著者
上野 千鶴子 盛山 和夫 松本 三和夫 吉野 耕作 武川 正吾 佐藤 健二
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2004

新しい「公共性」の概念をめぐって、公共社会学の理論的な構想を提示し、「自由」や「感情公共性」その応用や展開の可能性を示した。福祉とジェンダーについては定量および定性のふたつの調査を実施し、報告書を刊行した。その調査結果にもとづいて、福祉多元社会における公共性の価値意識を比較検討し、さらた具体的な実践の可能性を求めて、地域福祉、住民参加、協セクターの役割、福祉経営、ケアワークとジェンダー等について、経験データにもとづく分析をおこなった。ジェンダーと階層をめぐって、少子高齢社会と格差問題について、高齢者の格差、若年世代の格差、少子化対策とジェンダー公正の関係等についても、経験データにもとづいて、比較と検証をおこなった。福祉社会については、「自立」と「支援」のその理念をめぐって、その原理的な検討と歴史的な起源についても検討を加えた。文化と多元性の主題では、多文化主義と英語使用の問題、文化資源学における公共性、公共的な文化政策の実態と問題点について、研究を行ったほか、近代における宗教と政治の位置についてもアプローチした。また営利企業における公共性とは何かというテーマにも切り込んだ。環境については地球環境問題における「環境にやさしい」技術の関連を社会学的に分析し、新しい知見をもたらした。詳細は、科研費報告書『ジェンダー・福祉、環境、および多元主義に関する公共性の社会学的総合研究』を参照されたい。チームでとりくんだ4年間の成果にもとづき、現在東京大学出版会から『公共社会学の視座(仮題)』 (全3巻)をシリーズで年内に刊行するよう準備中である。
著者
吉野 耕作
出版者
関東社会学会
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.20, pp.2-12, 2007-07-31 (Released:2010-04-21)
参考文献数
18
被引用文献数
1 1

This article critically enquires into prevailing discourses on the rise of nationalism among the youth in Japan and proposes a sociological approach to an understanding of the situation involving them. Given the lack of sociological studies on this subject, empirical research is essential in order to understand the situation regarding youth and nationalism in present-day Japan. I have had valuable experiences of reflecting on the issue with students in university courses, who themselves conducted social research on the subject. The article reports two of such efforts. One is an attempt to look into the nature of problems of mass media in the creation and dissemination of discourses on the rise of nationalism. The other identified social processes that could generate nationalism such as those involved in the invention of the seemingly patriotic cheering style among soccer supporters. The article concludes with theoretical considerations, in which market-generated nationalism is contrasted with state-initiated nationalism.