著者
加藤 博文 石田 肇 吉田 邦夫 佐藤 孝雄 米延 仁志 ハドソン マーク 米田 穰 安達 登 増田 隆一 長沼 正樹 深瀬 均 木山 克彦 江田 真毅 岡田 真弓 木山 克彦 江田 真毅 岡田 真弓 長沼 正樹
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2012-10-31

本研究では、アイヌの集団的・文化的形成過程において海洋狩猟民文化の強い影響が社会文化伝統にも、集団的にも、存在したことを示唆する豊富な資料を提供することができた。浜中2遺跡の調査では、海獣儀礼の伝統が先行する先史文化から連続して継承、発展されアイヌ文化の中へ取り込まれていくことが考古学的に提示された。集団的な系統性については、先行研究で示唆されていたオホーツク文化の関与を補強する資料を得ることができた。提示されたアイヌ民族の集団形成性の複雑さは、集団のアイデンティティの形成過程や変遷についても、社会・経済・政治的文脈での検討の必要性を示唆している。今後も得られた資料の調査研究を進めていく。
著者
増田 隆一
出版者
Tokyo Geographical Society
雑誌
地学雑誌 (ISSN:0022135X)
巻号頁・発行日
vol.105, no.3, pp.354-363, 1996-06-25 (Released:2009-11-12)
参考文献数
30
被引用文献数
1 1

The richness of fauna diversity is seen on the Japanese Islands, which range through 3, 000 km. When and from where have theanimals immigrated to Japan? Also, for understanding natural history of the Japanese Islands, it is very importantto investigate evolutinary history and origin of animals distributed on each island. While the evolutionary questions have been paleontologically and geologically examined so far, some of them are still unclear. Recent development of molecular phylogenetic study provides a reliable sight to understanding evolutionary history and origin of species. Advantageously, molecular study can analyze phylogeny of living species without fossil data.In Japan, two wildcats, the Iriomote cat and the Tsushima cat, live on the Iriomote Island and the Tsushima Island, respectively, where land bridges between the Asian continent and the Japanese Islands were present in the past time. To know evolution of these wildcats gives us useful information for better understanding of natural history of the Japanese Islands. Moreover, because both the wildcats are now endangered, it is now strongly needed to understand phylogenetic status of them for conservation and management. For the reason, we investigated molecular phylongeny of the two wildcats based on mitochondrial DNA sequences, and revealed that both the wildcats are very closely related to the leopard cat Felis bengalensis, which is widespread throughout Asia. Furthermore, from the DNA data, the Iriomote cat and the Tsushima cat were estimated to have diverged from the continental leopard cat approximately 200, 000 and 100, 000 years before present, respectively. The dates estimated by molecular data were in concordance with formation dates of the Ryukyu Arc and the Tsushima Island, respectively. These results suggest that geographic barrier has led fixation of some unique morphological characters into each cat population, while the two Japanese wildcats are still genetically close to the continental leopard cat.
著者
増田 隆一
出版者
北海道大学総合博物館
雑誌
北海道大学総合博物館研究報告 (ISSN:1348169X)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.103-108, 2013-03

Previous studies by our group have been summarized in this paper. To understand the genetic status of the Okhotsk people who lived in the southern coastal regions of the Okhotsk Sea between the fifth and twelfth centuries, nucleotide polymorphisms in hypervariable regions I and II (HVR I and HVR II) and the coding regions of mitochondrial DNA (mtDNA) were investigated. MtDNA haplogroups of the Okhotsk people examined were classified according to mtDNA lineages previously reported in northeastern Asians. The comparison of mtDNA haplogroup frequencies between the Okhotsk people and other Asian populations revealed that the genetic structures of the Okhotsk people are similar to those of populations currently living around the lower regions of the Amur River and the Ainu in Hokkaido. These results support our previous study on molecular phylogeny of only HVR I sequences in mtDNA (Sato et al. 2007), and strongly show that the Okhotsk people could have originated around lower regions of the Amur River and played the role of intermediate for gene flow from the continental-Sakhalin people to the Ainu (Sato et al. 2009a). To study further the genetic characteristics of the ancient people around Hokkaido, allele frequencies of the adenosine triphosphate-binding cassette sub-family C11 (ABCC11) gene, which determines the earwax phenotypes (dry or wet type), were analyzed. Interestingly, one homozygote for the 27-bp deletion in the ABCC11 gene was found first in the Epi-Jomon. Exact tests of people differentiation (including the previously reported data on modern people) showed that allele frequencies of the ABCC11 gene between the Jomon people and Ainu were significantly different statistically, whereas those between the Jomon and Epi- Jomon and those between the Epi-Jomon and Ainu were not significantly different. These results suggest that the Epi-Jomon people in Hokkaido were genetically affected by the Okhotsk people who possessed high frequency of allele A (recessive dry allele) of the ABCC11 locus (Sato et al. 2009b; Kazuta et al. 2011). On temporal genetic changes in ancient people of Hokkaido, the result of the ABCC11 analysis supports mtDNA haplogrouping.
著者
石田 肇 百々 幸雄 天野 哲也 埴原 恒彦 松村 博文 増田 隆一 米田 穣
出版者
琉球大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2006

オホーツク文化人骨の形態解析とDNA分析の結果、北東アジア、とくにアムール川流域を起源としていること、mtDNAのハプログループYは、アムール川下流域集団の祖先からオホーツク文化人を経由してアイヌへともたらされたことが示唆された。また、食生活では栄養段階の高い大型魚類や海生ほ乳類を主要なタンパク質として多く利用していたことが示された。変形性関節症の頻度分布からも、生業との関連性が示唆された。アイヌ民族のイオマンテ型儀礼は続縄文文化・オホーツク文化にまでさかのぼる可能性が大きいことを示した。
著者
増田 隆一
巻号頁・発行日
pp.32-37, 2012-03-31

新しいアイヌ史の構築 : 先史編・古代編・中世編 : 「新しいアイヌ史の構築」プロジェクト報告書2012

1 0 0 0 生物学

著者
高畑雅一 増田隆一 北田一博[著]
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
2013
著者
増田 隆一
出版者
公益社団法人 東京地学協会
雑誌
地學雜誌 (ISSN:0022135X)
巻号頁・発行日
vol.105, no.3, pp.354-363, 1996-06-25
参考文献数
29
被引用文献数
1

The richness of fauna diversity is seen on the Japanese Islands, which range through 3, 000 km. When and from where have theanimals immigrated to Japan? Also, for understanding natural history of the Japanese Islands, it is very importantto investigate evolutinary history and origin of animals distributed on each island. While the evolutionary questions have been paleontologically and geologically examined so far, some of them are still unclear. Recent development of molecular phylogenetic study provides a reliable sight to understanding evolutionary history and origin of species. Advantageously, molecular study can analyze phylogeny of living species without fossil data.<BR>In Japan, two wildcats, the Iriomote cat and the Tsushima cat, live on the Iriomote Island and the Tsushima Island, respectively, where land bridges between the Asian continent and the Japanese Islands were present in the past time. To know evolution of these wildcats gives us useful information for better understanding of natural history of the Japanese Islands. Moreover, because both the wildcats are now endangered, it is now strongly needed to understand phylogenetic status of them for conservation and management. For the reason, we investigated molecular phylongeny of the two wildcats based on mitochondrial DNA sequences, and revealed that both the wildcats are very closely related to the leopard cat <I>Felis bengalensis</I>, which is widespread throughout Asia. Furthermore, from the DNA data, the Iriomote cat and the Tsushima cat were estimated to have diverged from the continental leopard cat approximately 200, 000 and 100, 000 years before present, respectively. The dates estimated by molecular data were in concordance with formation dates of the Ryukyu Arc and the Tsushima Island, respectively. These results suggest that geographic barrier has led fixation of some unique morphological characters into each cat population, while the two Japanese wildcats are still genetically close to the continental leopard cat.
著者
村田 浩一 増田 隆一
出版者
社団法人日本獣医学会
雑誌
The journal of veterinary medical science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.58, no.12, pp.1157-1159, 1996-12-25
被引用文献数
3

外生殖器の形態からは性を判別し難いフタユビナマケモノ(Choloepus didactylus)のY染色体上性決定遺伝子(SRY)を合成酵素連鎖反応(PCR)増幅し, 仔の性鑑別をおこなった. 5ヶ月齢の仔および対照とした両親から毛を採取しDNAを抽出した. 仔および父親からSRY断片(216塩基対)がPCR増幅されたが, 母親からは増幅されなかった. ナマケモノのPCR増幅産物(166塩基対)の塩基配列を決定し, すでに報告されている他の哺乳類のSRY遺伝子配列と比較した. ナマケモノのPCR増幅産物にはそれらの遺伝子と高い相同性がみられ(74.1-86.8%), アミノ酸レベルでも同様であった(63.6-85.5%). このことから, ナマケモノのPCR増幅産物はSRY遺伝子の一部であることが推察され, 哺乳類の間で高い保存性をもっていることが分かった. この結果から仔の性別は雄と判定された. ナマケモノの毛を用いたPCR法による性鑑別は動物園での繁殖計画に役立つものである. 知る限りにおいて,貧歯目のSRY遺伝子配列に関する報告は本報が初である.
著者
ルンカ グリシュダ シリアロンラット ボリパット カンワンポン ダオルン 増田 隆一
出版者
日本野生動物医学会
雑誌
Japanese journal of zoo and wildlife medicine (ISSN:13426133)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.39-43, 1999-03

約30年前, タイ農業組合省林産公団は子ゾウ訓練学校(YETS)を創立した。創立目的は, 森林伐採に使用する若い使役ゾウの訓練と子ゾウを保育することであった。最近, この訓練学校は拡張され, 名前もタイ国立ゾウ保護センターと改称された。このセンターの名称と役割は, タイにおけるゾウの保全のために再度検討されたのである。現在のゾウ保護センターの活動は, 保全対策, ゾウ使いとゾウの訓練, 治療活動, およびツーリズムを管理していくことである。その他, 移動式のゾウ病院, 学校生徒の見学会, ゾウに関する展示館など市民に向けた活動も行っている。さらに, 繁殖計画および家畜ゾウの野生復帰計画も最近の研究目的となっている。センターの年間経費は1, 300万タイバーツであり, そのうち約700万タイバーツが林産公団から支給されている。残りの経費は, NGO, 寄付, またはツーリズムによる収入によって支えられている。
著者
シリアロンラット ボリパット アンカワニシュ タウィポケ カンワンポン ダオルン 増田 隆一
出版者
日本野生動物医学会
雑誌
Japanese journal of zoo and wildlife medicine (ISSN:13426133)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.65-71, 1999-03

タイ北部のメーホンソン県ナムトクメースリン国立公園周辺に生息する野生ゾウについて, 予備的情報を収集した。この国立公園内および周辺における数多くの村落は, アジアゾウ(Elephas maximus)の生活に影響を及ぼしている可能性がある。そこで, 野生ゾウの痕跡に関する野外調査を行うと共に, カレン族の人々から聞き取り調査を行った。その結果, 2頭のメス成獣の足跡を認めた。前脚足跡は円周を測定した結果, これらの2頭のゾウの肩高さは各々2.9mおよび2.3mと推定された。ゾウの糞およびゾウによって木の幹につけられた泥が発見された。また, 体毛も採取されたが, これは将来の野生集団の遺伝分析のために用いることができるであろう。さらに, 少数民族の人々と自然との関係について紹介した。