著者
唐澤 太輔
出版者
早稲田大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

南方熊楠の「やりあて」(偶然の域を超えた発見や発明・的中)を可能たらしめている「場」の研究を中心に行った。その場とは「南方曼陀羅」における「理不思議」という領域であることを明らかにした。そして、統合失調症者に見られる様々な症状を比較対象とし、いわば「人間学的精神病理」の見地から研究を行った。自己と他者との境界・区別が曖昧になる領域を、自己と他者とをつなぐ「通路(パサージュ)」として捉え、その場に立ち、他者と交感し、さらに再び自己へと戻ることが、「やりあて」を可能にする条件の一つという結論を導き出した(『ソシオサイエンスvol.17』「南方熊楠の『大不思議』論-根源的な場に関する考察-」)。「やりあて」が可能になる場を「自他の区別が曖昧になる場」とする一方、自他を根底から支え、含み、さらに自他の内に含まれながらも、それらを超えている根源的な場を「自他融合の場」とし、それを「南方曼陀羅」における「大不思議」に見出した。そして、「大不思議」という、いわば「生命の根源的な場」を、熊楠と土宜法龍との間の往復書簡における言説から考察した。またCG.ユングの深層心理学を援用し、「南方曼陀羅」が熊楠の思想の核であると同時に、彼自身の心のカタルシス(浄化作用)としても機能していたのではないか-つまりこの曼陀羅を構築することで、彼自身の心に「統合性」が与えられていたのではないか-という新たな仮説を立て、考察を行った(『トランスパーソナル学研究vol.11』「南方曼陀羅への深層心理学的アプローチ-ユング心理学を手がかりに-」)。さらに、熊楠と彼の研究対象であった粘菌との関係から、熊楠が知り得たことを「内観」をキーワードに、研究・発表した、(「第9回日本トランスパーソナル学会大会」「南方熊楠の「内観」に関する考察-ユング心理学を援用して-」)。
著者
唐澤 太輔
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
2012-07

制度:新 ; 報告番号:甲3722号 ; 学位の種類:博士(学術) ; 授与年月日:2012/7/12 ; 主論文の冊数:1 ; 早大学位記番号:新6092
著者
唐澤 太輔
出版者
人体科学会
雑誌
人体科学 (ISSN:09182489)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.47-55, 2006

The purpose of this paper is to make clear the relation between "Tacit Knowledge", "Tact" and "Endocept". We sometimes can't express these human potentials clearly, but they exist certainly. What is Non-verbal Knowledge, in other wards "Tacit Knowledge", which is called by Michael Polanyi (1891-1976 Republic of Hungary)? In this thesis, I'll try to compare "Tacit Knowledge" with "Tact" by Kumagusu Minakata (1867-1941 Japan) and "Endocept" by Kazuko Tsurumi (1918-2006 Japan). And I'll try to find a clue of overcoming the modern science and build a creative knowledge. The construction of this paper is as follows: 1. An explanation and a study of "Tacit Knowledge". 2. Looking into "Mysteries of Li" and "Tact" through a few examples of Minakata's Discovery of algae, in other words "Yariate". About an indwelling and an interiorization which are the most important elements of carrying out "Tacit Knowledge". 3. A study about a relation of "Endocept" and creativity.
著者
唐澤 太輔
出版者
人体科学会
雑誌
人体科学 (ISSN:09182489)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.47-55, 2006-10-30 (Released:2018-03-01)

The purpose of this paper is to make clear the relation between "Tacit Knowledge", "Tact" and "Endocept". We sometimes can't express these human potentials clearly, but they exist certainly. What is Non-verbal Knowledge, in other wards "Tacit Knowledge", which is called by Michael Polanyi (1891-1976 Republic of Hungary)? In this thesis, I'll try to compare "Tacit Knowledge" with "Tact" by Kumagusu Minakata (1867-1941 Japan) and "Endocept" by Kazuko Tsurumi (1918-2006 Japan). And I'll try to find a clue of overcoming the modern science and build a creative knowledge. The construction of this paper is as follows: 1. An explanation and a study of "Tacit Knowledge". 2. Looking into "Mysteries of Li" and "Tact" through a few examples of Minakata's Discovery of algae, in other words "Yariate". About an indwelling and an interiorization which are the most important elements of carrying out "Tacit Knowledge". 3. A study about a relation of "Endocept" and creativity.