言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 3 posts)

このエピソードの出典は『信長公記』という、織田信長の一代記ですね。 著者は信長に仕えていた太田牛一なる侍で、同時代の記録として史料的な価値は高いとされています。 『信長公記』 巻之十五 / 明智日向守逆心之事 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920322/185 (左ページ・最後から5行目より) ざっくりと訳してみます。 5月27日に ...
岡吉正のWikipediaを見ると、「本願寺攻めの陣頭に立つ信長を狙撃し、彼の大腿部に重傷を負わせた。」と書かれています。 たしかにこの記述は大げさで、すこぶる怪しいですね。 織田信長が雑賀衆に鉄砲で狙撃されたのは、天正4年(1576年)5月の天王寺の戦いでの出来事です。 「信長公記」では、以下のように書かれています。(コマ番号122/417) http://dl.ndl.go.jp/info:n ...
Wikipediaにも書かれているように、情報源は「信長公記」です。(コマ番号74/417) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920322/60?viewMode= また、「信長公記」ほどの信憑性はないかもしれませんが、江戸時代に著わされた豊臣秀吉の伝記である「真書太閤記」にも、山口親子と戸部新十郎のことが詳細に描かれています。(コマ番号95 ...

レファレンス協同データベース (2 libraries, 3 posts)

太田牛一著『信長公記』の原文が見たい。
以下の二人について記述のある文献はあるか。二人の関係が分かるような資料があればなおよい。 1.松野平助(介とも書く) 信長の家臣であり、吉田松陰の家の始祖にあたる人物 2.松野利右衛門 『穂積町史 史料編』pp.392-394に記載あり。下穂積村(現:岐阜県瑞穂市穂積)に住んでいたらしく、何代も続く名前のようだが、どの代についての記載でもかまわない。
江戸中期の儒学者・蘭学者青木昆陽の父「佃屋半右衛門」の出身は、江戸か近江か。 ・『広辞苑』昭和53年第二版補訂版には、青木昆陽は「近江の人」との記載あり。 ・『広辞苑』2008年第六版では「江戸の人」との記載あり。 ・『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社)には「青木昆陽は江戸日本橋で佃屋と称する魚問屋に生まれた。」とあり。 江戸時代、近江八幡出身の近江商人の中に「佃屋」という屋号は ...

Twitter (24 users, 45 posts, 42 favorites)

メモ 「信長公記」 https://t.co/g42nzcpJF2 3月7日の項目に一条右衛門大輔が亡くなったとある。 今福筑前守・小山田出羽守の名前があるので、信長公記受領・官途名の変化を把握している。でも、小山田信茂が3月7日に亡くなった事になっている。 一条蔵人…… https://t.co/k9xo2aZtJ3
牧庵!(ただし最期は溺死)https://t.co/Fcd8W4WcJV
大日本史料の信長記(太田牛一)は青木隼人佐を青木吉永と考えている https://t.co/xBqD9e091F 信長公記(太田牛一)では青木隼人佐 https://t.co/RF2TSkJkfB 信長記(小瀬甫庵)も青木隼人の佐 https://t.co/VdoNtYBQyG
「信長公記」 https://t.co/J5NtLOTpHS 六月五日 武田四郎勝頼 遠州高天神城 小笠原 御身方として居城候を相働取巻の由注進候則後詰として 六月十四日 信長公 御父子濃州岐阜を打立十七日三州の内吉田の城坂井(酒井)左衛門尉所に至て御着陣
日蔵が松尾大社で二十一日間練行念誦したら、一人の老人が来て日蔵を叱咤し、社殿の中から「毘婆尸仏」と声がしたという話が好きです。 https://t.co/lwmtCA4vYg https://t.co/u18CvfBZLq
国会図書館のデジタルライブラリで原文を確認。お教え下さった方ありがとうございます
織田信忠の事例 「信長公記」 https://t.co/DJuEBEHZ6W… 七月十九日 信長公之嫡男 奇妙公 御具足初に信長被㋹成₂御同心₁ 「信長記」 https://t.co/aEymyilmGa… 同じく七月十九日に信長卿の嫡男奇妙御曹司(後に城之介信忠と号す)、具足始めあつて
「三河物語」での記述 ・私の読解が合っているか分からないが、岩村城が武田方になったのは天正元年~天正2年4月の間? しかも顛末まで書いている ・おつやの方が信長を裏切った ・おつやの方は小牧山で成敗された ・あすけのくちは「信長公記」の天正3年3月下旬の事? https://t.co/lf0AXUhh7G
天正二年という単語が記憶にあり、気になるのでメモします 「信長公記」 https://t.co/C3H7YR7wlM (天正二年)正月廿七日 武田四郎勝頼 岩村口相働 (信長親子が救援に向かったが、既に城が落ちたから岐阜帰城とある)
「信長公記」 https://t.co/1IZlluP3vM (天正9年)十一月二十四日 犬山之お坊 安土に至て初而御礼これは先年 武田信玄と御入魂之筋目在之刻 信長公末子を養子仕度之由候て甲斐国へ御出候を終に和議無之候て送申候御子にて候を犬山へ城主になし申され候
「信長公記」 https://t.co/RMe5qdr1JQ (天正三年)八月廿一日 秋山 大島 座光寺 御赦免の御礼申上候を召捕濃州岐阜へ被召寄右三人長良の河原に張付に被懸置
〇2027に信長が東美濃に出張しているので、信玄公は秋山虎繁に遠江・三河の事は別の人に任し、信長を追い払うように命じています(元亀4年3月6日) 「信長公記」 https://t.co/soApeC07dE https://t.co/UP5ew6p5V4 何かあった時期なのに岩村に関する記述は無いです。
〇2027に信長が東美濃に出張しているので、信玄公は秋山虎繁に遠江・三河の事は別の人に任し、信長を追い払うように命じています(元亀4年3月6日) 「信長公記」 https://t.co/soApeC07dE https://t.co/UP5ew6p5V4 何かあった時期なのに岩村に関する記述は無いです。
長篠の戦いでの武田信豊公 「信長公記」太田牛一 https://t.co/iF1NEQLBe8 「信長記」小瀬甫庵 https://t.co/eQyXfbP6s8 小瀬甫庵ですが、こちらの方が読みやすいです。
川角太閤記 ~備中国高松撤退のこと~ に「八郎殿内五人の年寄衆 岡豊前、明石飛騨正、戸川平右衛門、花房助兵衛、長船又左衛門」宇喜多五人衆と書かれていて萌える https://t.co/3twUwmop0K
https://t.co/IQUsDm8iK4 『川角太閤記』は、『元就記』と内容が一致していて、『元就記』は西川原角左衛門の著というから、西「川」原「角」左衛門の「太閤記」で『川角太閤記』だろうから、「川角」の読み方は、「かわづの」ではなく「かわかく」が正しいだろうという黒川真頼の考察。
こっちのほうが見やすそう。 『改訂 史籍集覧』第19冊 明治34年4月25日印刷 4月30日発行 大正10年4月20日3版印刷発行 近藤出版部 https://t.co/owgg4Xjzf4
川角太閤記では、山崎の合戦のとき、秀吉方は、光秀の陣中近くの民家の空き家に、しのびをまぎれこませていた。もし明智方が夜襲を仕掛けようとして軍勢を動かしたら、しのびは、小さい空き家を一つだけ焼いて知らせる手はず。 https://t.co/Vy6izn8FuS https://t.co/FqpISBkfcD
川角太閤記では、山崎の合戦のとき、秀吉方は、光秀の陣中近くの民家の空き家に、しのびをまぎれこませていた。もし明智方が夜襲を仕掛けようとして軍勢を動かしたら、しのびは、小さい空き家を一つだけ焼いて知らせる手はず。 https://t.co/Vy6izn8FuS https://t.co/FqpISBkfcD
史籍集覧 19収録の、第六 川角太閤記 巻四。 https://t.co/6Y80ZmSIcO このあたり小田原征伐。あっさり。
https://t.co/NzFwc8vCyz 一方、かつて松永殿が大和の信貴山の城にて切腹したときは、"ひらくもの釜と我等の頸と二ツハ信長殿御目に掛けましきとて みしんこはいに打わる 言葉少も相たかわす 頸は鉄炮の薬にて やきわり みしんに くたけけれは ひらくもの釜と同前也"
『川角太閤記』『改訂 史籍集覧 第十九冊』近藤出版部 明治34年4月25日印刷 4月30日発行 大正10年4月20日 3版印刷発行 https://t.co/AOMieSo6xv "てんしゅへ取て返し 道具とも取出し あら身 国行の刀 吉光の脇差 きたふの墨跡 是を夜の物に包み目録を添 いかに よせ手の人〳〵へ申候
https://t.co/jfHDNylel1 信長公記。織田の中国攻め。上月城の戦い。天正6年5月24日 竹中半兵衛に投降した備前国八幡山の城主って明石行雄?備前国八幡山の城主…。これ、西播磨の有年にある八幡山城(有年山城)だと腑に落ちるんだが…。
織田信忠も「鹿之角の御立物」だったな… https://t.co/KCxDhvqc4e https://t.co/x0U4DSK5FR
とりあえず、さっきの平維茂の件だけど、 http://t.co/sllxkyL2ka この文献の二十七ページ六行目から記述がって、これがwikiの出典となった資料(写本か翻刻されたものかはわからんが)で、恵心院僧都源信については資料当たらないといけないんだけど今日はもう疲れた
@yuuri_BNE 一番古そうなこれhttp://t.co/EuqPPM9XNg はアマゾンさんでも置いてないのね。

Wikipedia (17 pages, 25 posts, 8 contributors)

編集者: Quark Logo
2017-04-21 23:22:34 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Quark Logo
2022-04-04 22:24:28 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Quark Logo
2015-07-23 08:18:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Tengoro
2015-08-18 00:52:37 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト