(@chikomuu1)

投稿一覧(最新100件)

RT @hakusai_47: To be, or not to be - 吸収状態を巡る非平衡臨界現象の物理学 https://t.co/9vbmZO0qBx
@rFDtdVSfTLUeNEW 笑いや笑顔の免疫への論文 は多数あります

80 19 4 2 OA 民主政治読本

RT @OzakiYukioBot: 個人がして悪いことは国家がしても悪いことだという程度まで,国際間の道徳が進んでくれば,国家の名誉と利益を守るために,戦争で争うよりも,国際裁判で正義の裁きを受ける方が安全であることを,何人も理解するであろう. 『民主政治読本』https:/…
RT @Nathankirinoha: @_crr_ ですね。このあたりの制度の変遷についてはこちらが簡潔にまとまっていて助かりました。 日本学術会議と情報発信─歴史的な展開と緊急時におけるあり方日本学術会議と情報発信─歴史的な展開と緊急時におけるあり方 大西 隆https:…
RT @igel_jp: ●九州の大雨は #線状降水帯 が原因 ●線状降水帯は液体炭酸を上空に散布すれば作れると九州大学の西山浩司が2013年に発表 https://t.co/DPSSCvi3i4 ● #液体炭酸法 は #ヨウ化銀法 や #ドライアイス法 の100倍の降雨量…

お気に入り一覧(最新100件)

To be, or not to be - 吸収状態を巡る非平衡臨界現象の物理学 https://t.co/9vbmZO0qBx

80 19 4 2 OA 民主政治読本

個人がして悪いことは国家がしても悪いことだという程度まで,国際間の道徳が進んでくれば,国家の名誉と利益を守るために,戦争で争うよりも,国際裁判で正義の裁きを受ける方が安全であることを,何人も理解するであろう. 『民主政治読本』https://t.co/hZfphMdHKe, p. 134.
@_crr_ ですね。このあたりの制度の変遷についてはこちらが簡潔にまとまっていて助かりました。 日本学術会議と情報発信─歴史的な展開と緊急時におけるあり方日本学術会議と情報発信─歴史的な展開と緊急時におけるあり方 大西 隆https://t.co/SaoiV1RNdP
●九州の大雨は #線状降水帯 が原因 ●線状降水帯は液体炭酸を上空に散布すれば作れると九州大学の西山浩司が2013年に発表 https://t.co/DPSSCvi3i4 ● #液体炭酸法 は #ヨウ化銀法 や #ドライアイス法 の100倍の降雨量 #人工降雨 #気象操作 #気象兵器 https://t.co/uCDabPhlPt https://t.co/fWlB8nB5lF
現代思想は「アウシュヴィッツ以後」を思考することをひとつの命法としてきたが、デリダはユダヤ人としてアウシュヴィッツの災厄を特権化することに対して慎重であり続けた。この対談を通してそのことの意味をよく考えてみたい:「アウシュヴィッツ以後の脱構築」https://t.co/bxyNqafTqB

フォロー(3041ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ayumochineko: この激甚な反応はクラークソン症候群の既往がある接種者に発症。発作は年に平均 1 回程度であり、収束してしまうため診断は困難。だから実は打ってはダメな人だった、という可能性も。接種後に説明できない血圧低下と浮腫を示す患者の一部は、未診断の患者の…
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
今日ゼミ生が発表してくれた論文 アニメーション制作現場での「動き」に関する経験則(2006年度第2回フォーラム基礎研究ならでは出会えた隣接領域-画面上での動きの生成と知覚-) 岡部 望, 吉村 浩一 https://t.co/DelbR2q8tg

フォロワー(3309ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ayumochineko: この激甚な反応はクラークソン症候群の既往がある接種者に発症。発作は年に平均 1 回程度であり、収束してしまうため診断は困難。だから実は打ってはダメな人だった、という可能性も。接種後に説明できない血圧低下と浮腫を示す患者の一部は、未診断の患者の…
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
今日ゼミ生が発表してくれた論文 アニメーション制作現場での「動き」に関する経験則(2006年度第2回フォーラム基礎研究ならでは出会えた隣接領域-画面上での動きの生成と知覚-) 岡部 望, 吉村 浩一 https://t.co/DelbR2q8tg