著者
内藤 隆夫
出版者
北海道大学大学院経済学研究科
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.61, no.3, pp.21-35, 2011-12-08

本稿では北海道近代史の方法論に関する研究史の検討を通じて、今後このテーマを進めていく手がかりをつかむことを課題とした。具体的には方法論に関わる代表的論文を三つに分類し、筆者の考えをまとめた。即ちまず「開拓史観」と呼ばれる方法に対して、それへの批判の高まりが「開拓の進展」の肯定論を全否定しかねない傾向を生んだことを踏まえ、定義を修正し、批判論者が念頭に置く「開拓史観」的研究とそうでない研究を区別すべきとした。次に「辺境論」「経済学的意味における植民地論」に対して、「辺境」の本来の意味からの遊離、実証研究との対話の困難、政治・社会の問題の捨象という問題を踏まえ、「辺境」は概念ではなく本来の地理的な意味で用い、「経済学的意味における植民地」概念の安易な適用は慎むべきとした。「内国植民地論」に対しては、北海道近代史の構造把握を目指した議論であると認めた上で、「植民地」論でありながらアイヌ支配の問題を組み込めていない、「開拓史観」と同様一面的であるという問題点を指摘した。そして、今後の北海道近代史研究では開拓の進展とそこで生じた問題点との緊張関係を意識して分析を進めることが重要とした。
著者
内藤 隆夫
出版者
北海道大学大学院経済学研究科
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.62, no.1, pp.29-67, 2012-07-12

本稿では1980年代から90年代中期の石油政策について, 「安定供給」の追求から「安定的」かつ「効率的」な供給の追求への変化, という視点から詳細に考察した。本稿が対象とする時期の石油政策を対象とした歴史研究は, 管見の限りほとんど見出すことはできないが, その中で橘川武郎は, 1980年代後期から90年代中期までを「第一次規制緩和」期, 90年代中期から2000年代初頭までを「第二次規制緩和」期と規定している。しかしこの見方を強調した場合, 1980年代前期と, 80年代中期から90年代中期の固有の意義を軽視することになると考える。その意義とは, まず前者は第二次石油危機を経験した上で平時に戻った時期であるが故に, 何よりも石油の「安定供給」が追求された時期であり, 次に後者は規制緩和あるいはそれを通じた「効率的」供給という新たに浮上してきた目的と, 従来からの「安定供給」確保という目的とのせめぎ合いの中で, 両者に折り合いをつけるべく諸政策が実施された時期である, というものである。本稿では, こうした視角をもとに当該期の石油政策を考察した。
著者
内藤 隆夫
出版者
土地制度史学会(現 政治経済学・経済史学会)
雑誌
土地制度史学 (ISSN:04933567)
巻号頁・発行日
vol.40, no.2, pp.32-48, 1998-01-20 (Released:2017-12-30)

The purpose of this paper is to show the process of forming capitalistic order of production in Japanese oil industry, by researching the process of formation and development of the Nippon Oil Company. Then, this paper shows how Japanese company became to compete with the foreign company in the oil market, where the latter was strong. The past research overemphasized the one department of the industry, for example, mining or transporting. But I think that to solve the problem I presented in the beginning, it is necessary to prove the overall process of the oil industry, that is, mining, refining, transporting, and bargening. This paper observes the Nippon Oil Company to understand this overall process. The Nippon Oil Company, which gathered men of property, succeeded in mining by means of machine. And therefore, it was necessary to improve the refining department in quantity and quality in the middle of 1890s. In the late of 1890s, the transportation system was constructed, and the oil products produced in Niigata prefecture began to enter into the Tokyo market. But the rising and falling of the price of the oil products from 1899 to 1900 cleared the inferior products produced by the small-sized refining makers. By this process, the products produced by the Nippon Oil company, which improved the refining department and the bargening department, standed out in the domestic products. Then, the Nippon Oil Company established its own trademark Bat-Mark in the Tokyo market. This situation shows that the domestic products gained the competitive ability in the market. The conclusion is that the modern oil industry in Japan, that is, the capitalistic order of production in Japanese oil industry, was formed by the formation of overall production process in the Nippon Oil Company.