著者
増田 隆一
出版者
北海道大学総合博物館
雑誌
北海道大学総合博物館研究報告 (ISSN:1348169X)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.103-108, 2013-03

Previous studies by our group have been summarized in this paper. To understand the genetic status of the Okhotsk people who lived in the southern coastal regions of the Okhotsk Sea between the fifth and twelfth centuries, nucleotide polymorphisms in hypervariable regions I and II (HVR I and HVR II) and the coding regions of mitochondrial DNA (mtDNA) were investigated. MtDNA haplogroups of the Okhotsk people examined were classified according to mtDNA lineages previously reported in northeastern Asians. The comparison of mtDNA haplogroup frequencies between the Okhotsk people and other Asian populations revealed that the genetic structures of the Okhotsk people are similar to those of populations currently living around the lower regions of the Amur River and the Ainu in Hokkaido. These results support our previous study on molecular phylogeny of only HVR I sequences in mtDNA (Sato et al. 2007), and strongly show that the Okhotsk people could have originated around lower regions of the Amur River and played the role of intermediate for gene flow from the continental-Sakhalin people to the Ainu (Sato et al. 2009a). To study further the genetic characteristics of the ancient people around Hokkaido, allele frequencies of the adenosine triphosphate-binding cassette sub-family C11 (ABCC11) gene, which determines the earwax phenotypes (dry or wet type), were analyzed. Interestingly, one homozygote for the 27-bp deletion in the ABCC11 gene was found first in the Epi-Jomon. Exact tests of people differentiation (including the previously reported data on modern people) showed that allele frequencies of the ABCC11 gene between the Jomon people and Ainu were significantly different statistically, whereas those between the Jomon and Epi- Jomon and those between the Epi-Jomon and Ainu were not significantly different. These results suggest that the Epi-Jomon people in Hokkaido were genetically affected by the Okhotsk people who possessed high frequency of allele A (recessive dry allele) of the ABCC11 locus (Sato et al. 2009b; Kazuta et al. 2011). On temporal genetic changes in ancient people of Hokkaido, the result of the ABCC11 analysis supports mtDNA haplogrouping.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

Twitter (28 users, 31 posts, 33 favorites)

@sports_hoo 縄文人の直系なら、何故アイヌは縄文文化を持たないの? 何故アイヌは土器の技術が無かったの? 何故アイヌは石器の技術が無いの? 貝塚を作り竪穴式住居に住んでいたのは誰? 平取アイヌDNAに20%も含まれるオホーツク人のハプログループY1はいつどうして混ざったの? https://t.co/RKldH7yiG7 https://t.co/CE9t2RaYMD
@180shanghai この図がどこからきたものかCが何を指すのかよくわからないけど、ハプログループYという遺伝子がアイヌには20%入ってて、本州人には1%未満って話。北海道縄文人と続縄文人には見つかってないそうだから、オホーツク人との混血はそれ以後なんだなとわかる。https://t.co/HEl86qInkZ
@rosswise まだ続けます? 先住民は縄文人です。 DNAは嘘つかない☺️ https://t.co/Ccz24O6a8y https://t.co/lLuduIABNT
遺伝的特徴から見たオホーツク人——­大陸と北海道の間の交流 https://t.co/HDb8Cjxj9Q
13世紀にアイヌが成立するより前の時代には、縄文人・擦文人が住んでいたので先住民族ではないのでは⁉️ しかもこの文献によるとその縄文人や擦文人とオホーツク人との混血がアイヌと。 https://t.co/HDb8Cjxj9Q なぜ研究途中なのに先住民と認められ、法律まで出来てしまったのか疑問です
@hitoshi44867230 アイヌ文化は13世紀に成立したといわれていますね。鎌倉時代です。元々、縄文人が住んでいて、その後に擦文人とオホーツク人と混血してアイヌとなったといわれています。 なので、アイヌは先住民族ではないですね❗️ 遺伝的特徴から見たオホーツク人——­大陸と北海道の間の交流 https://t.co/HDb8Cjxj9Q https://t.co/cLUh4VhCO1
@onoderamasaru 小野寺先生、取り上げて下さってありがとうございます❗️ ウポポイができるまでアイヌ民族について全く知らずに来ました。まだまだ勉強が足りない様ですね
@NaraAkinara @xiongmao53 ちゃんと読めば。北海道大学総合博物館研究報告。 https://t.co/hvN09EefhL' 「民族」とハプログループの違いが理解できないのなら、無理しないほうがいい。
@NaraAkinara @Bell_Boyd 失礼しました。オホーツク人は5世紀〜13世紀にかけて、北海道にいた人たちでしたね。アメリカへは、その遥か前のお話と。 https://t.co/foGsFObtCS https://t.co/fDkn1gRbPS
@kUghNtyRhSMRULY @wittgenstein00 この文献だとアイヌは単なる混血の一種になってしまいます 遺伝で別けると日本人のくくりが消滅すると思います。 日本人は地域・島ごとにDNAに特徴があります。 NowBrowsing: 遺伝的特徴から見たオホーツク人 : 大陸と北海道の間の交流: https://t.co/cmhLEOv6jk
出典:北海道大学学術成果コレクションHUSCAP 遺伝的特徴から見たオホーツク人:大陸と北海道の間の交流/著者:増田隆一 https://t.co/ktm4MUr02K アムール河下流域集団であるウリチ,ネギダール,北海道のアイヌに近縁であることを示している.北海道縄文人,続縄文人はハプログループ Y が検出されていない https://t.co/IVPFy4R4Lz
@oku3ma3 @subutanon 人種も違う、ってアイヌはオホーツク人混じりなんですか? 文化も含めて中世まで遡って、日本人みなで大陸由来だオホーツクだ縄文だと分けまくるのですか?https://t.co/irpv5kSpM9 中世ころに成立した比較的新しい「民族」でも分ける? https://t.co/R39CFbbwOG

収集済み URL リスト