14 0 0 0 OA 蜀山人全集

著者
大田南畝 著
出版者
吉川弘文館
巻号頁・発行日
vol.巻3, 1908

言及状況

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

『瓊浦又綴』を見たい。

Twitter (12 users, 12 posts, 4 favorites)

浅間山の噴火というと、天明の大噴火での鎌原観音堂での悲話が有名だったりしますが、逃げ込んだ土蔵ごと生き埋めになったけど、偶然33年後に発見された人の話もあったりして、それはまたちょっと違った興味をそそるエピソードですね。『蜀山人全集/半日閑話』303〜4頁より。 https://t.co/ecjfLtjb2i https://t.co/DWLnwiaKFk
飲用時の記述があるらしく(確認:蜀山人(=南畝)の全集、第3巻625頁、国会図書館デジタルライブラリ317コマ目 https://t.co/j9NAik3KSd )、また、神戸の放香堂は1874年からコーヒー等を扱い始めていた等、例えば坪内逍遥『小説神髄』(1885-1886刊行)よりも早くから喫茶店は日本にもあったようで、
@hiyowana_yagi こんばんは、遅くなりました。 とりあえず「半日閑話」で検索したところ、『蜀山人全集』(蜀山人は大田南畝の別号)という明治41年の書物のデジタルアーカイブが出てきまして、そこで原文を確認することができました。 左上のコマ番号132~133にかけての記事です。 https://t.co/w9azhKGAwp https://t.co/GzzoLhzYcM
ああ、すでにTambeさんが挙げてましたか。近デジで『瓊浦又綴』の該当箇所読めるんですね。 http://t.co/DI5iL2vvva … @y_tambe @tricken http://t.co/KcUbl7CkIv
@tricken 蜀山人全集・巻3 http://t.co/mdTsxdDkbS
NDL 「半日閑話」 http://t.co/EgHp3Tva21
太田南畝の「カウヒイ」についての記述 http://t.co/M77VLOer2d

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト