(@atmizu)

投稿一覧(最新100件)

@fang_mouse 品性の定義はうまく見つけられなかったのですが、 この文章では 「品格」と同等に扱っているようです。 https://t.co/LvH9m2S8ZW
RT @JCIRC_IPR: From Circulation Reports. A literature review of “Tweet the meeting” and concise figure guidance for Japanese audience to pa…
RT @CaseK_SMU: ついに日本の心不全ガイドラインの英語版が!これで英語論文でも引用できますね。#CardioJapan JCS 2017/JHFS 2017 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute and Chro…
RT @tkishi_cardiol: これは、みんながドンドン #tweet して #altmetrics が上がるといいですね! #CardioJapan @JCIRC_IPR #circ_j J-STAGE Articles - JCS 2017/JHFS 2017…

4 1 0 0 OA シャノン理論

シャノンの理論について 調べようと思ったが即座に挫折した。。。 https://t.co/Xw41wq318P
DAGを再度勉強する。 まだ前半をもう一度読み直すと 深いところがあると感じる。。。 参考の日本語 @yusuke_tsugawa 先生 https://t.co/9XjDQnYQ9Y @koro485 先生… https://t.co/gLmQOKVLWi
もし "Tweet the meeting" にご興味ある方は 本文そのものより ・このC先生の作成した図と ・Supplement Fileの簡単な論文リスト の方がお役に立てるかもしれません Ctrl+Fで ”Suppl… https://t.co/2BTJvSQ8Kr
GNRIと予後の話です CAD+CLIの患者の予後不良因子の一つという話です。 みなさんGNRIは知ってますよね? https://t.co/c23E0fufQO https://t.co/OHWgmNMQsz #2019JCC
TiPi-J Ten item personality inventory これは意外にわかりやすいかもですね。 性格評価の話です Big Fiveの5つの因子を各2項目で測定する尺度 https://t.co/p9D5PkcCF6
今日はTwitter全然動かなかったなぁ、、、 あと、 主観的 QOL(subjective diet relatedqualityoflife(SDQOL)) https://t.co/IvGBFUdEY1 とかも指標になってました~
食物選択動機 FCQ-N 富田&上里 1999 https://t.co/gtZUTXhjKQ
日本語版 Dutch EatingBehavior Questionn この中にものってますかね https://t.co/l82c4LpHWW
なかなか的を得た理論的背景が一つあった 自分の課題に当てはめるとすると、 緩和ケアでの負担の増加は何かというと ”社会的促進(抑制)現象” であると考えているということです https://t.co/xyWKC6tMyc
@Sounet1980 @JCOSMO6 @ayako700 @Yodosha_RN 久村先生の精神症状自由自在では 今回 「せん妄」 です。 日本版CAM-ICUが まず取り上げられてますが、久村先生は次の10月号もですが、幅… https://t.co/o27yzKhUnJ
@Sounet1980 @JCOSMO6 @ayako700 上原先生のハイブリッドリーズニングで 検査前確率ではこの文献を引用していた いつも検査前確率に関しては どう考えているのか? がみんなはっきりしないので興味深い ①… https://t.co/kb0uemoSVb
この 「日本臨床救急医学会 緊急度判定体系のあり方に関する検討委員会」 の図ってどっかのものの参考なんでしょうか? 基本理解はできるのですが、だれか元のコンセプト・図があれば教えてもらいたく。 少し気になったので教えてください… https://t.co/n6glXynsf8
残業削減ナッジ (社会規範とわかりやすさ) 2色制の効果 https://t.co/e3CdjrBHGZ これはこれで面白いですね~
RT @tadafumisugimo1: @atmizu @CaseK_SMU @cardioathlete この日本語の論文面白い。 10年前のデータだけど北越地区で処方率が高く27%、一方で九州・中国地区は1%未満だってさ https://t.co/sGgJ99BP8b
@nebetake @CaseK_SMU @cardioathlete 一応まず添付文書 https://t.co/eqpKIGQC0m 考察はJ-rhythmのやつがよさそうですかね… https://t.co/Ww7TNrGUI8
@shinrihataro こちらですかね https://t.co/XRowMfNaK8 https://t.co/p9bLJBG8Av 元文献が分からない。本しかありませんでした。。。また時間あるときに、、、 https://t.co/qXpDGrSbmw
https://t.co/IQjRBGDdBJ 先ほどの引用はこちらです。 Straus S. E., Glasziou P., Richardson W. S., Haynes R. B., ``Evidence-Based… https://t.co/EHNHzHC6r5
RT @yachu93: 福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
こちらでも困ってもらうというスタンスの一つ ジョン・コッターの組織の変革プロセス と同じで、結局ミクロかマクロと同じなのかなぁ。 このあたりはもう少し視座を高く見たら見えるのか https://t.co/FUR30TBTaN https://t.co/OxHHiHG78m
色々合わせて周辺の勉強をしておきます。 以下はただのメモです。 比較可能性という言葉にちょっと色々感じることもありまして。 第III相臨床試験計画での目標は ・精確性(Clarity) ・比較可能性(Comparability)… https://t.co/vjbSzJ1oA9
心臓で音が聞こえるのは 熱エネルギーに変えず、音エネルギーに変換しているからだと ちょっと前どっかで聞いたことがあるような気もしました こちらもパッと調べてでてこないので、まぁ話として。 坂本先生の別の心音図の原稿はありました… https://t.co/MS8L1vO0dv
昼結構面白かった坂本先生のTalkを足しておきます 血圧測定は39-240mmHgぐらいまでしかできないのではないか? 血圧計開発していた金子ひろし先生?が研究していたと 真偽はわからないですが、 こちらの研究でも似たような話が… https://t.co/yK1Sq3fiev
いやぁ、家庭外の食塩は多いですよね。。。当然。。。 辛い。。。 https://t.co/lsGsBFPdef
@nishiki8885 こっちの方が古くて面白いですかね。 ADHDの子供の児童の話から 区別まだまだついてませんが、、、 多動 (Hyper activity ) 過剰運動 (Hyperkinesia) 過活動 (Over… https://t.co/QcdlDKxn3y
アロスタティック負荷(allostatic load) 闘争–逃走反応に典型的に見られるように、何らかの 目標を追求する行動のために生理的反応を高め、その 後に再びセット・ポイントまで回復させるための生理 的・代謝的なコストを意… https://t.co/oOfmAbX5Jg
汎適応症候群(General Adaptation Syndrome) ストレッサの種類が違っても同様の身体症状が出現 #心理学 #セリエ https://t.co/qZ9wk0nyfn
「ダメな人間だと思います」という方に ⇒本当にそうなんでしょうか? ”非適応的認知”を気づかせるための ”ソクラテス式質問法" もう少し学びたいですね。頑張ろう https://t.co/LVLqSp1oAV #心理学
RT @fohtake: 大垣さんとの共著論文がアップされました。 J-STAGE Articles - 規範行動経済学と共同体 https://t.co/vdctnBxZVI
この症例はかなりレアで、最初はALI(急性下肢虚血)の症状 だったのですが、大動脈の限局解離でした 書いてくれた大野先生は来月からオランダに旅立ちます 楽しみですね! https://t.co/xt1SKuIOfV
昔の心臓血管研究所での心房細動薬 抗不整脈薬 Class 1aが多く、 除細動経験 52.6% 時代が違いますね 基礎心疾患があると慢性化しやすい。 20年たつとほとんど、、、 https://t.co/VH1omnLhHN
不整脈医は最初AFFIRMに否定的だった。 AFFIRMの後に日本で抗不整脈薬での心房細動の限界を示しているのが J-RHYTHM Circ J https://t.co/x8CUG9VQtN
肺移植後慢性拒絶においては BOSとRASの違い 面白いですね。 ・ bronchiolitis obliterans syndrome(BOS) ・restrictive allograft syndrome(RAS) https://t.co/1kHgdbQZB9
潜在性閉塞性S字状中隔の症例も 一定の割合で報告されていますね 運動負荷で難しい場合にイソプロテレノール負荷ですね こちらの症例報告とかなり類似しています https://t.co/y39Sro5cgJ #JCS関東甲信越
前からこれは言われてますね Serum cholesterol efflux capacityによるリスク層別化 https://t.co/JnFQ3hHAGV https://t.co/4uRfSiSj43
先日のMITRA-FR (先日のESC⇒NEJM)で Mitraclipがあんまり有効性がなかったという事であったと思います 結論には COAPT, RESHAPE-HFという研究がありますが 来週のTCTでCOAPTが発表され… https://t.co/UfG1b3JPzL
日本語がよい方はこちらで by intensivist https://t.co/Sro98xQ5wK その中でも、LUDの2-hand と1-handの引用文献はこちら https://t.co/MRBQIm0mHV https://t.co/jCPgX2nDNe
名古屋がこんな論文出してるのは知りませんでした。 ASTとEFの変化考慮して、離脱予測モデルという感じです。ご参考までに https://t.co/qa6mdw5A4I https://t.co/Moe1XGLpXn
今日は大規模コホート班会議で勉強させていただいてます ”生きがい”の論文がCirc Jに出てたのは面白かったです 内容は別としていろんな指標ありますね Do you have ikigai in your life? この論… https://t.co/ZNKU41wbvm
今日は糖尿病と生活習慣の話の前座ですが、 MEQ:Morningness Eveningness Questionnaire 面白いですね。 あんまり日本語の論文はないですが、計算できます ⇒… https://t.co/ruCjC62NVN
弾性ストッキングって圧迫圧だけ考えてたけど、 「伸び硬度」が重要らしい。。。 なんか伸びコードって言ってるかな?と思って ググっても全くでなかった。 ストッキングの「硬度」です。 https://t.co/lcxwdiFXnV

2 0 0 0 OA 記憶障害

https://t.co/7pHh6pIBxz
東谷先生のレジストリの論文 とりあえず第一歩ですね。おめでとうございます。 この中で大切な一部論文から削除してますが CLIとALIは結構予後悪くて同じぐらいなんです。 これ結構面白いんです! 下肢虚血というものが、間接的に死… https://t.co/EkmP3UKOSa
軸流と遠心ポンプは定期的にDiscussionがあります。 MOMENTUM-3の続きですね (日本語で解説はこちらhttps://t.co/HNZlbDcD29)。 今はとりあえずHeart mate3の時代であると… https://t.co/VyhQCtA4PH
@ERxICU_yakkun ぱっとこんなんしか見つかんなかったす https://t.co/3mCj4l7q9K https://t.co/H5f2V9Fip9
GrayburnのEditorial commentは教育的です。 弁通過血流が250ml/s の時、、、とか ごちゃごちゃいうより、この図みたいな感じです。 (正確にはピークflowと安静時の傾き) AVAprojといいます… https://t.co/xsgl9Az48C
SNCT SUNA ですか、、、 #自分勉強 https://t.co/cCcJEwyrtY https://t.co/CejZQz5kMV

お気に入り一覧(最新100件)

From Circulation Reports. A literature review of “Tweet the meeting” and concise figure guidance for Japanese audie… https://t.co/ZO2ayaAIbg
悪い知らせを伝えるのは、、、 簡単ではない だから 自身のフレームワークを持ったほうがいい 一つはSPIKES 1) 適切な面談環境の設定を ・プライバシーへの配慮 ・医療者の時間の確保 ・ご家族などの同席 など 環境設定に… https://t.co/l9JOMqBXXj
これは、みんながドンドン #tweet して #altmetrics が上がるといいですね! #CardioJapan @JCIRC_IPR #circ_j J-STAGE Articles - JCS 2017/JHFS… https://t.co/RLb7qXX7E4
ついに日本の心不全ガイドラインの英語版が!これで英語論文でも引用できますね。#CardioJapan JCS 2017/JHFS 2017 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute… https://t.co/8QoOpOnfld
@AtsushiTanikawa なるほど。 イレウス→絞扼性イレウスと、連続性があり区別が難しいということですね。。 おっしゃる通りで、検索すると絞扼性イレウスで沢山ひっかかりますね。… https://t.co/zJ6iHlzV5h
日本循環器学会情報広報部会から、ついに出ました! #tweet the meeting の素晴らしらがまとめられています。 続編も引き続き投稿します。 @JSHypertension @JaamSNS… https://t.co/7mPwe5RmmM
本邦の急性心不全患者で入院・外来共に心リハを実施しなかった患者が60%、入院のみ実施した患者は33%、入院・外来共に心リハを実施した患者はわずか7%であった。 多変量解析の結果、入院・外来共に心リハ指導士の有無が心リハ実施に影響し… https://t.co/RMVBLq6qne
[SY17-3] チャンスをつかめ その3「留学してみよう」竹ノ内先生 第24回日本緩和医療学会学術大会/チャンスをつかめ その3「留学してみよう」 https://t.co/ACUWb4E9ZJ
福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
日本のデータベース研究を漁っていたところ、珍しく看護系論文が(うちの先輩の以外は初めてです)。読んでみてさらにびっくり、methodとlimitationめっちゃ丁寧。日本語フリーアクセスなので、研究に興味のある全ての看護師さんに… https://t.co/hkhP2kgVbz
大垣さんとの共著論文がアップされました。 J-STAGE Articles - 規範行動経済学と共同体 https://t.co/vdctnBxZVI

フォロー(493ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https://t.co/bN7wkWmSRc
これの続き誰かやってないんかな? 転倒症例の検討 : 裁判例の分析 https://t.co/Ivnxu8U72G
「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.co/bN7wkWmSRc
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…

フォロワー(3613ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_aponet: この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.…
RT @kojima_aponet: この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.…
転倒・転落予防対策チームのあり方と理学療法士の役割 (理学療法ジャーナル 53巻1号) | 医書.jp https://t.co/3q7ao0bbfP
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
FSとBickerstaff型脳幹脳炎 https://t.co/SIOWgiq6Vy
米国におけるナースプラクティショナーの効果 https://t.co/JTn85cZmIq
若手に随分後れを取りましたが、拙文が日本リハ医学会英文誌 "Progress in Rehabilitation Medicine" に掲載されました。 これに満足せず、さらに精進します。 https://t.co/FXchzVEmvt

1 1 1 0 肩甲骨骨折

"肩甲骨骨折" https://t.co/2my3jLAag2
【SGLT2-iはTG低下を介して内皮機能改善?/ JAT】 日本、CAD合併DM 50例観察:SGLT2阻害薬6カ月服用で、空腹時・食後TG値が有意低下。血流依存性血管拡張反応 [FMD] も有意改善。FMD改善の最も強力な予… https://t.co/6E1pjHuWnc
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
これの続き誰かやってないんかな? 転倒症例の検討 : 裁判例の分析 https://t.co/Ivnxu8U72G
南オーストラリア州における看護視察報告 看護師は侵襲性の高い処置を行い、開業助産師は薬剤の処方権を有し、高度実践看護師(専門看護師CNSとナースプラクテショナー)も活躍している。 https://t.co/zpWMvxTCED
RT @nakaharajun: 「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.c…
RT @twitwi_twi: 波形の出るAEDなら「ショック不要」とされても波形を見てマニュアルモードに切り替えて除細動で助けられる場合があります。このコトを救急に関わる多くの人に知ってもらいたい。 https://t.co/uITIwcXfil … https://t.co…
RT @twitwi_twi: 波形の出るAEDなら「ショック不要」とされても波形を見てマニュアルモードに切り替えて除細動で助けられる場合があります。このコトを救急に関わる多くの人に知ってもらいたい。 https://t.co/uITIwcXfil … https://t.co…
RT @twitwi_twi: 波形の出るAEDなら「ショック不要」とされても波形を見てマニュアルモードに切り替えて除細動で助けられる場合があります。このコトを救急に関わる多くの人に知ってもらいたい。 https://t.co/uITIwcXfil … https://t.co…
【AFアブレーション後の脳卒中リスク予知因子は?/ Circ J】 日本、登録24施設でAFアブレーション施行の連続登録3451例観察:53.2%がOACを中止。中止例はより若年でCHA2DS2-VASc低値。諸因子補正後、OA… https://t.co/bEU5OrtGdP