小谷英生 (@hideokotani)

投稿一覧(最新100件)

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  カントとスピノザ主義 : 『オプス・ポストゥムム』を視野に入れ https://t.co/UBqm1gjTZ4 #CiNii
CiNii 論文 - 千葉建 「カントの徳倫理学と感情の問題」 https://t.co/EebaXMANy6 #CiNii

フォロー(129ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

で、証言の確実性を巡る徴憑理論の歴史応用については概説知るならこちら。 >> CiNii 論文 -  蓋然性の論理学 : ライプニッツ中国学の方法論への一視点 https://t.co/2WT5ej0LTF
ボーンデジタル映像の保存に関する諸問題 - 三浦 和己 https://t.co/CcIaABRFaE
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
通勤読書。 土谷幸久(2009) 「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 https://t.co/Ob4gl6aSSV
中山徹「性的差異の二律背反 : カント、フロイト、ラカン派精神分析」CiNii 図書 - ジェンダーと「自由」 : 理論、リベラリズム、クィア https://t.co/OTKpB5xZDn #CiNii
読了 CiNii 図書 - 瀬戸一夫『カントからヘルダーリンへ : ドイツ近代思想の輝きと翳り https://t.co/d895KF86Zg #CiNii
G. Vickersについて。 / “土谷幸久(2009)「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 - CiNii論文” https://t.co/Ob4gl6aSSV #trust
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
気になりますねぇ……|CiNii 論文 -  ビュフォン『博物誌』とJ. J. ルソー : 啓蒙思想の一断面 https://t.co/1RiKEkdtpR #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
陀安 広二「健康と病気の概念 ─ジョルジュ・カンギレムの言説を手がかりに─」 https://t.co/bI82EpaJKG #CiNii
藤井 千佳世「スピノザとカンギレム:生の規範から倫理的範型(exemplar)へ」https://t.co/weRkgmy0tw #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
柴田 博仁, 大村 賢悟 - 手紙文の内容評価と差出人のパーソナリティ評価に及ぼす表示メディアと文書スタイルの効果 https://t.co/6ESDB1IzyW

フォロワー(120ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

で、証言の確実性を巡る徴憑理論の歴史応用については概説知るならこちら。 >> CiNii 論文 -  蓋然性の論理学 : ライプニッツ中国学の方法論への一視点 https://t.co/2WT5ej0LTF
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
通勤読書。 土谷幸久(2009) 「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 https://t.co/Ob4gl6aSSV
RT @_pilate: 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二0一六年)」 https://t.co/Q74C8kuVMv
中山徹「性的差異の二律背反 : カント、フロイト、ラカン派精神分析」CiNii 図書 - ジェンダーと「自由」 : 理論、リベラリズム、クィア https://t.co/OTKpB5xZDn #CiNii
読了 CiNii 図書 - 瀬戸一夫『カントからヘルダーリンへ : ドイツ近代思想の輝きと翳り https://t.co/d895KF86Zg #CiNii
G. Vickersについて。 / “土谷幸久(2009)「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 - CiNii論文” https://t.co/Ob4gl6aSSV #trust
気になりますねぇ……|CiNii 論文 -  ビュフォン『博物誌』とJ. J. ルソー : 啓蒙思想の一断面 https://t.co/1RiKEkdtpR #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @smzpz: CiNii 論文 -  初期キリスト教と聖書翻訳 https://t.co/pfK7LQvuH0 #CiNii
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
立川雅司,2005,「ポスト生産主義への移行と農村に対する「まなざし」の変容」 『村落社会研究』(41) : 7-40. https://t.co/h9vRYN3ZVr #CiNii
陀安 広二「健康と病気の概念 ─ジョルジュ・カンギレムの言説を手がかりに─」 https://t.co/bI82EpaJKG #CiNii
藤井 千佳世「スピノザとカンギレム:生の規範から倫理的範型(exemplar)へ」https://t.co/weRkgmy0tw #CiNii
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @zasetsushirazu: 岩井憲幸「幕末ロシア語研究の新出資料について」(『明治大学人文科学研究所紀要』65、2009年)は、近世後期の国学者・平田篤胤がロシア語を学んでいた可能性があることを示す史料の発見について、ロシア語学習・研究史の観点から分析する。 ht…
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…