著者
朴 是龍 元 炳〓
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.7, no.4, pp.199-203, 1978

韓国産コウモリ類3種に対する核型分析結果は次の通りである。<BR>1.コウライキクガシラコウモリ<I>Rhinolophus ferrumequinum korai</I> 2n=58, FN=60, 常染色体は, 中型: M型が2隻であり, 大型から小型まで26隻のA型になって居る。X染色体は大型のSM型であり, Yは小型のA型である。<BR>2.モモジロコゥモリ<I>Myotis macrodactylus</I> 2n=44, FN=50。この種は, 3雙の大型, 1雙の小型であるM型と中型から小型まで17雙のA型になっている常染色体を持っており, X染色体は中型であるSM型であり, Y染色体は小型のA型である。<BR>3.コウライオオアブラコウモリ<I>Pipistrellus savii coreensis</I> 2n-44, FN=50。<BR>木種の核型は, X染色体が中型のM型である事を除いては, 上記のモモジロコウモリ<I>M. mucrodactylus</I>と同様に表われた。
著者
阿部 永
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.13-23, 1974-02-28 (Released:2010-08-25)
参考文献数
10

1.本州において, 小形のアズマモグラを駆逐しながら北方に分布を拡大している大形のコウベモグラの分布北端の一つが, 狭い木曽谷流域にある長野県上松町および伊那谷の上流に位置する塩尻市小野附近にある。2.1959年8月と11月に行なった採集とトンネル調査, および1973年3月に行なったトンネル調査により, 分布接点における両種のトンネル分布の14年問における変化を調べた。3.上松町ではモグラがこの14年間に約3kmにわたってアズマモグラを駆逐して分布を拡げた。一方, 塩尻市小野附近における両者の分布接点はこの期間にほとんど変化がなく, その最大の理由は, この附近が川の源流に近く, 土壌条件が悪いため, 大形のコウベモグラの生息にとって不適当な環境であることによるものと考えられた。4.コウベモグラは木曽谷よりも伊那谷の方において, より早く北方まで分布を拡大してているが, その理由は, 前者より後者においてモグラの生息域が広く, したがって生息数が多いことによるものと考えられた。5.生息地の環境条件, モグラ類の地理的変異の一般的傾向, 形質置換, およびベルグマンの法則などの影響を受けながら形成されたと思われる, 分布接点附近における2種のモグラの形態的特徴をもとにして, それらの生態的関係を論議した。
著者
寺西 敏夫 辻 敬一郎
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.8, no.6, pp.211-212, 1981-12-25 (Released:2010-08-25)
参考文献数
1

Killed pups of Micromys minutus were left in their breeding nest under natural habitat. Their estimated age was 5 or 6 days. When discovered, the bodies were still bleeding and did not show cadaveric rigidity yet. Bites were located on the nose, neck, side and inguinal resions in all of them. Two received a severe injury on the head. From the examination of bites, it was inferred that the infanticide was done in a brief time by their mother.
著者
小原 巖
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.4, no.2, pp.55-56, 1968-06-30 (Released:2010-08-25)
参考文献数
5

Although the mammal formula seems to be considerably important for classification in many groups of mammals, there are only a few published records of them among Japanese carnivorous species. Therefore, the following data, obtained by the author during recent few years, may contribute to this field.Selenarctos thibetanus japonicus (SCHLEGEL, 1857) —2+1+0=6 _??_juv.Vulpes vulpes japonica GRAY, 1868—2+1+1=8 _??_ ad.; 2+ (1-2) +1=9 _??_ ad., with an additional nipple at the left side of abdomen.Nyctereutes procyonoides viverrinus TEMMINCK, 1844—1+2+1 =8 1 _??_ & 1 _??_juvs.; 0+2+2=8 _??_juv.Meles ineles anakuma TEMMINCK, 1844—1+1+1=6 _??_ ad.
著者
伊澤 雅子
出版者
THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.9, no.5, pp.219-228, 1983

ノネコの日周活動を知るため, 福岡県の離島, 相の島において, ラジオ・トラッキング法と直接観察法を用いた調査を行なった。発情したオスを除いて, ノネコは1日のうちの大部分を休息に費やした。高いアクティビティーは日没時と日の出時項にみられ, この薄明薄暮型のパターンは, 個体間でも, 季節的にもかわることはなかった。また, ノネコは, 夏にはより夜行性, 冬にはより昼行性の活動を行ない, この変化は気温と強い関係をもっていた。すなわち, 気温が高くなるにつれて, 活動時間は昼間から夜間へと移っていた。また, 雨や発情期もネコの活動に影響を与えていた。ノネコのアクティビティーのこれらの特徴とそれに影響する要因を, 他の食肉目と比較して議論した。
著者
今泉 吉典
出版者
THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.27-32, 1970
被引用文献数
1

The type specimen of <I>Canis hodophilax</I> TEMMINCK, 1839, is a mounted skin'a'and a skull'c'of old male collected from Japan by BÜRGER in the collection of Rijksmuseum van Natuurli jke Historic, Leiden. The skull can be distinguished rather easily from those of related forms by a combination of following characters : remarkably short condylobasal length, well developed auditory meatus external to postglenoidal foramen, emarginated anterior border of pterygoid fossa and well balanced skull jointed with mandible when put them on a horizontal surface. Based on these key characters, specimens from Japan which have been known as"<I>hodophilax</I>"were reexamined and identified as follows : a skull ('b', ad.) in Rijksmuseum, a skin and a skull from Nara (5.5.30.1, _??_ subad.) in British Museum, Nat. Hist., and a mounted skin and a skeleton from Fukushima (M 100, _??_ subad.), a skull from Fukui (M 1185, ad.) and a semifossil skull from Kumamoto (P 9792, old) in National Science Museum, Tokyo, are undoubtedly of <I>hodophilax</I>, but a skeleton ('a', _??_ ad.) in Rijksmuseum may not be of this species but of a Japanese domestic dog.
著者
今泉 吉典
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.6, no.3, pp.127-136, 1975-03-30 (Released:2010-08-25)
参考文献数
13

Lutronectes whiteleyi GRAY, 1867, based on two young specimens collected from Hakodate, Hokkaido, Japan, seems to be extinct in the native land, and no specimens have been known in Japan.While studying the river otter of Japan, the author was attracted his attention by an adult rough skeleton of the subgenus Lutra in the mammal collection of the National Science Museum, Tokyo. Unfortunately the locality of the specimen is uncertain, but there is little doubt that it was collected at the beginning of the Mei ji era, nearly 100 years ago, in the territory of Japan at that time, that is Hondo or Hokkaido. As the specimen is evidently different from the otter of Hondo, the locality is inevitably estimated as Hokkaido.This estimation coincides with the result of identification of the specimen as Lutra whiteleyi based on strong similarities to OGNEV's adult specimen from Nemuro, Hokkaido, and dissimilarities to the most of the named forms of the subgenus Lutra, in several cranial measurements.If this identification is correct, whiteleyi seems to be a well established taxon of Lutra lutra group characterized by relatively narrow mastoid breadth and shorter muzzle (Table 6, F and G) .An opinion that whiteleyi covers whole populations of the Japanese otter, proposed by Pococx (1931), the present author (1949), etc., is not correct. L. whiteleyi must be confined to the Hokkaido population.
著者
山谷 清
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.4, no.4-6, pp.121-124, 1969-12-30 (Released:2015-05-19)

北海道産エゾリスのオス1頭メス3頭をもとにして,9回の繁殖記録を得た(第2表)。これによると,交尾から分娩まで(妊娠期間)は39日(2例),1腹子数は2~6頭,平均3.9頭(9例)であった。生後57日目に1腹の子がすべて巣からはなれた(1例)。
著者
柳川 定春
出版者
THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.5, no.5, pp.187-188, 1972

Mammals in Hawaii, P.Quentin Tomich著, 238ページ, Bishop Museum, 1969<BR>著者はハワイ島のホノカにあるハワイ州立防疫調査研究所に勤務する獣類の研究者で, おもにネズミ, マングースの生態を調べている。この著書にはクジラ, イルカを含めた44種が45枚の写真とともに述べられ, ハワイ群島の地図が1葉ついている。<BR>この群島の陸上にすむ獣類のほとんどは輸入して放されたか, 船から侵入したものであるが, その渡来について各種類ごとに正確な年代をあげ, 現在の生息状況, 被害などについて詳しく述べてあるのでこの群島の獣類相と, 輸入獣類の生物相にあたえた影響を知るのに有益である。とくに, 1883年9月30日にハワイ島のヒロで72頭のマングースがネズミの天敵として放たれたが, いまでは全群島にすみつき, ネズミ駆除の効果はあがらずかえって砂糖キビを食べたり, ニワトリを襲ったりして産業に大きな害をあたえるにいった経過などが文献をあげて説明されている。全般としてハワイ群島の獣類を知るのにこのうえもない本である。<BR>(Bishop Museum, Honolulu, Hawaii発行, 定価5ドル) 。
著者
森井 隆三
出版者
THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.6, no.3, pp.121-126, 1975

1. 台湾, 西表島と石垣島で1970年7月20日~8月29日にかけて翼手類の採集をおこなった。<BR>2. 採集された翼手類は, 次の4科6種である。<BR>オオコウモリ科 (Family PTEROPODIDAE) : ヤエヤマオオコウモリ (<I>Pteropus dasymallus yayeyamae</I>) , キクガシラコウモリ科 (Family RHINOLOPHIDAE) : タイワンキクガシラコウモリ (<I>Rhinolophus (?) luctres formosae</I>) , ヒナキクガシラコウモリ (<I>Rhinolophus monoceros</I>) .カグラコウモリ科 (Family HIPPOSIDERIDAE) : タイワンカグラコウモリ (<I>Hipposideros arnaiger</I>) , ヒナコウモリ科 (Family VESPERTILIONIDAE) : アブラコウモリ (<I>Pipistrellus abrantus</I>) , ユビナガコウモリ (<I>Miniopterus schreibersi</I>)<BR>3. ヤエヤマオオコウモリの生態的な解明が急がれるものと思う。<BR>4. アブラコウモリ, ユビナガコウモリの2種については, 測定値からみて地域的な変異の面で興味深いものがあり, このことについては今後検討してみたい。
著者
三沢 英一
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.7, no.5-6, pp.311-320, 1979-03-30 (Released:2010-08-25)
参考文献数
26
被引用文献数
1

環境の異なった, 北海道大学農学部付属苫小牧地方演習林, 札幌市羊ケ丘, 札幌市盤渓の3地域においてキタキツネのフン分析による食性の比較を行った。1) 各地域ともエゾヤチネズミがキツネの主要な餌であった。2) 苫小牧演習林, 羊ケ丘では春, 秋にエゾヤチネズミの採食率は増加し, 冬に減少した。それらの地域で昆虫類, 野生果実の採食率は夏と秋に増加した。3) 冬にエゾヤチネズミの採食率の低下を補うキツネの餌は苫小牧演習林ではノウサギ, 羊ケ丘ではニワトリとトウモロコシがそうであった。4) 盤渓では冬にエゾヤチネズミの採食率の低下は見られなかった。また年間を通じて人為的食物への依存が見られた。5) 各地域とも冬に野鳥の採食率は増加した。6) 人為的影響の強い環境ほどキツネの人為的食物への依存は強かった。
著者
和栗 秀一
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.2, no.6, pp.147-150, 1966-01-20 (Released:2010-08-25)
参考文献数
9

The mammary formula of the canine fetus has not been described in the literature. Therefore, author studied the variation of the mammary formula, the teat number and teat dislocation, in a sum total of 24 canine fetuses. The results are summarized as follows.The mammary formula was divided into 5 types. The most standard type, 2+2+1=10, had a frequency of about 50 per cent. The mean value (±standard error) of the teat number was 9.458±0.055. From those results, it was found that the mammary formula of dogs in the embryological condition is the many-mammae type in general.Teat dislocation occurred frequently in the anterior abdominal and inguinal regions.
著者
宮尾 嶽雄 花村 肇 植松 康 酒井 英一 高田 靖司 子安 和弘
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.9, no.3, pp.128-140, 1983-03-25 (Released:2010-08-25)
参考文献数
34

1982年1月23~26日に, 淡路島南部, 諭鶴羽山地北西山麓部の哺乳動物の調査を行なった。翼手類については, 調査できなかった。1) .生息が認められた哺乳類は, 次の6目16種である。食虫目: ジネズミ, ヒミズ, コウベモグラ。霊長目: ニホンザル。兎目: ノウサギ。齧歯目: ニホンリス, アカネズミ, ヒメネズミ, カヤネズミ, ハツカネズミ。食肉目: タヌキ, テン, イタチ (チョウセンイタチ, ホンドイタチ) 。偶蹄目: イノシシ, シカ。2) .ムササビ, スミスネズミ, アナグマなどを欠いている点に, 島のファウナの特徴を示している。キツネも絶滅している。3) .ヒミズは, 腹部を中心に体毛の白化傾向が著しく, また, ヒミズの尾部にカンサイツツガムシの多数寄生例がみられ, 寄生率も高かった。4) .アカネズミの耳介にネズミスナノミ (Tunga caecigena) の寄生がみられた。淡路島に本種が分布していること, ならびにアカネズミが宿主になっていることは, 新しい知見であろう。
著者
伊藤 徹魯
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.10, no.3, pp.135-148, 1985

北海道の奥尻島青苗遺跡において1950年に発掘され, 北海道開拓記念館と札幌西高等学校に所蔵されているニホンアシカ<I>Zalophus californianus japonicus</I>の頭骨7個と下顎片8個の標本について23部位を計測し, 上・下顎頬歯数及び7縫合と2軟骨結合の消失度を調べ (Tables1, 2) , これらの標本を本種雄成獣のものであると同定した。また, ニホンアシカの頭骨ではいくつかの部位の絶対値と頭骨基底長に対するそれらの相対値が, カリフォルニアアシカ<I>Z. c. californianus</I>及びガラパゴスアシカ<I>Z. c. wollebaeki</I>より有意に大きく, ニホンアシカとカリフォルニアアシカは上顎頬歯数で異なることを明らかにした。従って、明瞭な形態的差異がないことなどを根拠としてニホンアシカをカリフォルニアアシカの亜種としていた従来の分類は再検討を要すると考えられる。
著者
御厨 正治 小原 巖
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:05460670)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.80-81, 1970

On 16 April 1970, a fresh carcase of an adult female of Japanese serow, <I>Capricornis crispus</I> (TEMMINCK, 1845), was found at an elevation of 1600m near Konsei Pass, Nikko-National Park, Tochigi Prefecture.<BR>The stomach contained a large quantity of plant materials. The contents were examined and the main plant species were identified (Fig. 1 and Table 1) .