著者
稲垣 良典
出版者
長崎純心大学・長崎純心大学短期大学部
雑誌
純心人文研究 (ISSN:13412027)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.1-24, 2005-03-01

I argue in this paper that, contrary to the widely accepted view that the philosophical concept of human person was first articulated in the modern philosophy, notably by J. Locke and I. Kant, the concept ot person became vacuous through the process of secularization in the modern period. After a clarification of the meaning of "secularization" through a reflection on the principle of the equality of all persons, I have attempted to substantiate my position through a critical reflection on the concept of "happiness" in Kant, and a brief analysis of the transformation of the idea of freedom in the modern period as compared to the middle ages.
著者
稲垣 良典
出版者
日本法哲学会
雑誌
法哲学年報 (ISSN:03872890)
巻号頁・発行日
vol.1966, pp.29-52, 1967-05-20 (Released:2009-02-12)
参考文献数
52
著者
稲垣 良典
出版者
日本哲学会
雑誌
哲学 (ISSN:03873358)
巻号頁・発行日
vol.1975, no.25, pp.199-206, 1975-05-01 (Released:2009-07-23)
著者
稲垣 良典
出版者
長崎純心大学・長崎純心大学短期大学部
雑誌
純心人文研究 (ISSN:13412027)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.25-42, 2008-03

In this paper, which is to be a part of my project of a systematic philosophy of human person, I have tried to present a more positive and complete ethics of human person, overcoming the negative character of the Kantian ethics of human person. The "dignity" of human person seems to be acknowledged almost universally, and its violation in every form is strictly and unconditionally forbidden. We hardly find, however, an adequate and full treatment of the ethical problem of the positive and fruitful way of living as a person. For example, although we often speak of "the formation of person" as the central educational objective, the exact ethical meaning of the "formation" of human person is extremely difficult to clarify. Another difficult problem of the ethics of human person is the possibility and the right way of loving human person as person. I have attempted to provide an answer to these problems through an examination of the "social" virtue of justice, particularly the general virtue of legal justice which has the common good as its proper object.
著者
稲垣 良典
出版者
九州大学文学部
雑誌
哲学年報 (ISSN:04928199)
巻号頁・発行日
no.39, pp.p1-25, 1980-03
著者
稲垣 良典
巻号頁・発行日
1987 (Released:1987-04-01)

(1)オッカムの認識理論に関しては, まず感覚と知性との関係, および人間的認識の生成ないし展開における両者の役割をあきらかにすることを研究目標とした. 13・14世紀において感覚的認識の生成を説明するために広く援用されたスペキエス理論(species sensibilis可感的形象)をオッカムが斥けた理由をあきらかにするため, ロバート・グローステスト, ロージャー・ベイコンなどにおけるスペキエス理論を原典について考察した. その結果, スペキエス理論は当時, 物理的因果作用の一般理論にまでたかめられる傾向があったことをつきとめたが, すでにJ.ドゥンス・スコートウスにおいてこのような物理的(自然学的)因果作用の理論によっては認識の生成は解明できないことが洞察されており, オッカムも基本的にスコートウスのスペキエス否定の立場を継承しつつ, それを更に徹底せしめているとの見通しをえた. しかし, オッカム自身が認識の生成を説明するために導入している因果性の概念については, それをいかに理解すべきかは今後の課題として残っている.(2)感覚的認識と知性的認識との関係については, オッカムにおいては感覚的認識から出発しつつ, いかにして知性的認識が形成されるかという問題, すなわち知性認識の可能性もしくは成立根拠の問題は問題として提起されていないことが注目される. このため, たとえばトマス・アクィナスにおいて見出されるような抽象理論はオッカムにおいては不在であり, いわゆる能動知性による抽象は明確に斥けられている. 認識理論における中世から近世への大きなパラダイム変換は, おそらくトマスとオッカムの間に起っているのではないかと想定される.(3)学問論においてはトマスにおける中心概念である形相的対象(objectum formale)の概念はオッカムにおいて完全に排除されており, ここにもパラダイム変換が推定される.

1 0 0 0 OA 自然法の論理

著者
稲垣 良典
出版者
日本法哲学会
雑誌
法哲学年報 (ISSN:03872890)
巻号頁・発行日
vol.1960, pp.77-109, 1961-08-30 (Released:2009-02-12)
参考文献数
70
著者
稲垣 良典
出版者
長崎純心大学・長崎純心大学短期大学部
雑誌
純心人文研究 (ISSN:13412027)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.1-18, 2007-03-01
被引用文献数
1

In this paper, which is a part of my projected monograph on a philosophy of human person, I have attempted to clarify the essence of human person, namely that which makes the human person precisely "person." In this consideration of the "person-ness" of human person, I have tried, above all, to unify the seemingly contradictory aspects of "person-ness, " namely the subsisting individuality and the relatedness or the capacity of communication. The ontological consideration of human person which I have pursued in this paper, presupposes and requires a radical change in our way of ontological thinking. I propose to call this change "the personalist turn" in ontology.