著者
池田 緑
出版者
大妻女子大学
雑誌
社会情報学研究 (ISSN:13417843)
巻号頁・発行日
no.15, pp.39-61[含 英語文要旨], 2006

女子大学の教育目的には、「地位形成機能」と「地位表示機能」が存在するといわれてきた。しかし男女共同参画社会の趨勢のなかで、女子大学には改めて「地位形成機能」の充実が求められている。しかしながら目を転じれば、女子大学では古風な性別役割観が再生産され、家父長制的価値観に学生を回収しようとする企図も、いまだ根強く残っている。そのような企図は、女性へのセクシャルなまなざし、ミソジニー(女性嫌悪)と共に存在している。同様な視点は女子大学を取り巻く環境にも、また女子大に勤務する教員にも共有されている。家父長制的価値観は、女子学生の「成功不安」を喚起し、学生の自己評価を貶め、男性依存への道を準備する。その結果、女子大学においては「地位表示機能」が重視され、そのことが彼女らを学問から遠ざけてしまう。このように伝統的性別役割観が再生産され、学生たちの学問への動機が奪われてゆく過程は、一種の「温室効果」に似ている。そのような状況を打ち破るためには、「温室」を、ジェンダーの政治が露見する「戦場」に作り変える必要がある。そのためには、最初に男性教員を中心に、ジェンダーを克服することが、学生自身に学業の意義を理解させるための第一歩であり、そのような学問が社会的需要とも合致していることを理解することが必要である。そのような認識の共有のためには、男性教員をジェンダーに意識的にするための制度作りが必要である。そしてすべての授業において、ジェンダーの視点から男性中心の学問体系を再構築することが求められており、その結果として行われる教育は「女性支援教育」と呼ばれるにふさわしいものとなるだろう。
著者
岡部 晋典
出版者
日本社会情報学会
雑誌
社会情報学研究 (ISSN:13429604)
巻号頁・発行日
vol.13, no.2, pp.1-12, 2009-07-30

This article discusses an idea of Objective Knowledge thatparticularly caught the attention of a field of Information studiesback to 1980's. Objective Knowledge, proposed by a philosopher ofscience K. R. Popper, shows similar tendency of the theory ofIn-formation Space that does not assume the basis of recognition. Thisarticle does not only bring up the relevance to other theoriespropounded by K. R. Popper such as Falsifia-bility and Open Society,but also discusses the solution which subtends Popper'sFalsi-fiability to skirt the issue of existing view which has beencriticized in the context of Objective Knowledge and Falsifiability.
著者
梅津 顕一郎
出版者
呉大学社会情報学部
雑誌
社会情報学研究 (ISSN:13418459)
巻号頁・発行日
no.2, pp.165-175, 1996-11

This paper is a study on the sports culture within the field of youth culture. The aim of the paper is to form a paradigm of sports culture studies as a critical theory of consumption culture,through summing up the so-called "J League Boom" and showing a hypothesis on its future. Past studies on sports culture from the "communication theory" viewpoint,have covered the process of generation,exchange and reproduction of the meaning through the interaction between players and audience. But in this paper,the paradigm of discussion is further expanded to include social communication,and consumption culture with paticular emphasis on the phenomenon of fashlion. The discussion proceeds as follows : (1) This paper sums up the "J League Boom" and shows its features as consumption culture and youth culture. (2) It explains a hypothesis that the recent cooling down of the "J League Boom" means a detachment phenomenon of the masses frorn a closed soccer maniacs' world. (3) It shows that "otaku-ka"-the sophisticated transformation from fanatics' communication style,has been advanced in the consumption culture of the1980's. (4) It studies cultural and social functions of watching sports (games).