著者
野田 伸司 渡辺 実 山田 不二造 藤本 進
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.55, no.5, pp.355-366, 1981-05-20 (Released:2011-11-25)
参考文献数
20
被引用文献数
3 3

親水性ウイルス (エンテロウイルス) および親油脂性ウイルス (アデノおよび被エンベロープウイルス) の合計11種類のウイルスに対する, メタノール, エタノール, イソプロパノールおよびN-プロパノールの不活化作用を検討した.エンテロウイルスはメタノールによつて最も強い不活化作用を受け, 次いでエタノールであつた. イソプロパノールによつては, AHCウイルスが長時間の感作でわずかに不活化されるのを除き, 他のウイルスは全く不活化を受けなかつた.親油脂性ウイルスの中, 被エンベロープウイルスはN・プロパノールによつて最も強い不活化を受け, 次いでイソプロパノール, エタノール, メタノールの順であつた. これに対し, アデノウイルスはエンベロープゥイルスと同様にN-プロパノールによつて最も強い不活化を受けるが, その他のアルコール類に対する感受性は大きく異なり, 以下メタノール, エタノール, イソプロパノールの順に不活化効果が示された. アデノウィルスにおいては, 特にエタノールに対する抵抗性の強さおよび20℃ においてはイソプロパノールによりほとんど不活化を受けないことが注目された.エンテロウイルス中のAHCウイルスおよび親油脂性ウィルス中のアデノウイルスを除外すると, 全体的な傾向として, エンテロウイルスは炭素数の少いアルコール類, 親油脂性ウイルスはこれと反対に炭素数の大きいアルコール類により, 不活化を受け易い傾向が認められた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[1981年][野田 伸司][渡辺 実][山田 不二造][藤本 進][感染症学雑誌][エタノール] 55巻 5号 p.355-366

Twitter (9 users, 9 posts, 0 favorites)

ウォッカのプルーフ数が不明なので、ナンともいえないけど。試すなら100プルーフ以上で。ちなみに50vol%以上のエタノールならエンベロープウィルス不活化に使えるらしいので、100プルーフ以上のウォッカを、消毒用エタノールがない時はコロナ対策代替で使えそうです https://t.co/iszpO9BP1Y https://t.co/kFmXy4JSx2
@MCH_Uirou 古い日本語論文ですが、これによると60~70%以上のエタノール10秒でエンベロープウィルスは概ね不活化できるっぽいです。 https://t.co/s6akL1NOVA https://t.co/wlJMlYelg1
一応、エンベロープウイルスへのエタノールの有効濃度についてソースを置いておくのだ。できるあざらしなので https://t.co/Drids7mM3X
エンベロープの有無とアルコール消毒の効果につきましてはこちらに日本語論文がございましたわ。https://t.co/hBiI4RWOuG
70%アルコール最強説を信じてる人は以下読んでみることをお勧めしておきますね。 アルコール類のウイルス不活化作用に関する研究ウイルスに対する各種アルコールの不活化効果について https://t.co/wItAjD2wtA
@satirou ざっくり、(!?)でよければ アルコール類のウイルス不活化作用に関する研究ウイルスに対する各種アルコールの不活化効果について https://t.co/510JFkLprs 「ウイルス 不活性化 エタノール vo」 こういったものがキーワードになっているかもしれませんが、ご存知でしたらすみません。
野田伸司, et al. アルコール類のウイルス不活化作用に関する研究ウイルスに対する各種アルコールの不活化効果について. 感染症学雑誌, 1981, 55.5: 355-366. https://t.co/OaPcknuZj2

収集済み URL リスト