著者
坂井 建雄 澤井 直 瀧澤 利行 福島 統 島田 和幸
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.41, no.5, pp.337-346, 2010 (Released:2012-03-27)
参考文献数
19

要旨:1) 明治5年の学制から始まる医学教育制度と明治7年の医制から始まる医師資格付与制度の変遷をたどり,現在にまでいたる医学校の量的・質的な発展の過程を7つの時期に分けた.2) 明治初頭には従来開業の者にも申請により医師免許が認められた.医師免許を得るために医科大学ないし専門学校を卒業する途と開業試験に合格する途が大正期まで併存し,基準が不統一であった.3) 戦前の医学校は無試験で医師免許を得られる特典や,専門学校や大学への昇格を目指してきたが,帝国大学,医科大学,専門学校という異質なものを含んでおり,医学教育の水準は多様であった.4) 戦後に行われた医師国家試験の導入と新制大学の発足により,医学教育の質は均質化し,一定の質が保証されるようになった.5) 医学校の量的な拡大は,明治20年以前の変動期を除くと,大正8年からの12年間,昭和14年から終戦までの7年間,昭和45年からの10年間に集中しており,それ以外の時期では安定していた.
著者
芹田 透 工藤 宏幸 坂井 建雄
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.32, no.5, pp.675-681, 2017 (Released:2017-10-23)
参考文献数
41

〔目的〕肩関節の臨床症状評価の一助とするため,肉眼解剖手法により棘下筋に分布する動脈を観察した.〔対象と方法〕解剖実習遺体17体19側の棘下筋に分布する動脈の走行および分布領域を調査した.〔結果〕棘下筋に分布する主な動脈は肩甲上動脈と肩甲回旋動脈で,どちらも筋の内面を走行していた.肩甲上動脈が,上肩甲横靱帯と肩甲切痕で形成されるトンネル内を走行して棘下筋に達する例もあった.2動脈の分布領域は標本により異なった.〔結語〕棘下筋に分布する動脈には,深層を走行し,トンネル内を通過するなど,圧迫を受けやすい特徴がみられた.また,動脈分布形態は多様であり,臨床症状の個人差への影響が示唆された.
著者
本間 敏彦 坂井 建雄
出版者
Primate Society of Japan
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.25-31, 1992 (Released:2009-09-07)
参考文献数
23
被引用文献数
1

Anatomy of the intrinsic and extrinsic hand muscles concerning the thumb movement were studied in 6 primate species including tree shrews, slow lorises, a squirrel monkey, crab-eating monkeys, an orangutan and man. Four thenar muscles which represent the intrinsic muscles are found in all the species examined except for the tree shrews which lack M. opponens pollicis. This muscle effects an opposable movement of the thumb against the other fingers in the prosimians and the higher primates. The opposable movement which enables grasping of tools is most effective in the man. Among the four extrinsic muscles, M. extensor pollicis brevis (EPB) and M. flexor pollicis longus (FPL) are unique in the man. In the other species examined, the former is totally absent and the latter may be represented by a tendon coming from M. flexor digitorum profundus. EPB and FPL work together to flex specifically the phalangeal joint of the thumb without bending the other joints. Thereby FPL flexes the distal phalanx and the EPB stabilizes the proximal phalanx. In the other primates, flexion of the joint is inevitably accompanied by bending of the distal phalangeal joints of the other fingers, as seen in the human toes.
著者
坂井建雄著
出版者
筑摩書房
巻号頁・発行日
1999
著者
坂井 建雄
出版者
日本医史学会関西支部
雑誌
医譚 (ISSN:05360307)
巻号頁・発行日
no.92, pp.6158-6182, 2010-11
被引用文献数
1