著者
小塩 真司 阿部 晋吾 Pino Cutrone
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.40-52, 2012-07-31 (Released:2012-09-07)
参考文献数
35
被引用文献数
57 41

本研究の目的は日本語版Ten Item Personality Inventory(TIPI-J)を作成し,信頼性と妥当性を検討することであった。TIPI-Jは10項目で構成され,Big Fiveの5つの因子を各2項目で測定する尺度である。TIPI-Jの信頼性と妥当性を検討するために,計902名(男性376名,女性526名)を対象とした複数の調査が行われた。各下位尺度を構成する2項目間には有意な相関が見られ,再検査信頼性も十分な値を示した。併存的妥当性と弁別的妥当性の検討のために,FFPQ-50(藤島他,2005),BFS(和田,1996),BFS-S(内田,2002),主要5因子性格検査(村上・村上,1999),NEO-FFI日本語版(下仲他,1999)との関連が検討された。自己評定と友人評定との関連を検討したところ,外向性と勤勉性については中程度の相関がみられた。これらの結果から,TIPI-Jの可能性が論じられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (14 users, 14 posts, 10 favorites)

TiPi-J Ten item personality inventory これは意外にわかりやすいかもですね。 性格評価の話です Big Fiveの5つの因子を各2項目で測定する尺度 https://t.co/p9D5PkcCF6
ふむふむ、 / “日本語版Ten Item Personality Inventory(TIPI-J)作成の試み” https://t.co/wX3tTBlOcc
@sumako1004 TIPI-Jの計算式についてお尋ねします.年代別平均値は引用文献の数値を2で割って補正されたのですか?海外では2で割った平均値を用いることが多いようですが,元文献はそのまま用いられています.単純に2倍もしく… https://t.co/1RuWsYUa7b
日本語版Ten Item Personality Inventory(小塩・阿部・カトローニ, 2012) 因子:外向性,協調性,勤勉性,神経症傾向,開放性(各2項目計10項目) 評定:7件法 https://t.co/0cJiJTPWZw
@58qurage TIPI-Jでしたらこちらをご参照ください。 https://t.co/o3irDFyzQm
この前教えて頂いた日本語版Ten Item Personality Inventoryは10項目でビッグファイブを測定できるので,講義のデモにおすすめ。https://t.co/x2SWsBF9k0
某研究者に日本でデータを取ってと言われて中味を見たらTIPI-J(http://t.co/c1giDb7E)が入っていた。GoslingのHPに掲載されているのでそれを送ってきたようだが,そのpdf自体を私が作成した,ということは知らなかったようだ。
見た事無いので参考に。「下位尺度が各2項目で構成されており,対応する2項目の相関係数の高さが内的整合性の高さを意味する」(p. 41)。"日本語版 Ten Item Personality Inventory(TIPI-J)作成の試み" http://t.co/G8jSXW5X

収集済み URL リスト