著者
橋本 啓史 須川 恒 西野 麻知子 石川 俊之
出版者
「野生生物と社会」学会
雑誌
野生生物保護 (ISSN:13418777)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1-2, pp.15-29, 2013-07-01 (Released:2017-09-07)
参考文献数
40

We studied the impacts of human disturbances by boats on wintering waterbirds at 2 sites, in the North and South of Lake Biwa, a Ramsar wetland in Shiga Prefecture, Japan. Most land-feeding ducks (Anas platyrhynchos, An. poecilorhyncha, An. crecca, and An. formosd) slept offshore during the daytime. Herbivorous ducks (An. penelope, An. strepera, and An, falcata) foraged on the water surface. Diving herbivorous waterbirds (Fulica atra) foraged by diving offshore in the North, and by surface-feeding over a wide area of the water surface in the South. Most diving ducks (Ayihya ferina, Ay. fuligula, Ay. marila, and Bucephala clangula) slept on the water surface near the shoreline during the daytime, and some individuals started diving to forage in the afternoon. At both sites, waterbirds were often disturbed by fishing boats. Some birds flew away from the disturbance, but the species foraging in the daytime tended to come back to the same area and resume foraging promptly, whereas the species sleeping in the daytime tended not to come back.
著者
深井 宣男 須川 恒 千葉 晃 尾崎 清明
出版者
The Japanese Bird Banding Association
雑誌
日本鳥類標識協会誌 (ISSN:09144307)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.8-36, 2010
被引用文献数
2

1998~2000年に実施された日露共同標識調査の結果から,優占種,日周変化,再捕獲記録,主な種の渡り時期について解析した.3年間で合計46種5,278羽が標識放鳥され,21種361羽が再捕獲された.優占種は,カシラダカ,コガラ,メボソムシクイ,オジロビタキ,オオジュリンであった.日本での捕獲数との比較から,オジロビタキとアカマシコはカムチャツカ半島からオホーツク海を越えて大陸沿いに南下するものと推定される.種別の日周変化では,シマゴマなどの朝型,マミチャジナイの朝夕型,オオジュリンなどの午前型,オジロビタキなどの平均型の4つに類別された.移動後回収の記録はオオジュリンで18例あり,日本での回収地および放鳥地は宮城県から宮崎県まで広範囲に及んだことから,日本各地で越冬するオオジュリンにとって,カムチャツカ半島が重要な繁殖地の一つであることが再確認された.渡りの時期には,換羽様式などさまざまな要因が関係していると考えられる.成鳥が繁殖地で完全換羽をおこなうオジロビタキ,カシラダカ,オオジュリンでは幼鳥が先に渡り,越冬地で換羽をおこなうアカマシコ,メボソムシクイでは成鳥が先に渡ることがわかった.体重や皮下脂肪量との関係では,成鳥の渡りのピークは脂肪量の増加とほぼ一致していたが,幼鳥の体重と脂肪量の増加はピークから10日ほど遅れていた.成鳥の渡り期間に比べ幼鳥の渡りの期間が長いのは,体重や脂肪量の増加が渡りのピークとずれていることが関係している可能性が考えられた.