著者
丹 洋祐 山下 秀之 曽宇 泰子
出版者
長岡造形大学
雑誌
長岡造形大学研究紀要 (ISSN:13499033)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.68-81, 2009-03-31

The tri-structure is a structural framwork that is analogous to a tree. To restore the aboudant seashore environment destroyed during the development of harbors and bays, I propose a system of artificial seaweed forests. In addition, tri-structure is made in a intertwist and disentangling design. This intertwist and disentangling design concept is one I discovered while studying the space geometry of seashore environments.
著者
姜 範熙
出版者
長岡造形大学
雑誌
長岡造形大学研究紀要 (ISSN:13499033)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.28-30, 2004-03-19

Peter Eisenman explains his design process through the development of a diagram. The first use of a diagram appeared in his Ph.D thesis in 1963 and the diagram has been used in his architectural designs consistently. With the fast development of digital computer technology, current social paradigm is shifting from analog paradigm to digital paradigm. Peter Eisenman is one of the famous architects who introduced digital paradigm in architectural design. The purpose of this study is to show the reason why Peter Eisenman uses digital design process for architectural design and the method being applied.
著者
菅原 浩
出版者
長岡造形大学
雑誌
長岡造形大学研究紀要 (ISSN:13499033)
巻号頁・発行日
no.5, pp.49-55, 2007

In the introductory philosophy class at Nagaoka Institute of Design, students are required to make philosophical experiments, one of which is a meditation of listening to the surrounding sounds very intently. Through it students can experinece various forms of nonordinary modes of experiencing the world. We can see the beginning steps of philosophical questions in those experineces. We also analyse them by applying the phenomenology of M. Merleau-Ponty and other theories.
著者
洪 起
出版者
長岡造形大学
雑誌
長岡造形大学研究紀要 (ISSN:13499033)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.21-29, 2009-03-31

It is of utmost importance that systems maintain the robustness in itself to reduce the influence of the uncertain factors resulting from the various external conditions on the reliability of systems. This private view proposes the diversity of elements composing systems as one of the robustness in systems and discusses the fundamental issues related to the diversity from the two viewpoints of probabilistic theory and information theory. It is hoped that such a private view will help to maintain the robustness in systems.
著者
飛田 範夫
出版者
長岡造形大学
雑誌
長岡造形大学研究紀要 (ISSN:13499033)
巻号頁・発行日
no.9, pp.69-76, 2011

As Taihu stones(deformed limestones)were considered one of the symbols of China, so those were painted in Japanese paintings. Classifying by the way of placing the Taihu stones in old Japanese paintings, we can find the way to use the Taihu stones in Chinese garden as following. 1)Shinu -tu(仕女図) painted in the Tang-dynasty, 8th Century, shows they placed small stones in a garden, but we can see that the Taihu stones took place of the small stones from Japanese painting Torige-ritsujo-no-byobu(鳥毛立女屏風). I assume that they use bigger Taihu stones in their garden to enjoy watching from Qixian-tu(七賢図) painted in Chinese Tang-dynasty, 9th Century. 2)In the Bada-chunyun-tu(八達春遊図) painted in 10th Century, they place one huge Taihu stone in their garden. From the Japanese painting E-inga-kyo(絵因果経) in 8th Century, I guess they put a Taihu stone, which is as tall as a human, in the main place of the garden. 3)In Longchi-jingdu-tu(龍池競渡図) painted in the Yuan–dynasty, 14th Century, we can see big Taihu stones both left and right side of the palace. But it was imaged from the old palace of old paintings. From the Japanese paintings Kegon-shuso-eden(華厳宗祖師絵伝) and Toseiden-emaki(東征伝絵巻) painted in the 13th Century, we can see they placed a Taihu stone in front of the palace in Song Dynasty(960-279). I assume that they placed Taifu stones in their garden first and then they started to place the Taihu stones in front of their palace. 4)From Qianlongdi-ji-fei-guzhuang-xiang(乾隆帝及妃古装像) painted in Qing Dynasty,18th Century, we can see that they put Taihu stones in a pond of their garden. Sancai-tangwu(三彩堂屋), a miniature made in 8th Century, shows that they built a pond at the front of the building and placed big stones at the front of the mountain. In Genjo-sanzo-e(玄奘三蔵絵) painted in 13th Century in Japan, there is a big Taihu stone beside the pond built next to Xuanzang's father's house. It means it stared form Song - Dynasty to place the Taihu stones beside a pond.
著者
平井 邦彦 後藤 哲男 森田 守 渡邉 誠介 澤田 雅浩
出版者
長岡造形大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2001

本年度はこれまで新潟県南魚沼郡で行ってきたさまざまな調査研究の集大成として、より広範な施設に関するバリアフリー状況調査を実施するとともに、その簡便な改善策の実証的研究を当該地域において実施した。具体的には、バリアフリー状況調査で抽出した観光・レジャー施設を複数抽出し、その施設のより詳細な調査を実施するとともに、簡便な設備で状況が改善可能な場合にはそのような対策を施した。また実際に障害者や高齢者が訪問した場合の障害に対してのシミュレーションを実施した上で、南魚沼郡全域にわたる一日観光ルートを設定し、そのルートを利用した実地調査を行った。調査に際しては、抽出した施設からの協力を受けるとともに、塩沢町社会福祉協議会の支援を受け、実際に車椅子を利用されている方をモニターとして4名の方にご参加いただき、利用時の問題点や対策の有効性についてユーザー側からの情報を提供してもらうことができた。ハートビル法が成立したものの、一定規模以下の施設ではバリアフリー改修が不必要なことも多く、またそれらの施設はそのような設備改修の余裕を有していない場合が多いが、今回の調査で事前に行った対策は費用、手間両面からも大変扱いやすいレベルのものであり、その効果を実際に施設管理者が目にすることで、障害者受け入れの精神的障壁を取り除くことができるようになることも調査の中で明らかとなった。手近なところの工夫によって今後国内で増加する高齢者・障害者を積極的に受け入れることができるようになることが実証的に明らかにされるとともに、この知見を地域内で共有することでより広範かつ綿密な「もてなし」が実現する可能性が示唆されたといえる。
著者
平井 邦彦 中林 一樹 池田 浩敬 市古 太郎 澤田 雅浩
出版者
長岡造形大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2005

本研究では新潟県中越地震によって被害を受けた中山間地域の変容過程を継続的に記録、分析するとともに被害からの復興のあり方の検討を行った。具体的には、代表的な孤立集落に関する集落への帰村状況や生業としての農業の再開状況、住宅の修理再建状況に関して、小国町法末地区や山古志村虫亀地区における全戸調査を継続的に実施している。また、孤立状況が継続する中、地域外への避難が可能となるまでの期間の避難状況に関して、山古志村全域を対象としたヒアリング調査並びに実態把握を詳細に行っている。地域外に建設された仮設住宅での生活を余儀なくされた孤立集落の中でも、避難指示が発令され集落に立ち入ることが許されなかった山古志村の各集落では、すべての復旧・復興過程が他の集落に比べて遅れていることが明らかとなり、これは今後の震災において同様の孤立集落が発生した際に留意すべき知見として見出された。その一方、避難勧告下でも道路の仮復旧等によって地域へのアクセスが確保されている集落では、住民それぞれのペースでの再建が細々とではあるが継続的に行われ、それが本格的な復興時に重要な役割を担うことも明らかとなった。また、各地で大規模な地滑りが起きたにもかかわらず、死者数を最小限に食い止めることができた要因として、集落の形成過程や、自然地形を熟知した上で計画されている宅地や峰道の存在が大きいことも明らかとなった。これらは今後発生が想定される国内の巨大地震災害時にも中山間地域の防災対策を考える上で重要な知見となる。