著者
植村 研一
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.23-29, 2009 (Released:2010-03-10)
参考文献数
8

8年間も英語を学習した大学卒業生のほとんどが英語を駆使できないのは日本における英語教育の失敗である。短期間に役立つ外国語教育に成功している外国の例は驚異的である。人間の脳は言葉を聞いて自然に理解でき、話せるようになる。Bilingualの脳にはそれぞれ独立した言語野が形成されるが、これはlistening practiceから入った教育の成果であって、単語と文法を使った直訳を通した外国語学習では、何年続けても独立した言語野は形成されないし、駆使できない。日本の外国語教育の失敗の原因は脳の言語習得機構を無視した結果である。著者の効果的教授学習法を紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 14 posts, 52 favorites)

https://t.co/E8AjOxmPW1ぼちぼち古めの論文だけどわかり安いよね。今の環境は最高の環境だ。後は言葉のシャワーを浴びまくって自分の口を動かして行くだけだ。
これは。。。 やっぱり言語は耳からなんやな 脳科学から見た言語習得 https://t.co/zV8Nuw2RwP?amp=1
脳科学から見た効果的多言語習得のコツ / 植村研一 https://t.co/UHEFgVLcBU 面白いなあ 専門外だけど第二言語習得は一番興味持って勉強した分野だわ
とりあえず書けなくていいから聞き取って話せるようになりたいな~ https://t.co/75lOQjDaMO
日本語と英語、使用する言語野が違うことを初めて知った… 脳科学から見た効果的多言語習得のコツ https://t.co/QbxDhMZ3sH
脳科学から見た効果的多言語習得のコツ https://t.co/g1p5HRBwV8
https://t.co/6ahs6gf1wp
言語学習へのとりあえずの回答はこれでいいと思う。 「脳科学から見た効果的多言語習得のコツ」 https://t.co/FrVx0wfwk0

収集済み URL リスト