38 13 13 0 OA 東区会史

著者
大阪市東区 編
出版者
東区
巻号頁・発行日
1944
著者
佐々木 周作 大竹 文雄
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.110-120, 2019-02-15 (Released:2019-02-15)
参考文献数
54

本稿では,これまでに,医療・健康分野でどのような行動経済学研究の成果が蓄積されてきたかを整理する.本分野の研究は,患者を対象に,以下二つの分類で進められてきた.一つは,患者の意思決定上の行動経済学的な特性が積極的な医療・健康行動を取りやすくしたり,逆に,阻害したりしていることを明らかにする実証・実験研究である.具体的には,リスク回避的な人ほど積極的な医療・健康行動を取りやすいこと,一方で,時間割引率の大きい人・現在バイアスの強い人ほど取りにくいことがさまざまな医療・健康分野で観察されている.もう一つは,患者の行動経済学的な特性を逆に利用して,積極的な医療・健康行動を促進しようとする,ナッジの介入研究であり,実際に,ナッジが患者の行動変容を促すことが,多くの研究で報告されている.さらに,近年の研究動向として,医療者を対象にした行動経済学研究を紹介するとともに,長期的かつ安定的に効果を発揮するナッジの開発の必要性について議論する.
著者
金 釆洙
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要
巻号頁・発行日
vol.28, pp.177-207, 2004-01-31

湾岸戦争以降、世界の情勢はアメリカ中心になりつつある。EC(ヨーロッパ共同体)は、世界の情勢がアメリカ中心になっていくことを防ぐ方法としてEU(ヨーロッパ連合)に転換してきた。しかし、東アジア地域の国々は二十世紀のナショナリズムに縛られ、アメリカやヨーロッパの動きに対応できるような連帯形態を作れないのが現状である。 本研究は、アメリカ、ヨーロッパ連合に対応できる東アジア連帯構築のための雰囲気醸成の一つとして、グローバル的観点から近代日本のナショナリズムがどのように形成され、またどのように展開されてきたのかを考察することを目的とする。 考察は近代化過程における日本人のナショナリズムがどのように形成されたのかという問題を、まずその時代的背景と思想的背景から論じ、次に日本の為政者たちがどのようにそれを啓発していったのかを検討する。そしてそれをどのように国民に注入していったのかを把握する。最後にナショナリズムへと転換していった時の国民がどのようにナショナリズムを発揮していったのかを考察してみることにする。 その考察から筆者は近代日本のナショナリズムの成立とその展開様相について次のような結論を導き出した。第一、日本のナショナリズムは十九世紀初めから東進してきた近代西洋の産業資本主義勢力との接触とその勢力と対決してゆく過程で成立したと言える。すなわち、それは近代西欧勢力と日本との対立構造から生まれたというのである。第二、明治維新を通して政権を握った、幕府時代の外様藩を中核とした藩閥政府が西欧列強諸国から国家的安全と彼らとの平等を追究していきながら彼ら自身の政権を維持していく過程でそれが拡大・強化され、定立されたと言える。第三、日本のナショナリズムは「皇祖皇宗」という観念を基礎とする国体思想が明確に提示され、「大日本帝国憲法」の発布と「教育勅語」の発布を契機として、国体思想が学校教育を通して被教育者に注入されることによって確立されたと考察される。第四、日本のナショナリズムはその後日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争などといった戦争を通して展開していき、敗戦後には占領軍の日本文化の断絶政策に対抗して文化的次元で展開していったのである。第五、近代日本のナショナリズムは神道・皇道思想などの基礎をなす自然思想と深く結ばれており。近代西洋の科学思想とも深く結ばれている。第六、近代日本のナショナリズムは近代西欧勢力との接触とそれとの敵対的関係を通して成立・確立されていったにもかかわらず、日本がその過程で彼らの文物を学んで行かざるを得ない立場であったため、その中には「洋才」思想に基づく「殖産興業」思想や「科学立国」の近代西欧勢力に対する友好的感情なども内包していると言える。第七、近代日本のナショナリズムの目標の一つはアジア主義を実現していくことであり、近代以前徳川幕府との友好関係を結んでいた韓国・中国等の大陸の国々を支配していくことであったと言える。第八、近代日本のナショナリズムは敵対と友好とで特徴づけられる現代日米関係の原型として捉えられる。
著者
Jun KIMURA Hauke HUSSMANN Shunichi KAMATA Koji MATSUMOTO Jürgen OBERST Gregor STEINBRÜGGE Alexander STARK Klaus GWINNER Shoko OSHIGAMI Noriyuki NAMIKI Kay LINGENAUBER Keigo ENYA Kiyoshi KURAMOTO Sho SASAKI
出版者
THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES
雑誌
TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN (ISSN:18840485)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.234-243, 2019 (Released:2019-03-04)
参考文献数
50

Laser altimetry is a powerful tool for addressing the major objectives of planetary physics and geodesy. Through measurements of distances between a spacecraft and the surface of the planetary bodies, it can be used to determine the global shape and radius: global, regional, and local topography: tidal deformation: and rotational states including physical librations. Laser altimeters have been applied in planetary explorations of the Moon, Mars, Mercury, and the asteroids Eros, and Itokawa. The JUpiter Icy Moons Explorer (JUICE), led by European Space Agency (ESA), has started development to explore the emergence of habitable worlds around gas giants. The Ganymede Laser Altimeter (GALA) will be the first laser altimeter for icy bodies, and will measure the shape and topography of the large icy moons of Jupiter, (globally for Ganymede, and using flyby ground-tracks for Europa and Callisto). Such information is crucial for understanding the formation of surface features and can tremendously improve our understanding of the icy tectonics. In addition, the GALA will infer the presence or absence of a subsurface ocean by measuring the tidal and rotational responses. Furthermore, it also improves the accuracy of gravity field measurements reflecting the interior structure, collaborating with the radio science experiment. In addition to range measurements, the signal strength and the waveform of the laser pulses reflected from the moon's surface contain information about surface reflectance at the laser wavelength and small scale roughness. Therefore we can infer the degrees of chemical and physical alterations, e.g., erosion, space weathering, compaction and deposition of exogenous materials, through GALA measurements without being affected by illumination conditions. JUICE spacecraft carries ten science payloads including GALA. They work closely together in a synergistic way with GALA being one of the key instruments for understanding the evolution of the icy satellites Ganymede, Europa, and Callisto.

13 13 0 0 OA 小学略則教授法

著者
長瀬寛二 編
出版者
成美堂
巻号頁・発行日
1880
著者
西尾 和美
出版者
松山東雲女子大学人文科学部紀要委員会
雑誌
松山東雲女子大学人文科学部紀要 (ISSN:2185808X)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.164-141, 2011-03

本稿は、慶長七年(1602)八月の毛利輝元養女と興正寺門跡の婚姻が関係諸勢力の間でもった意義を、当時の政治状況をふまえつつ考察するものである。同女は、小早川氏に入った秀吉の養子秀秋と関ヶ原合戦以前に離縁し、秀秋生前のうちに興正寺門跡に再嫁した。毛利氏にとって、小早川隆景、豊臣秀吉の相次ぐ死により、秀秋との婚姻の意義は関ヶ原以前に変化しており、また関ヶ原以後の苦境の下で武士との婚姻には成り行きを予測できない難しさがあった。一方、この時期、東西分派問題に直面する興正寺および本願寺にとって、戦国期以来の同盟者である毛利氏の周防・長門の門徒掌握ほ重要であり、この婚姻成立の意義は大きかった。このように関係者間でそれぞれに大きなこの婚姻の意義は、婚姻成立より輝元死亡まで多年に及んで細やかに維持された輝元と養女・興正寺門跡夫妻との付き合いを通じて、またこの婚姻を契機として結ばれた養女の実家宍戸氏関係者と興正寺関係者との婚姻によって、支えられた。 This article explores, in the political context of its time, the significance of the 1602 marriage between the adopted daughter of the warrior Mori Terumoto and the head priest of Koshoji Temple in Kyoto. The daughter had previously been married to the warrior Kobayakawa Hideaki, the adopted son of Toyotomi Hideyoshi and, later, of Kobayakawa Takakage. With the deaths of Hideyoshi and Takakage, the marriage was terminated for it had become politically problematic for the Mori family, even before the Battle of Sekigahara in 1600. For the Mori family, on the losing side of the Sekigahara battle, marriage of their daughters to warriors carried an inherent risk, while marriage to a cleric, with less concern for worldly matters, was seen as a safer prospect. While Hideaki was still alive, the Mori's adopted daughter entered into a new marriage to the Koshoji cleric in 1602. At that time, however, the Honganji Temple, along with its then-branch temple Koshoji, was embroiled in a serious schismatic dispute. Therefore, the daughter's marriage was of great significance for it offered a means of control over adherents in the Mori domains of Suo and Nagato in western Japan. Indeed, for twenty years after the marriage, Mori Terumoto remained in close communication with his adopted daughter and her husband, and more marriages followed between members of the clerical family of Koshoji and the adopted daughter's natal family, the Shishido.
著者
Masafumi MATSUI Hiroshi OKAWA Kanto NISHIKAWA Gen AOKI Koshiro ETO Natsuhiko YOSHIKAWA Shingo TANABE Yasuchika MISAWA Atsushi TOMINAGA
出版者
The Herpetological Society of Japan
雑誌
Current Herpetology (ISSN:13455834)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.32-90, 2019 (Released:2019-02-28)
参考文献数
81

The abundant clouded salamander from western Japan, Hynobius nebulosus, has long been considered a single widespread species, although some authors have suggested the inclusion of several cryptic species. This led to a molecular and morphological analysis of populations from all parts of the known range. Phylogenetic relationships were inferred from complete sequences of the mitochondrial cytochrome b gene, and nuclear genome differentiations were estimated by multiplexed inter simple sequence repeat genotyping by sequencing (MIG-seq). The results suggest that H. nebulosus hitherto recognized consists of at least nine species. We applied existing names to two of them, H. nebulosus (Temminck et Schlegel) and H. vandenburghi Dunn, and described seven others as new species.
著者
山口 真也
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.66, no.11, pp.566-571, 2016-11-01 (Released:2016-11-01)

本稿は,読書通帳サービスでの貸出記録の取扱について,個人情報保護,または「図書館の自由」との関わりから論じることを目的としている。読書通帳サービスには,履歴を残したいというニーズと図書館の理念との対立を解決する方法として評価できる面もあるが,これまでの貸出記録の利活用議論を生かしていない部分もあるように思われる。以上の問題意識の下で,導入事例のリソースや通帳の記載項目の分析,導入館への取材等をもとに課題を検討した結果,①通帳サーバーでの貸出記録の保有期間の短縮化,②選択的記帳機能の追加,③通帳上での貸出記録の保有期間や個人情報の管理責任に関する説明の記載,④価格欄の必要性の再検討,を提案した。
著者
西尾 治子
出版者
日本フランス語教育学会
雑誌
Revue japonaise de didactique du français (ISSN:18805930)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.76-85, 2010-12-05 (Released:2017-10-14)

La loi sur la parite a joue un role primordial dans l'histoire du feminisme ainsi que l'histoire constitutionnelle en ce sens qu'elle a ete promulguee pour la premiere fois au monde en 2000, conformement au principe d'egalite, apres la revision de la Constitution de la Republique francaise. Quelles sont les raisons qui ont rendu la parite necessaire ? La presente etude a pour but de faire la lumiere la genese de la parite, son evolution et son etat actuel. Elle examine, en premier lieu, la genese de la parite, ensuite les differences entre d'une part le quota et le systeme americain d'action affirmative, d'autre part la parite dont le debat jadis centre sur la theorie dichotomique a divise les feministes francais en deux camps : l'universalisme et le differentialisme. Enfin, elle etudie les problemes concrets auxquels est confrontee actuellement la prite.