著者
中野 和典
出版者
九州大学
雑誌
Comparatio (ISSN:13474286)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.1-10, 2002

The subject matter of Abe Kobe's "The Face of Another" is the loss of a man's face. "I" was seriously injured in the face in an accident. What is the meaning of the loss of a man's face in contemporary society where people are asked to show their identities? What becomes clear through his hard struggles in making an elaborate mask and tempting his wife is how man is influenced by his face. "I" goes into the city with the mask on and knows that the world is a prison and people are its prisoners. Why did he say, " The world is a prison?" And on one hand he has some sympathy for Koreans in Japan, Blacks in America and a girl from Hiroshima, who are alienated in the community on account of their faces, on the other he feels that something is wrong. How is this related to his recognition that the world is a prison? In this essay I try to make clear the extension of the representation of the face in "The Face of Another".
著者
中野 和典
出版者
長崎大学
雑誌
国語と教育
巻号頁・発行日
vol.34, pp.40-53, 2009-12-05
著者
中野 和典 千木良 純貴 中村 和徳 矢野 篤男 西村 修
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木学会論文集G(環境) (ISSN:21856648)
巻号頁・発行日
vol.68, no.7, pp.III_87-III_92, 2012

畜舎排水を処理するフルスケールの多段鉛直流式人工湿地について運転開始から2年間の水質モニタリングを行い,汚水処理施設としての性能を評価した.運転開始1年目の人工湿地の水質浄化性能は水温に依存する季節特性を有していたが,2年目には水温の低い冬季の浄化性能が有意に向上し,年間を通した浄化性能の安定性が向上した.これは,人工湿地の水質浄化性能が運用開始から1年間は発展途上にあり、運用から1年を経て気候条件に適応した頑健性を発揮するようになることを示唆するものである.2年目の年間汚濁負荷量と年間平均除去率により求めた各水質項目の浄化性能原単位は、BODでは26.2g/m<sup>2</sup>・d、SSでは21.0g/m<sup>2</sup>・d、TKNでは1.60g-N/m<sup>2</sup>・d、TNでは1.55g-N/m<sup>2</sup>・d、TPでは0.36g-P/m<sup>2</sup>・dであった.
著者
中野 和典 西村 修 野村 宗弘
出版者
日本大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

水圏生態系への影響が懸念される道路・市街地・農地等からの表面流出水のパッシブトリートメントに有効なろ材としてハイドロタルサイトを見出した。次いで水環境での残留性が懸念されるペルフルオロオクタンスルホン酸の吸着特性を明らかにした。さら滋賀県草津市のファーストフラッシュ浄化施設の人工湿地ユニットを利用した実証実験により、本研究で提案するパッシブトリートメントの有効性を確認することができた。