ぼくさー (@boxeur0211)

投稿一覧(最新100件)

165 7 0 0 OA 流行性感冒

平凡社、書籍『流行性感冒 「スペイン風邪」大流行の記録』の全文を期間限定でオンライン公開 | カレントアウェアネス・ポータル https://t.co/B7EZrnhbV0 https://t.co/WrH2KCMQn0 なぜかtybk0778ss.pdfも存在。 ファイル名は「t東y洋b文k庫778」か?ssはわからん。 https://t.co/hIFPdLt2f1
RT @hmkz_: @nloglogn 昭和40年代の小学生だと普通に集合と写像を習ってたりします…
渡辺利雄著, 『講義アメリカ文学史[全3巻]東京大学文学部英文科講義録』, 研究社, 2007年, 第I巻vi+457pp., 第II巻xxiv+490pp., 第III巻v+476pp. https://t.co/TwlTl9fGS7 https://t.co/ad7kILovkL
@negatimo ツイ消し。 読み流して「入れ子構造」「マトリョーシカ」と言うので時枝誠記か?と思ったら時枝だった……笑 素人っぽく読む価値がないように思える。 https://t.co/97IccqDspR 「ため」の分析はないが、「から」「ので」の使い分け基準、主観的・客観的はポライトネスで説明可能とする論文みつけた。
@tomananaco https://t.co/oAzKLsePNa 出典はないが、機序の説明もあり、定説っぽい。 20歳でシミが出来始めると仮定したとき、80歳までシミを出さないためには毎日SPF20の日焼け止めを塗り屋外活動は1時間に抑えるとか試算していて草。 https://t.co/FSU4gCucTd 有料なので抄録だけ。 https://t.co/54DSCGYq2k
@tomananaco https://t.co/oAzKLsePNa 出典はないが、機序の説明もあり、定説っぽい。 20歳でシミが出来始めると仮定したとき、80歳までシミを出さないためには毎日SPF20の日焼け止めを塗り屋外活動は1時間に抑えるとか試算していて草。 https://t.co/FSU4gCucTd 有料なので抄録だけ。 https://t.co/54DSCGYq2k
@nwdxf 肥満症の人を対象として食事制限のみ1日1000kcal×10日でMAX3kgしか痩せないらしい。 多分摂取カロリー減だと全然痩せないですね。悲しいかな。 https://t.co/pfvVwg72Uc

1 0 0 0 OA Analecta Serica

柴田天馬(1919)だと思ったら違った。 なお江戸期まで遡れそう、とのこと。 https://t.co/3gxZsL6fWR https://t.co/Iyw970N3N7 https://t.co/DQXDnNCFHB
関係薄いが、二文並べて比較するヤツの類 https://t.co/lLXrwkS1wf https://t.co/i9wsFRELik

9 0 0 0 OA 計数の統計学

RT @Paul_Painleve: 単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3 https://t.co/MyrgyLh9…

9 0 0 0 OA 計数の統計学

RT @Paul_Painleve: 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19 https://t.co/MyrgyLh9EU のコマ番号9。これより古いのは私も分らない。統計学の先生は暇ではないのか、訳語のルーツを探る人は少ないかもしれない。 https://t.co/W5…
https://t.co/bysWH9Vl3E もともと怪しい人で、論文自体への疑義は2013年のこの論文のよう。 https://t.co/9K8BtBHI4b 最後はお世辞。 https://t.co/ZfGQsNXsH0
アホだから中西進しか思いつかない。 https://t.co/AboVKNIykF https://t.co/N1l1HGSNLV 論文もある。 中西進「六朝詩と万葉集――梅花の歌をめぐって――」『万葉と海彼』(『万葉集論・第三巻』講談社、1995年) https://t.co/y3TEJaswAC
RT @Paul_Painleve: 日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいように思う。た…

18 0 0 0 OA 大字典

RT @kaichosanEX: 上田万年の『大字典』ですね。語構成区切りのナカグロが特徴的です。https://t.co/tbfPmUVntY このあたり。 https://t.co/EUcIbPmbHF

16 0 0 0 OA 行列及行列式

RT @Paul_Painleve: 荒又秀夫「行列及行列式」(東海書房・1947)国会図書館デジタル https://t.co/32I7rpoq2u 昭和22年の本としては詳しく書いた,忘れ去られた名著です。 翌年に和書で初の「線型代数」の本が出版: 浅野啓三「線型代数学提…
慧眼。(昨日、見かけた。): 自分らしくある感覚 (本来感) と自尊感情がwell-beingに及ぼす影響の検討 https://t.co/lH7X0mNIr9 https://t.co/lnPqIxOi47
どうも四面体とは、レヴィ・ストロース「料理の三角形」へのオマージュらしい。後書きでも触れられているようだ。 https://t.co/h6HiCwdn7i レヴィ=ストロースの料理構造論 : 料理の三角形から料理の四面体へ(トピックス&オピニオン) - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xruyKKBmDB https://t.co/rMs9r1UH00
@PanicMissile https://t.co/9l4HdDwfI5 これの続報か。 うつ病は運動すれば治る!!(まず起きられない) PDF https://t.co/nDjOo9CTjJ https://t.co/zQFsURoAB3
@NonviolenceTaro https://t.co/GtOo9rHvY1 啓蒙書やウィキペディアを読んでおくと、引用されている論文の著者名やらに注目しやすい。こういうまとめ(サーベイ論文)を読むのが一番楽。まあ普通の論文でも、XXXはYYYと言ったが、などと、その分野の常識をサラッと書いてくれるのでそこを押さえる。 https://t.co/HsMyw2LNfx
自分の顔をプリントしたTシャツを着れば、「同一の顔写真が上下に並べられ」た状態になるから上の方である本体が痩せて見えるってこと?!?!?! https://t.co/csU2FvBmA1 https://t.co/RI30bAaM01
RT @kasa12345: すると、やはりこの本を検証して、ヘリゲルがいかに不十分な日本語理解や、自分の禅への関心から、神秘的な弓術像を作り上げたか調べた論文があって、学問は偉大だと改めて思った。山田 奨治(1999)「神話としての弓と禅」https://t.co/O4dh3…
RT @tadamago: @Hal_Tasaki ご参考までに;それに類する問題を証明論で分析した研究があります: https://t.co/GT9vqfUzfs
@tomananaco アマゾンの奥地よりCiNiiに飛ぶのがプロ(素人ですが https://t.co/IlbyYiIhwa https://t.co/WeTE9UiKBg
いやいや、うーん。 開始直後のレッドカードは1.5ゴール分。60分後だと1ゴール分弱、終了間際だと0.5ゴール分? 1点ハンデだと勝率がどうなるか、か。 https://t.co/TP913PNdjN 2006年の論文で、香の丸損が評価値900分とあるが比較は難しい。
@pkd_straysheep2 作家論からテクスト論へっていうのは聞きかじってはいたが、よくわからなかったのでさっき適当にググったらそれっぽいのが出てきた。難しい笑 https://t.co/p2sIyu79IW https://t.co/5V087Axert
@pkd_straysheep2 https://t.co/NexniLuoQb "原著(New York : W.W. Norton , 2013)の全訳 「アメリカ的、イギリス的」(河出書房新社 2014年刊)の改題 その他のタイトルは巻末による" まあ同一人物かどうかって難しいよね。

6 0 0 0 OA Ramanujanの数学

国家の品格おじさんより数学をやっているとは思う。 なお、品格おじさんが数学も出来る文筆家だということがわかる論文を置いておく。 https://t.co/0EDYs7BjXp
Exactly(そのとおりでございます)。 PDF https://t.co/39yq9xFnw3 https://t.co/eAA94vmwY6
RT @tera_sawa: クソ理系み溢れる文章だ。/「脳科学から見た多言語習得のコツ」『認知神経科学』Vol. 11 https://t.co/eRDY86dtSh
福沢諭吉談。 西ゲルマン語群ではあるが果たして……。 PDF https://t.co/1NBnFug4Ea https://t.co/X0AUmHiHGt https://t.co/umQwpOV7Kk
なーにが、「帰去来兮」で「かへりなんいざ」じゃ。 https://t.co/Z4P6Nll72X
@wnk_datasci なーにが、「帰去来兮」で「かへりなんいざ」じゃ。 https://t.co/Z4P6Nll72X
RT @hayashiyus: @h_okumura 青山先生の「人はいかに数字を丸めるか」https://t.co/6XAKCoiSeq … … https://t.co/JtS8YkWkSZ でも同様の現象があると指摘されています。前職(日銀)で売上高や経常利益など、サ…
「UP応用数学選書」の一冊。 https://t.co/Wo6j5RNTzx 他にも面白いのがあるから復刊して欲しい。 何度も言及している『演算子法 : 一つの超函数論』なんかイイネ。
こわい(こわい https://t.co/EruLTYr6u8 https://t.co/mmfCaaiN7U https://t.co/sXTTX6P3JR https://t.co/G6aANHbaK7
RT @Yh_Taguchi: 入試ミスの阪大、音叉の振動はAとBのモードあるのに…:朝日新聞デジタル https://t.co/ighzPBG6hl この説明はNGっぽい。 https://t.co/yv3i9BYbkH によればそもそもA、Bモードは振動数(つまり波長)が違…

10 0 0 0 OA 工學字彙

精選版日国より。 『工学字彙 (1886)』が初出とされているようだ。 https://t.co/IEgWIbQPyU https://t.co/Yz97iOPlrh https://t.co/1SMqes2ydN
これはアウトwwwwww 孫引き&剽窃。 Ien Ang の論文内容のように、文章を剽窃している。それでいて、参考文献として Ang を挙げている。 この場合は、河津孝宏論文を参考文献に挙げなければならない(アタリマエ) https://t.co/hFFSDEey7K https://t.co/vGmgicw7XI
これはご愛嬌: 今日の中国社会における<中産階層ドラマ>の受容 https://t.co/P9fR9ptTS8 日本出版学会 - 出版と知のメディア論  長谷川一 (2003年7月3日) https://t.co/LBUH1PqrLo https://t.co/Nn75rpN7KC
CiNii 博士論文 - <ミドルクラス>のメディア・イメージとその意味 : 「高度経済成長期」における日中新聞の比較分析を通じて https://t.co/y22Lox7k7A 第86回日本社会学会大会 研究報告題目・要旨PDF https://t.co/Njf9EINmPl 本文PDF https://t.co/Or69IKT2Ta
「漆が天然モノか栽培モノか」という議論。 漆は自然に育ちにくいので栽培モノなら、縄文時代から手入れのため定住生活が行われていたことの証左となる。(どの程度、定住が定着していたかとかそういう) https://t.co/hd3nii0qTR 国立歴史民俗博物館の研究報 https://t.co/GHSTvWg43p
解剖学骨名「尺骨」の由来を巡って医学文化史の世界を瞥見する https://t.co/jerIoYKbmu https://t.co/JILAbJspv2
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
いやみなさん科学的根拠ないのに信じてるでしょ。私も信じてるけどね。 こういう方略、のもっと一般的なヤツ: 文法の教授が読解方略の獲得に及ぼす効果の検討: 文章産出に困難さを抱える大学生を対象とした教育実践の予備的研究 https://t.co/fdNOUHI75Q
ロバート・ゲラー「日本は地震予知ができないことを認めるべき」 https://t.co/Jqx47cJKJB 寄書: 地震活動の長期的予測の可能性及び限界 https://t.co/Rn8cL0nOAT
法句経 122段 https://t.co/dfdmrYbkVF 塵積マウンテン https://t.co/iWscviC45v
法句経 152段 https://t.co/dfdmrYbkVF https://t.co/i4rsugU0JI

2 0 0 0 梁谿漫志

RT @daidaiBANANA: @FumiharuKato @hyuki Liangxi man zhiは書籍名(梁谿漫志)ではないでしょうか。 【参考】https://t.co/kxEoiHTkvm
言ったった 金森修「科学をめぐる論争」 https://t.co/k2zM7pgerc 書評 「Faith versus Fact」 - shorebird 進化心理学中心の書評など https://t.co/kJze5ZRH5M コインの定義はややナイーヴか https://t.co/zw6U2Fq5KI
@studio_graph それでは「一松×カラ松がアナルセックス」。ご覧ください。 https://t.co/2qejg20BfM
RT @knada40: TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
似たようなコトバに「歴史的思考力」「地理的思考力」というのがあったんだが、なぜか今回後者について解決した。 https://t.co/lxZPwRWLVW https://t.co/pb7KlJf21D https://t.co/8Md2vlbR5T
『リヴァイアサンと空気ポンプ』 https://t.co/De2SKqwsoZ https://t.co/jj9RcLOseD 『国家・教会・自由』 https://t.co/WG63MZXpcf

10 0 0 0 OA 論文とは

@coolished https://t.co/NXgGB2bT05 おまけ https://t.co/pqZoZe9cz2 https://t.co/rK3MHDNSUh
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
@MUMUMU4yyk ザッと調べたところ学者でした。 芸人は科研費もらえる研究できまへん。 https://t.co/VGi4LSIZEH
むむむ: CiNii 論文 - 刑事弁護人のための刑法(1)未必の故意(殺意) https://t.co/WcFFWUcJtn
来月に無料ダウンロード可能か: 情報処理学会電子図書館 プログラミング力と論理的思考力との相関に関する分析 https://t.co/uRlyIk9s9h
2枚はそれぞれ 松本昇・望月聡「抑うつによる自伝的記憶の具体性の減少」2013 https://t.co/lBUIQ6gK8J 雨宮有里・高史明「自伝的記憶の概括化のCaRFAXモデルの精緻化」2015
時間関係ないと思う。まあ腸内フローラかなぁ。 https://t.co/WeInDLkCrF https://t.co/kpmYthHXki アヤシイ https://t.co/9P6uYPsNYa https://t.co/K81Z3BhyYj
時間関係ないと思う。まあ腸内フローラかなぁ。 https://t.co/WeInDLkCrF https://t.co/kpmYthHXki アヤシイ https://t.co/9P6uYPsNYa https://t.co/K81Z3BhyYj
『ダンツィークの統計学への貢献』 https://t.co/EWeh5jjwLW https://t.co/I91gU73xJ7
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ダンツィークの統計学への貢献,2006 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004592329 ジョージ・ダンツィーク(George Bernard Dantzig)は修士号修得以降にワシントンの労働統…
@mehori 選挙人制度自体も難しい問題ですね……(しかしそもそも民意が正しく反映されるかという問題と、その民意が正しいのかという問題が出てきて悩ましい) 『選挙の経済学』書評 PDF https://t.co/STtKoNpvwO
@ishihata_purple 似たハナシとして「黙読」があります。黙読が一般的じゃ無かったなんて信じられん、と俺は思ったよ。 まあ中世まで「わかち書き」されてなかったせいらしいんだけど。 https://t.co/GrhA6UbpAG
@tomananaco 95年までの考察 https://t.co/X3PDBpxHnt こういうのから有名パターンを拾う こちらは有名パターンを使った分析 https://t.co/tdaedtVR23 https://t.co/zjMtXRsijw
RT @uranus_2: 重いクリップボード上に提示された履歴書の人物や記事に対して印象評定を行うと,軽いクリップボード上に提示された場合より重要性を高く評定する。これは物理的な重さではなく、主観的な重さによる⇒「重い」と思うことは印象評価を変えるのか https://t.c…
https://t.co/en7KCZzUUI 木村洋『占領期の日本数学界』 https://t.co/tn09jPsqW2 https://t.co/ri5iDRlgCf
近年V-ingとまとめられるけど、めっちゃ名詞っぽいのと動詞っぽいのがあって、後者はto不定詞に対応させると教えやすいよ!っていう https://t.co/O6hwBkpkH1 https://t.co/0bunnZ7ZP0
いろいろなV-ingがあるけど動名詞と現在分詞の区別難しいねっていう https://t.co/rPatuzu1nR
毛様体筋の緊張が「仮性近視」を起こすことは確定っぽい。 「仮性近視」から「近視」にいたるメカニズムがわからん。(「近視」を進めるのかも) https://t.co/ZuRLekQCvW https://t.co/ykS8x4Odlo
"田村ほか"はこれっぽいね 田村 一軌,腰塚 武志,大澤 義明道路ネットワーク上の道路距離と直線距離都市計画. 別冊, 都市計画論文集 https://t.co/QfVilLo7Yd
RT @tera_sawa: CiNii 論文 -  女子力測定のための数値化手法の提案 https://t.co/VOGeTbXfg6 #CiNii
CiNii 論文 - 地理に関連する固有名詞と英語の冠詞の用法 https://t.co/74oZWx4mvl 国名にtheが付く3つのケース https://t.co/6wanKixoz4
@knottyknot theを伴う3ケースのうち1つらしい"複数の島,国,州というように複数性(plurality)が存在するケースである。典型例は国家がフィリピン諸島から構成されるthe Philippines(フィリピン)" https://t.co/74oZWx4mvl
書評で喧嘩してるのウケる 川端俊英著, 『『破戒』の読み方』, 一九九三年一〇月二〇日, 文理閣刊, 二一六頁, 二二〇〇円 https://t.co/68YPoLFsJh 千田洋幸の「書評」を評す https://t.co/iF9NT2ZUGm
書評で喧嘩してるのウケる 川端俊英著, 『『破戒』の読み方』, 一九九三年一〇月二〇日, 文理閣刊, 二一六頁, 二二〇〇円 https://t.co/68YPoLFsJh 千田洋幸の「書評」を評す https://t.co/iF9NT2ZUGm

13 0 0 0 OA アイヌ語獣名集

https://t.co/FLwzO2aBFA うぉ!! 真志保知里『アイヌ語獣名集』 金田一京助が指導
https://t.co/GrhA6UbpAG 頭が良ければ分かち書きされてなくても黙読できるが、バカはできないので、やはりエリートのものだったのではー?という感がある。 あと、黙読するのが普通なら「黙読した」とは書かれないよねー、という先のツイートと似た反論的な。
共著者2853人……: CiNii 論文 - Measurement of the charge asymmetry in highly boosted top-quark pair production... https://t.co/BX1jRgnFLk
寝不足だと熱中症になりやすい、寝たら眠気は覚めるが熱中症のなりやすさは変わらず: 睡眠不足による暑熱負担の増悪と予防対策 https://t.co/SINDbSLthd
@SKYH_O_RSE_2 https://t.co/gPlx2Qdle4 怖い怖い
フランス人みたく、場面転換の際に舌打ちできたらいいんだが https://t.co/6QcQQMrGC2
@boxeur0211 https://t.co/lnVcuPEQLO 「珠算熟達者の研究から羽生の回答も妥当性があると思われる」という推論をしたのに、気付いたらごちゃ混ぜになっていたようだ https://t.co/senYflICZT
@nloglogn 教育的観点からは、5文型で事足りる、という論文 https://t.co/IarTFjXOIX 正論である。 自身が運用するかどうかはめんどくさいかどうか、かなーと。(5文型による分類は巷の参考書やウェブサイトにもあるが、7・8文型は確認しようがないので)
再掲: CiNii 論文 -  食事制限と運動による体重コントロールの検証 https://t.co/U5jCOClfyn
高専生は700語/年: CiNii 論文 -  日本人EFL学習者の語彙サイズの推移 https://t.co/3bev0oqpPG
CiNii 論文 -  食事制限と運動による体重コントロールの検証 https://t.co/U5jCOClfyn
言い間違いの言語学的意味 (PDF) https://t.co/rMaX9tQvv8
RT @tonton_buhi: 声優に謝辞を書いている修論を見つけたぞ... https://t.co/Tpn6eenuEw
@phallus_logica 記憶心理学やな PDF https://t.co/stPrsmEE8N https://t.co/rDbYn1HLKH
CiNii 論文 - 小出昭一郎先生https://t.co/qiv640z07v https://t.co/24TnPsgmUC

6 0 0 0 OA Ramanujanの数学

https://t.co/EpXPQu6PRl 藤原正彦「Ramanujanの数学」 https://t.co/0EDYs7BjXp これをみると先のやり方ではないっぽいんだが、さてどうやったのか

お気に入り一覧(最新100件)

ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出 https://t.co/cPwOQG6uK4 抄録だけでこんなに心臓に悪い論文はじめてみたかもわからん https://t.co/rQ6dSVf2MN
覚え書き。この雑誌 "Abh. Math.-Phys. Kl., K. Bayer.Akad.Wiss." は複数の省略表記があってわかりにくいのですが,CiNiiでは https://t.co/z3hLCRgJ2c 論文を見るならBHLが見易いようです: v.1-27 https://t.co/dtEjgjTboQ v.28,29 https://t.co/wnJuxYZz9Z
6年前のTwitterで,この講義録のタイプ版 https://t.co/jOLkzbcnER をお持ちの方と出会った。名大でこの海賊版を作ったらしく,全国でもいくつかの大学の図書にある。今は,Œuvres de Paul Painlevé 第1巻に含まれているので容易に読めるが,ネットで落とすのが良いでしょう。
@nloglogn 昭和40年代の小学生だと普通に集合と写像を習ってたりします…
@aiindigoblue マスクは細菌の培地になりますので、マスクをしていること自体、がリスクにもさえなります。 下記論文より「使用済みマスクの細菌汚染状況には個人差があり、汚染度の高いマスクで10<sup>5</sup>cfuを超える一般細菌が検出された」 https://t.co/AHw2tQhXa1
この座談会、おもしろい。「感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究」 https://t.co/VukEEcVqbT 「ルドゥ博士なんてもろに影響を受けていますね。彼は,素朴な人だと思います。これまで,感情とは何 かについて本質的なことを考えたことはあまりな かったのかもしれません。…

9 0 0 0 OA 代数学教科書

togetterに出てきた文献を見ていただくとわかりますが,「行列式」という訳語は藤澤利喜太郎が作りました: チャールス・スミス著/藤澤利喜太郎訳「代数学教科書」四巻(三省堂,1897, 初版1891) https://t.co/sKAGDkCv7B https://t.co/8gnAA1NLmL 「行列(matrix)」の歴史的由来について
三中先生には心理学評論「心理学の再現可能性」特集号にコメント論文「統計学の現場は一枚岩ではない」を寄稿していただきました.https://t.co/5n6CVB5IQI https://t.co/8Z31JxY3lp
高地棲みの部族(マウンテンゴリラ)と低地熱帯樹林棲みの部族(ニシローランドゴリラなど)に分けて考えられる。高地ゴリラの生息域では充分な果実が得られないので、植物の葉、芽、樹皮、根などの繊維質を中心とした食事をしている(季節によっては果実も食べる) https://t.co/1FBJww3qQx →
もうちっとだけ続くんじゃ。 近似記号は明治41年にあった: 刈屋他人次郎, 微分積分学講義, 金刺芳流堂(1908) https://t.co/MHQj82dfhL 刈屋他人次郎は「刈屋点」「刈屋の定理」で知られる: Kariya, Un Theoreme sur le triangle, L'Enseign. Math., 6 (1904) 130–132. https://t.co/uAmyGpBNfL

3 0 0 0 OA 最新積分学

与太話はさておき,相似記号を誰が使い始めたか知らないが大正11年に2例がある 西内貞吉, 最新積分学, 積善館 https://t.co/nDx5Q9tNGw 渡辺孫一郎,新編高等代数学,裳華房 https://t.co/1RzKwQUrBj もっと前がありそうだが,この二人の著作は影響力も大きかったとは思う
与太話はさておき,相似記号を誰が使い始めたか知らないが大正11年に2例がある 西内貞吉, 最新積分学, 積善館 https://t.co/nDx5Q9tNGw 渡辺孫一郎,新編高等代数学,裳華房 https://t.co/1RzKwQUrBj もっと前がありそうだが,この二人の著作は影響力も大きかったとは思う
研究代表者 山下剛 研究分担者 望月新一  現在までの達成度 (区分) 4 :  遅れている 大きな展望では宇宙際幾何をRiemannゼータの研究に応用することを最終的な目標にしているが、そもそもの問題がやはり極めて難しい問題であるということも進捗が遅れている理由の1つである https://t.co/aFqemlXOCu

2 0 0 0 OA 勝海舟書簡

おもしろそうなのでさっそく書簡で検索絞り込みをしたら、2件ありました。 しかし、まったく読めませんでした。 【勝海舟関係文書】→ https://t.co/idmVOcd8KP 【2月7日付書簡 須川ヵ】→ https://t.co/QiqmDsLfKD https://t.co/yGo2iImtIu
代ゼミ世界史の武井正教先生のインタビュー記録がありました。武井先生の生涯や「体系世界史」について語っているのですが、戦後の社会科教育の記録にもなっています。 <インタビュー記録>歴史教育体験を聞く : 武井正教先生 https://t.co/K7peIJFi9V
@swTowT4alyWyWfr 応援ありがとう。 「重力」ネタでこんな反響があるとは思わなかった。 無重力の呼び方は分野や時代によって揺れがあるようです。 リンク先は「合力を重力と定義すると混乱するよ派」の解説です。 https://t.co/UG1M293nLE

18 0 0 0 OA 大字典

上田万年の『大字典』ですね。語構成区切りのナカグロが特徴的です。https://t.co/tbfPmUVntY このあたり。 https://t.co/EUcIbPmbHF
今なら良い本がたくさん出ているが,荒又「行列及行列式」は著作権が切れている行列の本の中ではもっとも優れた本の一つと思う。藤原松三郎・岩波全書も切れているが,死後の1961年に第2版が出ており,解析概論と同様の問題が起こりうる。東海数学叢書は戦後すぐに頑張った: https://t.co/uEarm8k87b

16 0 0 0 OA 行列及行列式

荒又秀夫「行列及行列式」(東海書房・1947)国会図書館デジタル https://t.co/32I7rpoq2u 昭和22年の本としては詳しく書いた,忘れ去られた名著です。 翌年に和書で初の「線型代数」の本が出版: 浅野啓三「線型代数学提要」(共立出版・1948) https://t.co/xwpZyCgUQ4 https://t.co/iz2bKH9o7N
先ほど気付いたが,次の科研費の報告書は,日付は「平成24年6月11日現在」のままだが,内容が書き換えられている。 https://t.co/u2F0IvJICG 次の「科学研究費補助金の課題に関わる問題について」の2017年6月10日追記で触れた論文が削除されている。 https://t.co/AAOimnItl7
佐藤さんがマヤゲームを考えたのは1950年頃のようだ。同等のWelterのゲームは論文がDL可能 https://t.co/jnZjlTMLtX https://t.co/VQYK7JBRLL ヤング図形やフックに関する中山正の仕事はご存知だったようだ https://t.co/3j5wBH2tfq マヤ図形が30年後にソリトンに役立つとは誰も予想できない
誤った結果を出した実験 https://t.co/QQKRD7CzKB 自然科学者のネタバラシ、ってあんまり読んだことがないから、ためになった。

2 0 0 0 OA 幾何学精義

数学三千題は最初の方は算数レベルである。当時の受験水準がよく分らない。もう少し後になると、長沢亀之助・明治40年 代数学精義 https://t.co/Dy4uva9FhL 幾何学精義 https://t.co/zCXydiKPVT あたりなのかもしれない。どういう読者を対象にしていたのかわからないが、体裁は整っている。

2 0 0 0 OA 代数学精義

数学三千題は最初の方は算数レベルである。当時の受験水準がよく分らない。もう少し後になると、長沢亀之助・明治40年 代数学精義 https://t.co/Dy4uva9FhL 幾何学精義 https://t.co/zCXydiKPVT あたりなのかもしれない。どういう読者を対象にしていたのかわからないが、体裁は整っている。
チャート式が話題になっていたようだが、別にチャート式が日本で最初の受験参考書というわけではない。有名なものとして 尾関正求・数学三千題・明治13年 https://t.co/F40TUnCubg 明治10年に東京大学予備門ができてすぐに「受験競争」があったのだろう。三千五百題もある https://t.co/u1yuGE7vjD

5 0 0 0 OA 数学三千題

チャート式が話題になっていたようだが、別にチャート式が日本で最初の受験参考書というわけではない。有名なものとして 尾関正求・数学三千題・明治13年 https://t.co/F40TUnCubg 明治10年に東京大学予備門ができてすぐに「受験競争」があったのだろう。三千五百題もある https://t.co/u1yuGE7vjD

9 0 0 0 OA 計数の統計学

単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3 https://t.co/MyrgyLh9EU ということです。もっと古いものがあるかどうかは私にはわからない。 https://t.co/R7y4HCTKqC

9 0 0 0 OA 計数の統計学

近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19 https://t.co/MyrgyLh9EU のコマ番号9。これより古いのは私も分らない。統計学の先生は暇ではないのか、訳語のルーツを探る人は少ないかもしれない。 https://t.co/W5AA0OmhnO
三山崩しについて調べていたら、同僚の年配の方より 土方 弘明:Wythoffの二山崩しについて(数学11巻・1959年) https://t.co/JeVYpKUnxn を教えて頂いた。Wythoffの二山崩しの原論文 https://t.co/iPQCzyjQg0 関連して I.M. Vinogradov, Elements of Number Theory https://t.co/P6GMXymOVK

7 0 0 0 OA 括要算法 4巻

べき乗和の公式は 関孝和 括要算法 1712 https://t.co/ODJ4E67fC7 (コマ番号27) Jacobi Bernoulli Ars conjectandi 1713 https://t.co/lAUIPQZyaJ なので関が1年早いのですが、どちらもn^10の和で5/66まで。その次までやると691/2730となってB数らしくなったのですが。 https://t.co/PApz2yaCnr
すると、やはりこの本を検証して、ヘリゲルがいかに不十分な日本語理解や、自分の禅への関心から、神秘的な弓術像を作り上げたか調べた論文があって、学問は偉大だと改めて思った。山田 奨治(1999)「神話としての弓と禅」https://t.co/O4dh3S2kFK
血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ることが判明した」とあります。 https://t.co/z9l0rqFvkT
@KUZ_3STT3P @s_mizutani1003 血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ることが判明した」とあります。
du Bois-Reymondのこの論説は1921年に邦訳もされており、 坂田 徳男訳・自然認識の限界について https://t.co/11myafXI1t ここではすでに「ラプラスの魔」と訳されています。 参考:岩波文庫にもなっています: https://t.co/HBwFjEUKSA https://t.co/J0nfL04AZV
おそらく、この博論が元になっている。要旨・審査結果等PDFあり。 賀茂道子「ウォー・ギルト・プログラム : 対日占領下における情報教育政策に関する考察」(2017) 検索 - 名古屋大学学術機関リポジトリ https://t.co/a0BiI9dmqM
資料 「合衆国憲法修正第 13 条と弱者保護」 https://t.co/hKwxi6WJv4 「ついに自由を我らに」 https://t.co/5ZpCiyWrCj 「Jones v. Alfred H. Mayer Co., 392 U.S. 409 (1968)」 https://t.co/NSEYaWg4Zc
スマホを眺めながら実験参加者に背を向ける姿勢で立っていた異性の右横を通って実験室に到着した実験参加者。実験参加者が男性の場合、コミットメントのない性的関係を築く傾向が強いほど女性を覚えていたが、参加者が女性だと有意でない⇒性的流浪性と異性への関心 https://t.co/lrYjXkWKOB

67 0 0 0 OA 楕円函数論

いろいろ情報を教えていただきました 竹内端三・楕円函数 のまとめ ■Line Segmentさんによる現代語訳 https://t.co/r4UQQyto4k ■yx4さんによるTeXからのpdf https://t.co/2qvBSLlM1G ■scan image  健忘書店 https://t.co/GvRy7QxzCe  国会図書館 https://t.co/wvXNGusGm4

16 0 0 0 OA 行列及行列式

線型代数の教科書は新しいものがほとんどで著作権が切れたものは少ないのですが、 荒又秀夫・行列及行列式・東海書房・昭和22 https://t.co/32I7rpoq2u は古いながらも現代的な教科書に近い。藤原松三郎の「行列及び行列式」だと、死後の1961年に改訂版が出てしまっててややこしそう。

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終
クソ理系み溢れる文章だ。/「脳科学から見た多言語習得のコツ」『認知神経科学』Vol. 11 https://t.co/eRDY86dtSh
1989年には折り紙に関する国際研究会が開かれていたようです Proceedings of the First International Meeting of Origami Science and Technology https://t.co/jU5jdkbAWp 去年も研究会は続いているようです https://t.co/E4bnbaoXLZ

3 0 0 0 OA 微分方程式

長沢亀之助訳・ジョルジ・ブール「微分方程式」明治18年 https://t.co/ecIlYc0f6v まで遡ると縦書き。レゼドルはレゼンドルの誤植です(なんか違う) PoissonもLegendreもフランス語知らなかったら読めないか。長沢は明治時代に多くの翻訳書を出して数学の輸入に貢献しました。 https://t.co/gMsd1QiJdW
【カント】「信仰に場所を得させるために、知識を廃棄しなければならなかった」(『純粋理性批判』B ⅹⅹⅹ)の「信仰」を、実践理性ではなく、理性信仰の一つとして超感性的諸対象に対する信仰とみる説もある。(宇都宮芳明『カントと理性信仰』北海道大學文學部紀要 1994 https://t.co/r8X63hmopH )
[欹耳袋]杉山昂平・森玲奈・山内祐平 2018「成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係:アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から」日本教育工学会論文誌, https://t.co/9MXdqz4yIX [open access] ※ワタクシは匿名インフォーマントのひとりだけど,すぐバレるよねぇ.

119 0 0 0 OA 肛門異物の一例

肛門異物の一例(日本直腸肛門病學會雑誌 1954;11:420) https://t.co/fusxUruNVh 直腸異物が学会・論文発表される時は必ず患者プライバシーが保護されますが、60年ほど前はそうではなかったんです。この論文、ご覧の通り冒頭からいきなり患者の名字が出ています
金子和雄さんは2007年~2010年は京都にいて、その後四日市の関孝和研究所に移った。ずっと無給研究員だったが、2010~13には科研費を得ていた https://t.co/veIpnh5r9L この4年間は春秋の学会には必ず新しい結果を発表することを義務のように感じておられ、78歳に無理をさせたかもしれない。
入試ミスの阪大、音叉の振動はAとBのモードあるのに…:朝日新聞デジタル https://t.co/ighzPBG6hl この説明はNGっぽい。 https://t.co/yv3i9BYbkH によればそもそもA、Bモードは振動数(つまり波長)が違う。仮に同じでも、2モードの混同を考慮すると位相差は不定(任意の実数)のはず。
内山 龍雄「迷想記 : 統一場理論に誘われて」 https://t.co/xowXkB9C3S によると、内山先生は、理論物理で天下を取ろうとして物理学を始めたらしい。美しさに魅せられたのは後。 なので、あれだけの研究をしながら、ヤン=ミルズに発表の先を越されたのは地獄だっただろう https://t.co/6kxDezWQos
wikipedia「1796年3月30日の朝に~」の元ネタは高木「近世数学史談」。国会図書館でオンラインで読める https://t.co/NqHOInD5DP 1ページ目だが、6ページにそのガウスの手紙が翻訳されている。 https://t.co/1L9EssAaqE
この書評もいいかも(というかこの本読みたくなってきた) J-STAGE Articles - 高野陽太郎 (2008).『「集団主義」という錯覚:日本人論の思い違いとその由来』.東京:新曜社 https://t.co/5tOmIUuXRJ
まあこれでも読んで落ち着こうって感じ CiNii 論文 -  「日本人らしさ」についてのステレオタイプ:「一般の日本人」と「自分自身」との差異 https://t.co/yTrlMVvDPF
@marxindo 学術会議からの要望(勧告) https://t.co/p2VJCOwKiY https://t.co/ZfbnlGKlOa + 名古屋の後背地の犬山には,国宝の犬山城がある。名鉄の思惑は,そこにサル類の研究施設・博物館・動物園・遊園地を併設して,名古屋から日帰りの観光客を犬山に呼び込むというものだった。 https://t.co/xhZXRsnmWu
@marxindo 学術会議からの要望(勧告) https://t.co/p2VJCOwKiY https://t.co/ZfbnlGKlOa + 名古屋の後背地の犬山には,国宝の犬山城がある。名鉄の思惑は,そこにサル類の研究施設・博物館・動物園・遊園地を併設して,名古屋から日帰りの観光客を犬山に呼び込むというものだった。 https://t.co/xhZXRsnmWu
喫煙によって医療費が増えるかどうか検証してみた結果、喫煙者は早死にするので医療費総額が減るということのようです。 https://t.co/7QXnOR8TrU https://t.co/HlkFpgcc4V

26 0 0 0 断袖編叢談

復刻された現物?はこれかなあと思うんですが、これ以上は(私の検索能力の限界で)調べられません。https://t.co/mig6WdPEEc 中国語で検索できれば捗るのでしょうけど、残念ながら語学の壁が…。
再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) https://t.co/cwwbrn7wpA
再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) https://t.co/cwwbrn7wpA
再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) https://t.co/cwwbrn7wpA

53 0 0 0 OA 超函数の理論

再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) https://t.co/cwwbrn7wpA

1 0 0 0 数学と教育

@lovebourbaki 書誌情報の雰囲気としては、こちら…でしょうか。図書館で探してみます。ありがとうございます! 斎藤正彦, 廣瀬健, 森毅編. 数学セミナー増刊, シンポジウム数学1(数学と教育). 日本評論社, 1980. https://t.co/5mBn9xbb78
他者の名前よりも自分の名前が左右反転になっているかどうかの判断の方が反応が素早く、エラーが少ない⇒熊谷佐紀・小野史典・福田廣(in press). 名前の視覚的処理過程――メンタルローテーション課題を用いた検討―― https://t.co/5ft9M2Hr5f
CiNii 論文 -  女子力測定のための数値化手法の提案 https://t.co/VOGeTbXfg6 #CiNii

13 0 0 0 OA 微分積分学

解析概論とほぼ同時期の藤原松三郎の本には「ろぴたるノ定理」が丁寧に書かれています(p.190)。巻末注p.646(添付画像)には文献その他まで説明している。国会図書館:https://t.co/RHlbBso7Vy https://t.co/YTpCKEnd68
調べものしてて偶然発見:「般若心経を写経、黙読、読誦した時の脳血流測定」人間工学会 https://t.co/QVQ7VNisvE 学生と写経経験者に般若心経を{写経,黙読,読誦}させたら前頭前野の血流量が多いのは写経であった。これも功徳ですねという結論。なんですかその結論は(笑
北大ではいろいろ高校数学の問題点を指摘してるね。 今まで習ったことが大学から見ると、『おかしいだろ?』となる。 積分を微分の逆だと定義すると理解に苦しむ。 実際には大学ではリーマン和の極限として積分を定義します。 https://t.co/yfaaQpKFYp

11 0 0 0 OA 実業教育論

@ynabe39 昭和8年頃には、文系の大学が多すぎるという感想 https://t.co/E4cL3EXSFj で、 戦中時の清水 https://t.co/4Y7dlNesiH の報告によれば、大学や専門学校で文系7割、理由は↓ https://t.co/Mh9mPp00GQ

6 0 0 0 OA 黒頭巾を脱ぐ

@ynabe39 昭和8年頃には、文系の大学が多すぎるという感想 https://t.co/E4cL3EXSFj で、 戦中時の清水 https://t.co/4Y7dlNesiH の報告によれば、大学や専門学校で文系7割、理由は↓ https://t.co/Mh9mPp00GQ
@ynabe39 大正時代に旧制高校で文科と理科に大別 理由 https://t.co/ABxZttYzPk https://t.co/zXOm99vRRO 解説(p.7~) https://t.co/gcvk7UTkeC
@ynabe39 大正時代に旧制高校で文科と理科に大別 理由 https://t.co/ABxZttYzPk https://t.co/zXOm99vRRO 解説(p.7~) https://t.co/gcvk7UTkeC

13 0 0 0 OA 微分積分学

私自身は、日本語で書かれた微積分の本なら、やはり具体的な例が豊富な藤原松三郎「微分積分学」を参照することが多い。藤原のごった煮感が私は好きだが、テキストとしては解析概論のほうが完成度が高いだろう。 http://t.co/jrxFxmmNrM

フォロー(1438ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

PDFあり。 ⇒金博男 「清末における「日曜日」の受容」 『時間学研究』10巻(2019) https://t.co/eiAgY0KxAW
RT @BungakuReportRS: 金 博男 - 清末における「日曜日」の受容 https://t.co/tzTdEoF8GP
RT @BungakuReportRS: 法月 敏彦 -  忘れえぬ演劇研究者 ―関根只誠―【それは、誤解され易い言葉であろうが「珍書蒐集」ということである】 https://t.co/KQ1G6jyOLf
RT @BungakuReportRS: 岩坪 健 -  狩野典信原画・橋本栄保模写「源氏物語絵巻」須磨・明石の巻(丹波篠山市立歴史美術館蔵)の紹介 : 土佐光貞「源氏物語須磨図絵巻」(ハーバード大学美術館蔵)と住吉廣行「源氏物語須磨巻絵巻」(斎宮歴史博物館蔵)との関わり ht…
RT @BungakuReportRS: 中川 美和 -  天理図書館蔵『古今和歌集』の表記について : 非語頭の<いーひーゐ><えーへーゑ>のかなづかいを中心に https://t.co/L4zqbvR47c
PDFあり。 ⇒富中佑輔 「山岳〈ジュニア小説〉と山岳〈幻想SF〉の対立 : 戦後期「第二次登山ブーム」、佐伯千秋、夢枕獏」 『愛知淑徳大学国語国文』43 (2020-3) https://t.co/vDRaRuNP9k
RT @BungakuReportRS: 吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
RT @BungakuReportRS: 浅見 吏郎 -  万葉集を歌う : 『万葉の歌音楽祭』参加の集約 https://t.co/kj3rnOuuEk
CiNii 論文 -  別府温泉郷における地獄の観光開発と地獄組合 https://t.co/O7Bi8NdJ0B
RT @MValdegamas: 及川智洋「沖縄振興体制の政治史―山中貞則と『償いの心』」 『法學志林』117(2), 35-70, 2020-03 https://t.co/fTa4qqrAcP オッ
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 深見 聡、坂井 伸子「『十六夜日記』の地名詠―「路次の記」を中心に―」 ”これまで注目されてこなかった地名詠にも、阿仏尼の心情や歌道家としての技能、当時の東海道の最新の様子などが盛り込まれていることがわか…
@deinotaton ちなみにこれとかご存知ですか?(あるいはもしかしてこれのことですか?) https://t.co/KVzv3DQs3Q
https://t.co/fgrhaqZztU 伊号輸送部隊 軽巡洋艦「長良」「木曽」「多摩」 駆逐艦「若葉」「初春」「旗風」「汐風」「皐月」「夕月」「冬月」「松」 海防艦「四号」 一等輸送艦「四号」 二等輸送艦「一〇四号」「一五二号」「一五三号」 特設輸送艦「能登丸」
RT @lyricalium: ヒュームの正義論の哲学的背景 https://t.co/ez8ODIUTsp
PDFあり。 ⇒伊藤 宏二 「ヨハネス・ブルクハルト著『三十年戦争』(1992 年)翻訳(2)」 『静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇』70 (2019-12) https://t.co/0kymnW5t5O
PDFあり。 ⇒石田隆太 「ジョン・ペッカム『世界の永遠性に関する問題集』第一 問題 試訳」 『古典古代学』12 (2020-3) https://t.co/NKkjY5JNUj
甘い匂いは恋愛への関心、向社会的意図を減らす(https://t.co/Mb3FV12plb)。これは甘い食物を食べると、恋愛への関心、向社会的意図が増すという先行研究とは異なる。https://t.co/kEKiZxb8QE
Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy Casaleは2004年に東大 https://t.co/9WVaezXByR 若い時に外国人特別研究員として来日した研究者が,今は自国で大活躍されている。 https://t.co/qnk38oXi7B
Morales Ruiz流の微分Galois理論の研究者・David Blázquez-sanzは,2009年に当時は新潟におられた矢ヶ崎一幸さんが招待された https://t.co/fG074D7qUB Malgrange流のGuy Casaleは2004年に東大 https://t.co/9WVaezXByR 若い時に外国人特別研究員として来日した研究者が,今は自国で大活躍されている。 https://t.co/qnk38oXi7B
CiNii 論文 -  D. ヒュームの道徳理論 (I) : 人間にふさわしい研究課題は人間である : ポウプ「人間論」 https://t.co/CnNRL4bPoC #CiNii
CiNii 論文 -  D. ヒュームの道徳理論 (II) https://t.co/Dh7BijeD43 #CiNii
D. ヒュームの道徳理論 (II) https://t.co/MSroUPvl6F
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…

2 1 1 0 OA 甲子夜話

@NHK_BS_Premium 松浦静山が書いた『甲子夜話』は、デジタルライブラリとして、ここに公開されています。また、AmazonからKindle Unlimitedとして読めるほか、文庫版も販売されています。 #妻はくノ一 #松浦静山 #甲子夜話 https://t.co/6X4ODpullp

2 1 1 0 OA 甲子夜話

松浦静山が書いた『甲子夜話』は、デジタルライブラリとして、ここに公開されています。 #妻はくノ一 #松浦静山 #甲子夜話 https://t.co/6X4ODpullp
RT @yasuokajihei: (「・ω・)「ガオー @bicycle1885 さんの文章でなかった。 https://t.co/YGi8Sw2cLj 動的プログラミング言語Juliaの紹介
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
RT @harutakuyaharu1: プログラミング言語 Juliaの説明で、MATLABの名前を久々に聞いて学生時代を思い出した。 https://t.co/Mm5vE5pBT2
RT @quiriu_pino: 同じ著者の #こんな論文がありました 現代にいたるまで日本人が大好きなホタル放虫の実態を批判的に描く。鉄道会社などが後押しする一代イベントだったようだ。 保科 英人「明治百五拾年. 近代日本ホタル売買・放虫史」 伊丹市昆虫館研究報告 6(…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 保科 英人「宮内庁書陵部所蔵『進献録』に記された近代期天皇家及び宮家への昆虫の献納」 福井大学教育・人文社会系部門紀要 (4), 77-91, 2020-01-17 https://t.co/2VfWeg…
ヒュームの正義論の哲学的背景 https://t.co/ez8ODIUTsp

17 12 3 0 OA 幾何学

『原論』初の和訳は、山田昌邦の『幾何学』よ。これは現在、ネットで無料で読めるわ。言葉がちょっと難しいけどね……。 https://t.co/OfwaASHO19
RT @naoyukinkhm: 沖縄県におけるヒアリの侵入・蔓延時に推定される経済的損失。青山ほか 2020(日本語論文)https://t.co/EZkESuejQk ハワイに侵入・定着した際の経済的損失を推定した文献をもとに、仮に今後沖縄県に侵入・定着した場合の経済的損失…
RT @BungakuReportRS: 中里 理子 -  近松以後の浄瑠璃作品に見られるオノマトペ : 竹田出雲・並木千柳・近松半二らを中心に https://t.co/jTZxp1iXG1
RT @BungakuReportRS: 深沢 眞二 -  「風流の」歌仙注釈(下) https://t.co/UWHFj7Mp9x
RT @BungakuReportRS: 竹内 祥一朗 -  貝原益軒による藩撰地誌の編纂と地理的知識の形成 https://t.co/MuC3a0JNgf
RT @BungakuReportRS: 藤本 宗利 -  連歌を挑む後宮 ── 『枕草子』「細殿にびんなき人なむ」の段を中心に ── https://t.co/dqEub0t2X2
@Takeh_m 中公新書『感染症』を書かれた井上栄大妻女子大名誉教授で、日中英の風圧の測定をされているそうです(リンク先PDF) https://t.co/OHKjHzXOSi

10 7 5 1 OA Q & A

#新型コロナ・Covid19を数学から考える ▶「PCR検査」に関係する確率・統計学を  学ぶための資料 (1) 「Q&A 感度・特異度・精度」 https://t.co/1Y9EAW4h9U 雑誌「医学図書館」2004年 Vol. 51 2ページのPDF記事 ・感度(=真陽性率) ・特異度(=真陰性率) ・適合率=陽性的中率 (※"精度")
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340
RT @hinatanococo: @tbs_news こちらも。顕微鏡に置いた手の形が同じ。 731部隊とは無関係。 1910-11年満洲地域でペスト大流行した時、日本が防疫・研究で支援した際の。 『明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖』 「長春隔離病舎細菌室の一…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 長又 高夫「「御成敗式目」第八条の法解釈をめぐって」 国学院法学 57(3), 1-48, 2019-12 https://t.co/zd2JZxBkDJ
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 舘 隆志「新出史料『心根決疑章』の発見とその意義 : 達磨宗二祖仏地房覚晏の著述をめぐって」 印度學佛教學研究 68(2), 611-618, 2020-03 https://t.co/i6xb5iBDGT
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 佐竹 真城「<資料紹介>称名寺聖教『往生礼讃光明抄』翻刻」 日本研究(60), 221-254, 2020-03-31 https://t.co/BkwoR5crGX
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 平泉 隆房「祭神別神社分布図による諸信仰の考察(1)分布図の提示を中心として」 日本学研究 (22), 1-36, 2019-12 https://t.co/bP8XQsFUhu

フォロワー(760ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@deinotaton ちなみにこれとかご存知ですか?(あるいはもしかしてこれのことですか?) https://t.co/KVzv3DQs3Q
https://t.co/fgrhaqZztU 伊号輸送部隊 軽巡洋艦「長良」「木曽」「多摩」 駆逐艦「若葉」「初春」「旗風」「汐風」「皐月」「夕月」「冬月」「松」 海防艦「四号」 一等輸送艦「四号」 二等輸送艦「一〇四号」「一五二号」「一五三号」 特設輸送艦「能登丸」
RT @lyricalium: ヒュームの正義論の哲学的背景 https://t.co/ez8ODIUTsp
CiNii 論文 -  D. ヒュームの道徳理論 (I) : 人間にふさわしい研究課題は人間である : ポウプ「人間論」 https://t.co/CnNRL4bPoC #CiNii
CiNii 論文 -  D. ヒュームの道徳理論 (II) https://t.co/Dh7BijeD43 #CiNii
D. ヒュームの道徳理論 (II) https://t.co/MSroUPvl6F
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
RT @kururu1992: @asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.…
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
ヒュームの正義論の哲学的背景 https://t.co/ez8ODIUTsp
@Takeh_m 中公新書『感染症』を書かれた井上栄大妻女子大名誉教授で、日中英の風圧の測定をされているそうです(リンク先PDF) https://t.co/OHKjHzXOSi
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @adhara_mathphys: そんな広田先生が行 列 式と パ フィァンという連載を書いていて、行列式を最初に研究したと言われる関孝和について書いてます。 https://t.co/iOLWDtrRqf https://t.co/0dGlOlECC9
RT @kyow_QQ: 行列式の恒等式オタクpdf https://t.co/LBfnLaz340