坂浦 愛(いと)☘️ (@ito_gfd)

投稿一覧(最新100件)

RT @ochamet_tklab: 紅白でみんな #IVE についてたくさん検索すると思うので,宣伝しておきます...。 Kohyama, T., H. Miura, and S. Kido (2021), Intensive Variablility Extraction.…
Cut off and Weakening Processes of an Upper Cold Low https://t.co/zclQc0mU0Y
#さかうらのーと On the Dynamics of Easterly Waves, Monsoon Depressions, and Tropical Depression Type Disturbances 気になるものがあった〜 まだ学習不足なので学習を積み重ねてから理解を目指したい✨ https://t.co/oPUhc07kZv
RT @geoign: これは定期なのだけど、東宮(2016)にある「3.マグマ溜まりのイメージ」は火山に興味ある人全員の基礎前提知識にしたい。 » マグマ溜まり : 噴火準備過程と噴火開始条件 https://t.co/oGrGE3Maas https://t.co/nIxT…
RT @TENKI_metsoc: 群馬県伊勢崎で6月としては初となる40℃を超える気温が観測されました☀️ 「天気」では、#猛暑 や #高温 に関する記事も掲載されています
RT @shearline: 気象学会レター誌SOLAに投稿した「トンガ火山噴火に伴う気象津波の1次元浅水波モデルによる考察」の論文が早期公開されました

お気に入り一覧(最新100件)

紅白でみんな #IVE についてたくさん検索すると思うので,宣伝しておきます...。 Kohyama, T., H. Miura, and S. Kido (2021), Intensive Variablility Extraction. SOLA, 17, 246−250 https://t.co/2K7lyiiQWR
これは定期なのだけど、東宮(2016)にある「3.マグマ溜まりのイメージ」は火山に興味ある人全員の基礎前提知識にしたい。 » マグマ溜まり : 噴火準備過程と噴火開始条件 https://t.co/oGrGE3Maas https://t.co/nIxTW6y6RK
(ヒントを置いておこう…) https://t.co/pNabABIK6k
気象学会レター誌SOLAに投稿した「トンガ火山噴火に伴う気象津波の1次元浅水波モデルによる考察」の論文が早期公開されました
Sola new paper: Goto and Satoh, Statistical Analysis of “Senjo-Kousuitai” in East Asia and Characteristics of Associated Large-Scale Circulations in the Baiu Season, SOLA, 2022, Vol.18A, 15-20, doi:10.2151/sola.18A-003, https://t.co/zUDwgfgVtx https://t.co/YVlrPX1dRg

フォロー(733ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

This article, published in Geographical review of Japan series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Commodification of a Rural Space in a World Heritage Registration Movement: Case Study of Nagasaki Church Group https://t.co/orxeaOYiA5
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京の都心周辺地域における土地利用の変遷と建物の中高層化 牛垣 雄矢 https://t.co/KvJCaorieZ
1位 日本の低温死亡率の地域性と変動および気温との関係 公開日: 2019/09/30 | 66 巻 8 号 p. 513-527 藤部 文昭, 松本 淳, 鈴木 秀人 https://t.co/z8Ujnhw4wQ
2位 日本で発生する相対的に強い降水に占める大気の川事例の割合 公開日: 2022/12/31 | 69 巻 11 号 p. 609-620 山田 将喜, 釜江 陽一 https://t.co/z0NuFdjqA6
3位 2. 北極温暖化増幅のメカニズムと将来予測 公開日: 2019/04/30 | 66 巻 3 号 p. 214-219 吉森 正和 https://t.co/yBq00WQow0
4位 地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベースの開発と気候変動リスク評価研究成果の社会実装 公開日: 2022/09/30 | 69 巻 8 号 p. 413-430 石井 正好, 森 信人 https://t.co/15oqonD1Fd
気象学会 #天気 2023年1月の月間アクセス数ランキングです( @jstage_ej 調べ)。 5位から1位までを記載します! ・ ・ ・ 5位 東京都心における視程の変化 公開日: 2021/02/28 | 68 巻 1 号 p. 5-12 川端 康弘, 梶野 瑞王, 財前 祐二, 足立 光司, 田中 泰宙, 清野 直子 https://t.co/cNPEszrVFH
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 本岡 拓哉 https://t.co/I9D3AyhNV6
RT @SOLA_metsoc: Sola early online release: Hirata et al., Biases in Shortwave Three-Dimensional Radiative Transfer Calculations for High-R…
RT @SOLA_metsoc: Sola early online release: Ger Anne W. Duran and Joseph Q. Basconcillo, Decreasing quiescence of tropical cyclones in the…
庭のジャゴケの香りに言及したのは10年ぐらい前↓ マツタケジャゴケなどが新種記載されたのは昨年とか一昨年の極めて近年! さすがに知らなんだよ https://t.co/kl0O5WKvyC https://t.co/ZD8HXrlEvU
<#代数学の参考書> 「物理学におけるリー代数 ―アイソスピンから統一理論へ―原著第2版」 (吉岡書店ジョージァイ2010) 日本物理学会に公開された2011年の書評を オンラインで読める。 https://t.co/oBuBJnaBXo 『素粒子論屋には言わずと知れた「ジョージァイ」の第二版の和訳である。』
RT @SOLA_metsoc: Sola early online release: Hirata et al., Biases in Shortwave Three-Dimensional Radiative Transfer Calculations for High-R…
「日本地理学会賞(優秀論文部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 田中雅大 「地理空間情報を活用した視覚障害者の外出を『可能にする空間』の創出――ボランタリー組織による地図作製活動を事例に――」 https://t.co/VS6GHWz90J https://t.co/l2s1DPbvTo
Sola early online release: Hirata et al., Biases in Shortwave Three-Dimensional Radiative Transfer Calculations for High-Resolution Numerical Models, SOLA, DOI:10.2151/sola.2023-007, #SOLA, https://t.co/k0pZjbtnTL
Sola early online release: Ger Anne W. Duran and Joseph Q. Basconcillo, Decreasing quiescence of tropical cyclones in the Western North Pacific, SOLA, DOI:10.2151/sola.2023-005, #SOLA, https://t.co/gPRgrjXxKv
「日本地理学会賞(若手奨励部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 崎田誠志郎 「和歌山県串本町におけるイセエビ刺網の共同体基盤型管理の多様性」 https://t.co/HQuNn95M8J https://t.co/eQZMuqFluD
「日本地理学会賞(論文発信部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 南雲直子 「フィリピンの洪水常襲地帯における洪水氾濫解析とGISマッピング―災害対応計画作成に向けた取り組みと課題―」 https://t.co/j8T5qAl4Vv https://t.co/kqCbaJk3f6
専門的には「準停滞性降雪バンド」 気象研の永戸さんがこの構造と維持機構の論文を書いています。 Eito et al. (2005,JMSJ) Numerical Simulation of the Quasi-Stationary Snowband Observed over the Southern Coastal Area of the Sea of Japan on 16 January 2001 https://t.co/0ejhLcw2ta
町田瑞男『火山灰中の鉱物検索・鑑定図鑑 : プレパラートで知る火山灰の不思議』 火山灰中の鉱物1種類ごとに実体顕微鏡・偏光顕微鏡で観察した写真の図鑑。火山灰や火山の研究をする人はもちろん、ジルコンなどの重鉱物分離の研究をする人にもオススメ。 https://t.co/eHlrs14hSE

フォロワー(431ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @SOLA_metsoc: Sola early online release: Hirata et al., Biases in Shortwave Three-Dimensional Radiative Transfer Calculations for High-R…
RT @SOLA_metsoc: Sola early online release: Ger Anne W. Duran and Joseph Q. Basconcillo, Decreasing quiescence of tropical cyclones in the…
庭のジャゴケの香りに言及したのは10年ぐらい前↓ マツタケジャゴケなどが新種記載されたのは昨年とか一昨年の極めて近年! さすがに知らなんだよ https://t.co/kl0O5WKvyC https://t.co/ZD8HXrlEvU
<#代数学の参考書> 「物理学におけるリー代数 ―アイソスピンから統一理論へ―原著第2版」 (吉岡書店ジョージァイ2010) 日本物理学会に公開された2011年の書評を オンラインで読める。 https://t.co/oBuBJnaBXo 『素粒子論屋には言わずと知れた「ジョージァイ」の第二版の和訳である。』
<#大学の力学の参考書> 「天体と軌道の力学」(東大出版1998木下) 書評(1998長沢)より引用: https://t.co/RSYAqyakYx 『摂動が加わった場合の運動から, 内容は多少高度になる。 5章では,定数変化法による運動方程式が さまざまな形式で導き出されていて 実用上たいへん便利である。』
町田瑞男『火山灰中の鉱物検索・鑑定図鑑 : プレパラートで知る火山灰の不思議』 火山灰中の鉱物1種類ごとに実体顕微鏡・偏光顕微鏡で観察した写真の図鑑。火山灰や火山の研究をする人はもちろん、ジルコンなどの重鉱物分離の研究をする人にもオススメ。 https://t.co/eHlrs14hSE