著者
加藤 秀一
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.55, no.3, pp.298-313, 2004-12-31 (Released:2010-04-23)
参考文献数
11

ロングフル・ライフ (wrongful life, 以下WL) 訴訟とは, 重篤な障害を負って生まれた当人が, 自分は生まれないほうが良かったのに, 医師が親に避妊あるいは中絶の決断をするための根拠となる情報を与えなかったために生まれてしまったとして, 自分の生きるに値しない生をもたらした医師に賠償責任を要求する訴訟である.そこでは自己の生そのものが損害とみなされる.しかしWL訴訟は論理的に無意味な要求である.なぜならそれは, すでに出生し存在している者が, 現実に自分が甘受している状態と自分が存在しなかった状態とを比較した上で, 後者のほうがより望ましいということを主張する発話行為であるが, 自分が存在しない状態を自分が経験することは不可能であり, したがってそのような比較を当事者視点から行なうことは遂行的矛盾をもたらすからである.それにもかかわらずWL訴訟の事例は増えつつあり, 原告勝訴の事例も出ている.それだけでなく, WL訴訟と同型の論理, すなわち存在者があたかも非在者であるかのように語る〈非在者の語り=騙り〉は, 裁判以外のさまざまな文化現象の中に見てとることができる.そのような〈騙り〉は, 死の概念を一面化し, 死者を生者の政治に利用することで, 新たな死を召喚する行為である.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (21 users, 22 posts)

[社会][心理][精神][社会学]
[中絶][障害][訴訟][生命倫理]

Twitter (177 users, 178 posts, 420 favorites)

「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって https://t.co/zxLNEMDKCg
https://t.co/40E8d8EJvc
「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって https://t.co/SxlJ4IHn6O
「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって https://t.co/l6fPapA9sf
https://t.co/1uStn5mfVb
タイトルとアブストのインパクトが大きくて「うおぉ」って声が出た https://t.co/uNhLIm8Z34
“「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって” https://t.co/8OG4kRGOUU
1件のコメント https://t.co/jpWIJ8Nkcm “「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって” https://t.co/zEmM6jX3Ke
1件のコメント https://t.co/jpWIJ8Nkcm “「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって” https://t.co/zEmM6jX3Ke
「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって https://t.co/Nb9SuYNhiS
「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって https://t.co/dCmDg3nbFy
「生まれない方がよかった」という思想をめぐって https://t.co/5NZD7DezJE https://t.co/NCLlRlpF6X
あ り ま し た https://t.co/4PYGavHeyN
「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって Wrongful life訴訟と「生命倫理」の臨界 加藤 秀一 (PDF)/ あとで読も。 https://t.co/kf0vwdRfrO

収集済み URL リスト