著者
大津留 晶 緑川 早苗 坂井 晃 志村 浩己 鈴木 悟
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.104, no.3, pp.593-599, 2015-03-10 (Released:2016-03-10)
参考文献数
13

甲状腺は放射線に対して発がん感受性が高い臓器の1つと捉えられている.甲状腺がんの放射線発がんリスクは,被曝時年齢が若いほど高くなる.放射線は発がん因子の1つとしても,二次発がんという観点でも重要である.原爆被曝者の調査では,外部被曝による甲状腺がんリスク増加が示された.チェルノブイリ原発事故は,放射性ヨウ素の内部被曝が発がんの原因となった.いずれも100 mSv(ミリシーベルト)以上から徐々に有意となり,線量が高いほど罹患率が上昇する,線量依存性が見られている.東京電力福島第一原発事故後,小児甲状腺がんに対する不安が増大し,福島では大規模なスクリーニング調査が開始されている.本稿では,放射線と甲状腺がんについて,これまでの疫学調査と病理報告を概説し,放射線誘発甲状腺がんの分子機構の最前線に触れ,最後に小児甲状腺がんスクリーニングについての考え方についてまとめた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

『甲状腺がんと放射線障害』【PDF】 最後に福島の甲状腺がんスクリーニングについて言及。慎重で穏当な内容。

Twitter (49 users, 77 posts, 23 favorites)

有用的な一次資料を提示します。 (5)/(終)J-STAGE 甲状腺がんと放射線障害 https://t.co/wjAXqwHEGq @himurotakasi @sivad @kinoryuichi… https://t.co/I3RFuk0K47
やや新しめの資料として、下記などをご参考にどうぞ。 遺伝子異常のタイプと年齢との関係性や放射線感受性についても言及され、そこそこ分かり易い模式図も示されている。 ・甲状腺がんと放射線障害… https://t.co/07aQW7b86G
@parasite2006 @hseino1 大津留、緑川らの内科学会雑誌掲載日本語総説に、「被曝者における甲状腺がんの疫学的調査は,初期の1958年~1961年(原爆投下後13年~16年)に行われた甲状腺触診によるスクリーニング… https://t.co/b7acG31XYy
@parasite2006 経緯は大津留らの総説にも簡単に触れられています。 https://t.co/L5ZFl7VAUZ 当初はリスクの程度は不明で、白血病も含め「原爆症」として被爆者は不安を抱えていた。 調査の結果被爆に… https://t.co/q3ywoPHKEQ
原子力災害における甲状腺への健康影響を正しく判断するためには,スクリーニングバイアスが大きいため,一定の基準でスクリーニングを行わなければ,真の結果がわからなくなる恐れがある https://t.co/evyk4NLoq4
線量依存性に甲状腺がんは増加しており,1 Gy (グレイ)の被曝により甲状腺がん発生のリス クは57%増加し,男性より女性でそのリスクは 約30%高く,若年で被曝するほど発生リスクが 高いことが示された https://t.co/evyk4NLoq4
甲状腺がんと放射線障害 https://t.co/oW6Qd55vRl 「高齢になるにつれ一部に予後不良」ではなく、BRAF変異が多いから一部が悪性化するんじゃないですか。自然発生の小児甲状腺癌にはBRAF変異が少ないから、従来は… https://t.co/2UbaNhj7Co
放射線起因のがんの性格について、日本語だと福島の委員さんたちが書いたこちらでも基本の分類おさえてれば一部わかるかな。https://t.co/yK9DQvfCEw
こちらの方が適切な解説 https://t.co/B37XPsTRAu 参照→表 チェルノブイリ小児甲状腺がんの特徴 (Tuttle RM, et al. Clin Oncol 23:268-275, 2011.) をおさえた議論… https://t.co/YVs0abuNyt
甲状腺がんと放射線障害 https://t.co/evyk4NLoq4
memo https://t.co/z9lGTsL9W0
甲状腺がんと放射線障害 : https://t.co/Q7JJPoUSio 公開日 2016/03/10 ウクライナの報告…事故当時 0~18歳(13,127人から45人の甲状腺がん手術例) ・45人の平均甲状腺等価線量は約 2,… https://t.co/ZUVxccrLm2
あとで読もう! お腹空いた…(>_<)  積読 日本内科学会雑誌 Vol. 104 (2015) No. 3 p. 593-599  大津留 晶, 緑川 早苗, 坂井 晃, 志村 浩己, 鈴木 悟 https://t.co/Q7JJPoUSio
日本内科学会雑誌 Vol. 104 (2015) 「甲状腺がんと放射線障害」大津留晶、緑川早苗、志村浩己 他 https://t.co/9EsNXd6ShM
【はてブ新着学問】 日本内科学会雑誌第104巻第3号 https://t.co/dMQiRjrdAP
日本内科学会雑誌第104巻第3号 https://t.co/bHex96mYFU
「今回の原子力災害から考えられることは,住民の健康を増進するためにスクリーニングは重要であるが,それ自体にも様々なメリットとデメリットがあることを受診者にもよく理解していただいて,検診をすすめてゆくことが大切である.」 https://t.co/NMqS4AKJRD
「小児甲状腺がんは成人のがんよりも予後がよい反面,臨床的にはリンパ 節転移や再発は比較的認められる.…スクリーニングの意味を受診者に理解してもらうためには,一般のがん検診と異なる上記の甲状腺腫瘍の特徴への理解が非常に重要である.」 https://t.co/NMqS4AKJRD
「そこには科学的に放射線の影響を明らかにしてほしいという希望と,万一,わずかでも関連があった場合,早期発見で現実的なデメリットが少なくしてほしいという希望もあったかと思われる.」 https://t.co/NMqS4AKJRD
「チェルノブイリ原発事故の記憶と,低線量被曝の中で相対的に甲状腺の被曝線量が高くなるという原子力災害の特徴,子どもにおいて放射線発がん感受性が高い臓器が甲状腺であるという心配が重なり,甲状腺超音波スクリーニングが社会的に求められた」 https://t.co/NMqS4AKJRD
日本内科学会雑誌(2016/03/10) 甲状腺がんと放射線障害 https://t.co/NMqS4AKJRD (ウクライナ)甲状腺発がんを発症した45人の平均甲状腺等価線量は約 2,000 mSv,甲状腺がんを発症していない人の平均線量は約 750 mSvと推計された.
「甲状腺がんと放射線障害」 大津留晶、緑川早苗、坂井晃、志村浩己、鈴木悟 https://t.co/z9lGTsL9W0

収集済み URL リスト