなされていて、まだ決着はついていないという印象ですが、いかがでしょうか。 https://t.co/G1e4sG3SCe
秋葉剛史「自己抹消的な道徳理論の問題点は(あるとすれば)何か」 https://t.co/lI9HaxspnA
昔、ごく一部で話題になった座談会「日本における西洋政治思想研究の現状と課題」。 https://t.co/GZXynkmT4b
この論文がけっこうよいレビューになっていて、やっぱりレビュー論文大事だと思う。 / “「尊厳」は役に立たないか:多元的社会のための「尊厳」概念” https://t.co/HqHgkEEHjx
ネットで公開されとるやないかい!ヤッタネ! https://t.co/KRb9stSeMm
浜野研三 [2018] 「参加民主主義のすすめ――逆転型全体主義から自由と平等を守る」『人文論究』68(1): 73-95 https://t.co/5er0yvUYBh タイトルから推測できるウォリンだけでなく,E. アンダーソンの議論なども採り上げられていた.
浜野研三「「人間である」という概念の意義:種差別批判に抗して」(2017) https://t.co/pdWF4Q7DHu
五野井郁夫「代表制民主主義と直接民主主義の間:参加民主主義、熟議民主主義、液体民主主義」『社会科学ジャーナル』(国際基督教大学)第85号、2018年3月、5-22頁。以前に政治学会で報告されていたものかな?https://t.co/YiBm0hDnrg
勉強になる。CiNii 論文 -  ダール多元主義理論における連続と変化 ( 1 ) : ポリアーキーの制度的条件を手がかりに https://t.co/KrRgG7f0Ht #CiNii
法令工学、実際に作る法令がどのような形式であるのか・それを如何にして運用するのか等のイメージを十分に固めてからでないとどうにもならなくて、単に形式的に厳密に記述して人間以外によって運用させようというなら26年も昔にこんな研究あるよという話である。 https://t.co/SYG9wXeVOl
というわけで毎度宣伝で恐縮ですが。/ CiNii 論文 - 自己強化する制度と政策知識 : 医療保険制度改革の分析から https://t.co/XtQiICI9Hd #CiNii
CiNii 論文 -  実在論へ声援を、合理主義へ喝采を https://t.co/rsSmPhqtyY #CiNii
“田中 拓道(2009)「現代福祉国家研究における「政治」概念 : 1970年代以降の方法の変遷」 法政理論 41(2), 14-39. - CiNii” https://t.co/sLU9RQp7lS #Luhmann #Macht #国家 #acc
CiNii 博士論文 - エドマンド・バークの政治思想 https://t.co/6MdmdbBMtz #CiNii
これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https://t.co/p3KtJPjX0B
これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https://t.co/p3KtJPjX0B
今年の春に東北学院大学さんの紀要に掲載された論文「健康増進のための肥満対策が有する倫理的課題」が電子化されました。肥満をめぐる政策介入の「倫理的」課題について論点整理を行った論文です!多くの方に読んでいただけたら嬉しく思います。https://t.co/zzq4I2jIHY
瀧川裕英 [2017] 「票を不平等に配分する――票配分原理の探究」『立教法学』95 https://t.co/MzWBfrWrhW 【あわせて読みたい】→「分割して統治させよ――ステークホルダー・デモクラシーの複数性」 https://t.co/tWVnABDMml
瀧川裕英「票を不平等に配分する――票配分原理の探究」『立教法学』第95巻、2017年3月、144-120頁。https://t.co/W1WGYvkidI
そっとダイレクトマーケティング。 >(PDF直リンク)森村進「知的財産権に関するリバタリアンの議論」最先端技術関連法研究 第15号 https://t.co/mGzvjeXSuD
CiNii 論文 -  政治において当事者とは誰か? : アレント、ムフ、ランシエール https://t.co/QTGLfU2frU #CiNii
というわけで、拙稿「観察可能なものと観察不可能なもの:規範・経験の区別の再検討」日本政治学会編『年報政治学2015-I 政治理論と実証研究の対話』(木鐸社)をよろしくお願いしますm(_ _)m(まだ、ウェブ上では読めませんが)https://t.co/w1BGAEeljC
こちらも同じ著者のもの。結構ストレートに政策規範として功利主義へのシンパシーを示している。 政策の基礎付けについて : 政策当局者のための倫理学序説(前編) https://t.co/D4Ifbjmq8K
@shinkai35 その前に此方をどうぞ。ドゥアンヌにも指摘されている、リベットの実験のダメさが分かります。> CiNii 論文 -  自由意志と神経科学 : リベットによる実験とそのさまざまな解釈 https://t.co/qe2hCkLtAr #CiNii
竹中 佳彦「国際法学者の“戦後構想”-「大東亜国際法」から“国連信仰”へ- 終戦外交と戦後構想」 https://t.co/4kPCaEO8Ym
佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 https://t.co/sUhKVKy0Ms

45 0 0 0 OA 日本憲法要論

佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 https://t.co/sUhKVKy0Ms

44 0 0 0 OA 日本行政法論

佐々木惣一の著作権保護期間経過によりNDLで佐々木の著作が見られるようになった。 我が国憲法の独自性 https://t.co/V5dyr8BbtI 日本憲法要論 https://t.co/eiTXU8HFz9 日本行政法論. 総論 https://t.co/sUhKVKy0Ms
どん兵衛のコレ、筧克彦先生の『大日本帝国憲法の根本義』の「第五図」(159頁)しか想起し得ないのが、普通の法学者だよな。 ちな、近代デジタルライブラリーで読めます。→ https://t.co/wE5rcszWnW https://t.co/SsdDPo7bkw
杉田敦 [2015] 「特別講演「代表制と民主主義を考える」」『北海学園大学法学部50周年記念論文集』613-633 https://t.co/jJM5HBzuiS DL可.
権左武志「ワイマール期カール・シュミットの政治思想 -近代理解の変遷を中心として-」北大法学論集54巻6号(2004年) https://t.co/HTsRxHAEHT ヴァイマル共和政の①初期、②安定期、③末期、④以後、の四期に区分してシュミットの政治思想を通覧する。興味深い。
今年の政治思想学会で報告されてたものですね。/  民主主義はポピュリズムにどう応答するか――リベラルおよび急進的アプローチの比較 https://t.co/irqIswM8zb #CiNii
CiNii 論文 -  韓国におけるインターネット実名制の施行と効果(研究) https://t.co/iqNZxBZeOl
稲井さんの御論文、読めそうである。CiNii 論文 -  トクヴィルの救貧論 http://t.co/HS9Cn3KK2D #CiNii → http://t.co/Zk8j5CUVgn
↓をはじめ、レファレンス770号の集団的自衛権特集は読んでおきたい。前提知識を問わないよう丁寧に書かれている。 栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として―」、『レファレンス』No.770、国立国会図書館、2015年3月。 http://t.co/XiYB4lhQ5i
三島憲一「ハーバーマスとデリダのヨーロッパ」 https://t.co/aX9pbaQNSk 特に政治学者は読んでおいた方がいいのではないかと。

フォロー(150ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(215ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)