29 0 0 0 OA 豆腐百珍

著者
醒狂道人何必醇 輯
出版者
藤屋善七
巻号頁・発行日
vol.[正編], 1782

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 44 posts, 12 favorites)

@seika8sub 87番(https://t.co/WVwy7Sxb2H) 噄素《しょうじん》のにぬき豆乳《とうふ》 右の煮調《にうげ?ん》に同じく昆布乃達失汁《だしじる》に秦椒《さんしょう》を加へ終日煮る秦椒を加ふるを?决《くでん》へ?昆布をだす先《はじめ》より入るべし
@seika8sub 86番(https://t.co/WVwy7Sxb2H) 煮熟《にぬき》とうふ 鰹脯《かつお》(※かつおぶしの意)のだし汁にて尤炭火《すみびの》文武火《つよ〇〇ぬひ》(※強火と弱火の意と思う)を用ひ終日《いちにち》あさよりくれまで煮る豆腐〇〇候也
豆腐料理が載る書物では、室町時代の『大草家料理書』が古いものとして知られていますが、豆腐というとやはり『豆腐百珍』を読みたくなります。 https://t.co/6cQf2gnfIf https://t.co/uyY0SspQ2a https://t.co/WiJvUSODCb
豆腐料理が載る書物では、室町時代の『大草家料理書』が古いものとして知られていますが、豆腐というとやはり『豆腐百珍』を読みたくなります。 https://t.co/6cQf2gnfIf https://t.co/uyY0SspQ2a https://t.co/WiJvUSODCb
TLで豆腐百珍の名前を見かけたので国会図書館デジタルコレクションのリンクを。 https://t.co/2TgtHA3wVS さくっと確認できて便利よね。
10月2日は #豆腐の日。江戸時代には豆腐の調理法100種を紹介した『豆腐百珍』が大人気を博しました。尋常品、通品、佳品、奇品、妙品、絶品の六段階で難易度が上がる中、絶品に掲載されているのはなんと「湯やっこ」。 >豆腐百珍[正編] http://t.co/R6jUSOCFLw
国立国会図書館「豆腐百珍」 http://t.co/Acwuf7FzVr もしやと思って検索したら出てきた。他の百珍物もあるだろうか。
久々に豆腐百珍。縮緬豆腐で晩酌。うどんのように切った豆腐を蒸す。豆腐百珍は国会図書館の原本を覗いて見てみるのも面白い。http://t.co/8sf89hxNov
「うどん豆腐」で検索したらすぐ豆腐百珍でてきた。こちらはデジタル化された江戸時代刊行本の記載箇所。(http://t.co/eYrHqJz9EQ) / “江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?[…” http://t.co/ITrM1CQ27z

収集済み URL リスト

http://dl.ndl.go.jp/view/jpegOutput?itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F2536494&contentNo=5&outputScale=1 (13)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494/1 (13)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494 (13)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494/32 (2)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494/37 (1)