著者
佐野 哲也 吉田 貴紘 井 春夫 大原 誠資
出版者
一般社団法人 日本エネルギー学会
巻号頁・発行日
pp.50-51, 2011-01-12 (Released:2017-03-22)

The moisture reduction in fuelwood of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) and evergreen oak spp. (Quercus glauca) was evaluated under some conditions differentiated in split sizes (one quarter or one eighth), drying area (paved or unpaved, roofed or unroofed), and season (winter or summer). Japanese cypress dried out more rapidly than oak. Splitting enables the acceleration of drying rate and size effect was more enhanced in oak with higher wood density. Any benefits of natural seasoning were realized within the first one or two month. Under natural seasoning with uriroofed condition, there was little benefit in longer drying period of fuelwood in terms of rainfall.
著者
浅井 春夫
出版者
全国障害者問題研究会
雑誌
障害者問題研究 (ISSN:03884155)
巻号頁・発行日
vol.37, no.4, pp.12-20, 2010-02

子どもの貧困への社会的関心が集まりつつある.わが国の子どもの貧困率は14.2%であり,ひとり親世帯の貧困率は54.3%となっている.この数値はOECD加盟国30ヵ国のなかで低位にある.とくにひとり親世帯は最悪の状態にある.子どもが貧困生活を生きるということは,親・保護者からの期待値が低いなかで生きるということであり,希望を早い時期から奪われている現実がある.それに対してわが国の貧困削減政策はほとんど機能していないのが実際である.新政権のもとで子どもの貧困削減政策をどのように具体化するのかが問われている.その点に関わって,本稿では基本的な視点と当面の具体的な政策の方向と内容を提起する.