著者
加藤 秀一
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.55, no.3, pp.298-313, 2004-12-31 (Released:2010-04-23)
参考文献数
11

ロングフル・ライフ (wrongful life, 以下WL) 訴訟とは, 重篤な障害を負って生まれた当人が, 自分は生まれないほうが良かったのに, 医師が親に避妊あるいは中絶の決断をするための根拠となる情報を与えなかったために生まれてしまったとして, 自分の生きるに値しない生をもたらした医師に賠償責任を要求する訴訟である.そこでは自己の生そのものが損害とみなされる.しかしWL訴訟は論理的に無意味な要求である.なぜならそれは, すでに出生し存在している者が, 現実に自分が甘受している状態と自分が存在しなかった状態とを比較した上で, 後者のほうがより望ましいということを主張する発話行為であるが, 自分が存在しない状態を自分が経験することは不可能であり, したがってそのような比較を当事者視点から行なうことは遂行的矛盾をもたらすからである.それにもかかわらずWL訴訟の事例は増えつつあり, 原告勝訴の事例も出ている.それだけでなく, WL訴訟と同型の論理, すなわち存在者があたかも非在者であるかのように語る〈非在者の語り=騙り〉は, 裁判以外のさまざまな文化現象の中に見てとることができる.そのような〈騙り〉は, 死の概念を一面化し, 死者を生者の政治に利用することで, 新たな死を召喚する行為である.
著者
加藤 秀一
出版者
明治図書出版
雑誌
解放教育
巻号頁・発行日
vol.39, no.3, pp.92-94, 2009-03
著者
加藤 秀一
出版者
明治図書出版
雑誌
解放教育
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.74-76, 2009-02
著者
加藤 秀一
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.55, no.3, pp.298-313, 2004-12-31

ロングフル・ライフ (wrongful life, 以下WL) 訴訟とは, 重篤な障害を負って生まれた当人が, 自分は生まれないほうが良かったのに, 医師が親に避妊あるいは中絶の決断をするための根拠となる情報を与えなかったために生まれてしまったとして, 自分の生きるに値しない生をもたらした医師に賠償責任を要求する訴訟である.そこでは自己の生そのものが損害とみなされる.<BR>しかしWL訴訟は論理的に無意味な要求である.なぜならそれは, すでに出生し存在している者が, 現実に自分が甘受している状態と自分が存在しなかった状態とを比較した上で, 後者のほうがより望ましいということを主張する発話行為であるが, 自分が存在しない状態を自分が経験することは不可能であり, したがってそのような比較を当事者視点から行なうことは遂行的矛盾をもたらすからである.<BR>それにもかかわらずWL訴訟の事例は増えつつあり, 原告勝訴の事例も出ている.それだけでなく, WL訴訟と同型の論理, すなわち存在者があたかも非在者であるかのように語る〈非在者の語り=騙り〉は, 裁判以外のさまざまな文化現象の中に見てとることができる.そのような〈騙り〉は, 死の概念を一面化し, 死者を生者の政治に利用することで, 新たな死を召喚する行為である.
著者
加藤 秀一
出版者
The Kantoh Sociological Society
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.1991, no.4, pp.1-12, 1991

Abortion is at the heart of "sexual politics" including a serious struggle between feminists and consevative anti-abortionists. The aim of this paper is to reconsider the significance and limitations of feminists' vindication of women's right to abortion and reproductive freedom argumentation. After surveying abortion's situation generally and defining the meaning of reproductive freedom, the paper discusses the relation of women's freedom and selective abortion and concludes that women's rights and handicapped's rights are not contradictive.
著者
石川 由香里 加藤 秀一 片瀬 一男 林 雄亮 土田 陽子 永田 夏来 羽渕 一代 守 如子
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

2017年度に予定されている第8回青少年の性行動調査の実施に向けて、今年度は研究会を計4回開催した。5月の研究会では、これまでの調査結果について研究成果を積み重ねる目的でいくつかのグループに分かれて論文化している内容の中間報告と、予定される主な調査地域の割り振りを行った。8月の研究会では、イベントヒストリー分析と、パーソンイヤーデータの分析方法についての講習を研究会メンバーの一人から受けた。このときにはスウェーデンから研究協力者を招へいし、スウェーデンにおける性教育の状況についても情報を得た。また8月21日から25日までシカゴで開催された、アメリカ社会学会へ2名が参加した。今年のテーマはセクシュアリティであり、調査に関連する研究成果についての情報収集を行った。12月の研究会では、2017年に実査が予定されている調査票の内容について検討を行うとともに、各グループからの研究の進捗状況が報告された。また、調査地についての担当者の割り振りを行った。また、8月のアメリカ社会学会で得られた情報についての報告も行われた。とくに町村部の中学生の集票が難しいことから、アクセスパネルを用いた調査法について検討を行ったが、異なる方法で集めたデータを混ぜることの問題性と、費用がかかりすぎることから、基本的にこれまでの集合調査の形をとること、地点担当者が町村の教育委員会に積極的にアプローチすることを決めた。3月の研究会では、前回の懸案事項となっていた調査票の項目について、より細かな議論を行うとともに、来年度以降の研究計画について確認を行った。調査票全体のアウトラインはできたものの、細かな文言、全体量など調整すべき事項があるため、責任者の下で調査票の形に取りまとめたものを、次年度5月開催の研究会にて引き続き再検討することとなった。
著者
加藤秀一 堀江 憲一 小川 克彦 木村 重良
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.61-69, 1995-01-15
被引用文献数
6 or 0

コンピュータシステムの使いやすさや分かりやすさ(ユーザビリティ)を、誰もが客観的に手軽に評価できるHI(ヒューマンインタフェース)設計チェックリストを開発しその有用性を検証した。本チェックリストは、(1)専門家でなくとも便いこなせ、(2)信頼性・客観性の高い定量的な結果が得られ、さらに、(3)実際に、改善にまで直結できること、を主な目的に開発された。合計133のチェック項目により、画面(9セクション、69項目)と操作性(7セクション、64項目)がチェックできる。チェック緒果は、先に開発したHI設計ガイドラインヘの適合度を表わす定量的な値で得られ、チェック項目やセクション間のバランス評価、他システムとの比較評価ができる。一方、本HI設計チェックリスト自身のユーザビリティを検証するため、4名の被験者の、半年間こわたるチェックデータやチェック時間を分析した結果から、チェックリストの末経験者でも、インタフェースの不適合な箇所を、客観的かつ網羅的に、短時間で検出できることを確認した。また、HI設計チェックリストで、運用/開発中のコンピュータシステムのユーザビリティを評価した結果から、HI設計時に見落とされやすい(守られない)ガイドライン項目や、レビュー時に重点的にチェックすべき項目を抽出できた。これらのユーザビリティ評価を通して、HI設計チェックリストの有用性が検証できたと考えている。