著者
Hiroyuki Iida Hideo Hasegawa
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.77-78, 2003 (Released:2007-03-29)
参考文献数
9
被引用文献数
3 or 0

Juveniles of a nematode belonging to the family Mermithidae were found from wolf spiders, Pardosa pseudoannulata, collected in a paddy field in Kyoto, Japan. Their morphological characteristics are briefly reported along with some ecological notes. This is the first record of a mermithid from P. pseudoannulata.
著者
山﨑 健史
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.49-56, 2015 (Released:2015-12-02)
参考文献数
38
著者
Akio Tanikawa
出版者
Arachnological Society of Japan
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.1-4, 2017-08-31 (Released:2017-09-11)
参考文献数
5

A new araneid species Zygiella hiramatsui n. sp. is described using specimens obtained from Amami-ôshima Island, Japan. This species can be distinguished from allied Z. dispar by the much wider median area of the epigyne, or an unnamed apophysis neighboring the embolus that is short and truncated and a horn shaped apophysis of the tegulum in the male palp. It is uncommon for Zygiella spiders to inhabit subtropical regions, but this is the case for Z. hiramatsui n. sp. So it might be introduced previously into Amami-ôshima Is. from unknown habitat.
著者
宮下 直 新海 明
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.3-10, 1995 (Released:2007-03-29)
参考文献数
15
被引用文献数
5 or 0

網のデザインと餌捕獲能力との関係をジョロウグモとナガコガネグモを用いて調べた. 大型の厚紙のフレームでクモの網を枠取りし, 同じ微生息場所に設置した. ジョロウグモの網はナガコガネグモの網より多くの餌がかかる傾向があったが, これは前種で粘着糸が多いからである. しかし, 比較的大きな餌 (2-6mm) の比率はナガコガネグモの方が大きかった. これはおそらく網糸に付着している粘着物質の量が多いからであろう. 大型の餌 (20-25mm) に対する網の捕捉能力を評価するため, 大型餌を網に付加する実験を行った. 餌が網に捕えられている時間は, ばらつきが大きいものの種間で似かよっていた. ジョロウグモの網は, 非常に小型の餌とともに大型の餌を捕獲する機能も有していると考えられた.
著者
田中 幸一
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.41, no.1, pp.91-101, 1992 (Released:2007-03-29)
参考文献数
34
被引用文献数
6 or 0

名古屋市におけるクサグモの生活史を調査した. クサグモは年1世代であった. 1齢幼体は3月下旬から4月上旬に卵嚢から出現し, 成体になるまでに6回の脱皮を行った. 雌雄は同時期に成体になり, 産卵は8月中下旬にみられた. ほとんどの網は, ヒサカキ, ネズミモチ, ツゲなど硬く小さい葉が密生した木に造られた. 雌当たり産卵数は, 雌の体サイズ, 特に産卵直前の体重と正の相関があった. クモの体サイズと産卵数を2つの生息地すなわち開けた場所と雑木林の間で比較した. 開けた場所の成体のサイズおよび産卵数は, 雑木林の個体に比べて有意に小さかった. これは, 開けた場所の生息地では餌供給が制限されているためであると考えられた.
著者
井原 庸
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.87-109, 2008-12-31 (Released:2009-02-10)
参考文献数
28

ナミハグモ属の種多様性には,著しい地理的種分化と,体サイズの分化による同所的な種の組み合わせという2つの側面がある. 日本から70種以上が記録されているが,まだ多くの未記載種が残されている.ナガトナミハグモ種群は生殖器の形態に著しい地理的分化を示し,種内の複雑な地理的変異,環状重複,近縁種の側所的分布や同所的共存といった異所的種分化のさまざまな過程がみられた.また,体サイズは種分化とその後の同所的共存に重要な役割を果たすと考えられ,カチドキナミハグモ種群では体サイズの分化が種分化を促進した可能性がある.
著者
Akio Tanikawa Yung-Hau Chang I-Min Tso
出版者
Arachnological Society of Japan
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.31-38, 2010-09-30 (Released:2010-10-29)
参考文献数
42
被引用文献数
5 or 0

The Taiwanese and Japanese spiders which have been identified with Cyrtophora moluccensis (Doreshall 1857) are taxonomically revised. Three color morphs, yellow-, green-, and red-types, show their own discrete monophyletic clades in the phylogenetic tree inferred by Neighbor Joining method using the partial sequences of mt-16S-rRNA genes. P-distances within group means are 0.2% in the yellow-type, 0.1% in the green-type, and 0% in the red-type. P-distances between group means are 18.8% between yellow- and green-types, 19.4% between yellow- and red-types, 10% between green- and red-types. These three color morphs can be separated also by the shapes of epigynum and male palp. Consequently we recognize them as three independent nominal species and determined the yellow-type as C. cylindroides (Walckenaer 1842), the green-type as C. moluccensis (Doleschall 1857), and the red-type as C. ikomosanensis (Bösenberg & Strand 1906).
著者
加村 隆英
出版者
Arachnological Society of Japan
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.43-46, 1995

ワシグモ科の <i>Phaeocedus braccatus</i> (L. KOCH, 1866) タソガレトンビグモ (新称) を日本新記録種として報告した. <i>Phaeocedus</i> タソガレトンビグモ属 (新称) のクモが日本から記録されたのは初めてである.
著者
新海 明
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.11-22, 1985 (Released:2007-03-29)
参考文献数
20
被引用文献数
2 or 0

ジョロウグモとオオジョロウグモの網構造を比較した。両種の幼体の網は barrier web (迷網) の形状を除き同じ構造であり, その主網は普通の円網に似ていた。一方, 両種の雌成体の網にはいくつかの点で違いがみられた。すなわち, ジョロウグモの網はオオジョロウグモにくらべて非相称性がより強く, ジョロウグモの網には分枝•二分割糸•迷網が認められた。しかし, オオジョロウグモでは二分割糸と迷網は認められなかったが分枝は存在していた。そして, これらの違いからジョロウグモの方がオオジョロウグモに比較してより特殊化しており, ジョロウグモ属のクモは円網を張っていたクモを祖先として, それから派生してきたと考えられた。
著者
Tatsumi Suguro
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.77-80, 2016-12-31 (Released:2016-12-31)
参考文献数
5

A new salticid species of the genus Chinattus is described as Chinattus falco sp. nov. For the present, this species is known from only Amami-Oshima Island, Japan. The new species can be distinguished from other congeners by the male palp with not-hooked retrolateral tibial apophysis and epigyne with slender scape.
著者
Akio Tanikawa
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.35-42, 2003 (Released:2007-03-29)
参考文献数
11
被引用文献数
2 or 0

As a result of a series of faunal surveys of spiders of Okinawa Prefecture, southernmost Japan, following seven species were recognized to occur in the family Pisauridae: Hygropoda higenaga (Kishida 1936), Perenethis venusta L. Koch 1878, Dolomedes yawatai Ono 2002, D. orion n. sp., D. zatsun n. sp., D. horishanus Kishida 1936, and Pisaura bicornis Zhang & Song 1992. Descriptions of the two new species, Dolomedes orion and D. zatsun, are presented. Dolomedes horishanus and Pisaura bicornis are the species whose occurrences in Japan were recognized for the first time. Redescriptions of those two species based on the specimens collected from Okinawa Prefecture are also provided. Dolomedes mizhoanus Kishida 1936 known from Taiwan is newly synonymized with D. horishanus. D. yawatai, which was described from Ishigaki-jima Island, was found to occur also in Iriomote-jima Island. D. okinavensis Kishida 1924 is considered as nomen dubium and hence removed from the species list of Japanese Pisauridae.
著者
Hajime Yoshida Koichi Nojima
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.58, no.2, pp.103-104, 2009-12-31 (Released:2010-02-15)
参考文献数
5

A new species belonging to the family Theridiidae is described from Okayama Prefecture, western Japan, under the name of Rhomphaea annulipedis. Habitats of five Japanese species of Rhomphaea are recorded.
著者
新海 明 新海 栄一
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.1-12, 1988 (Released:2007-03-29)
参考文献数
12
被引用文献数
7 or 0

ヨリメグモの網構造について調査した。このクモは流水面上に網を張り, 二つの型がみられた。一つは網の上部に支持糸を持った水平円網であり, 他の一つは基本的には水平円網だが, ヨコ糸が垂れ下がって水面に達しているために変形していた。そして, ヨコ糸と水面との接点には多くの細かい糸がみられた。ヨコ糸を張り終えたクモは, こしき部とヨコ糸との間においてタテ糸を切断し, それらのタテ糸をゆるめた。タテ糸がゆるめられると, 変形網のヨコ糸は流水上に浮遊するために, この網を浮遊網と名付けた。網の形は, 造網場所の条件に影響された。浮遊網は水面上の比較的低いところにみられたが, 水平円網は水のない場所や水面上の比較的高い場所にみられた。これらのことから, ヨリメグモは円網種に由来し, 流水環境に適応したクモであると考えられた。
著者
Akio Tanikawa
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.63-86, 2001 (Released:2007-03-29)
参考文献数
23
被引用文献数
6 or 9

Twelve new species are described from Japan under the names, A. nojimai, A. tsurusakii, A. ryukyuanus, A. borealis A. iriomotensis, A. yasudai, A. hoshi, A. komi, A. ogatai, A. miyashitai, A. mayumiae, A. amabilis. In addition, A. acusisetus Zhu & Song 1994 is newly recorded from Japan..
著者
Yusuke Shigemiya Kensuke Nakata
出版者
日本蜘蛛学会
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.64, no.2, pp.75-81, 2015-12-31 (Released:2016-01-02)
参考文献数
15

Rearing of animals from one generation to the next is important in many biological studies. In this study, we aimed to develop efficient methods for rearing multiple generations of orb-web spiders (Cyclosa argenteoalba), testing three methods. First, we examined isolated rearing with aphid supplied by hand. Second, we tested mass rearing. We also collected various insect species from the field using light trap and supplied them by hand. Both methods failed, perhaps because of the inappropriate aphid (Uroleucon formosanum) and insufficient quantity of prey supplied in the first and second tests, respectively. For the third method, we mass reared with abundant prey directly supplied from light traps into the terrariums located outside. This method successfully raised hatchlings to adults, and the eggs produced from these adults also matured. The development time of wintering and non-wintering cohorts was 150.2‐195.0 days and 24.0‐76.3 days, respectively.