著者
高橋 砂織
出版者
Brewing Society of Japan
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.110, no.9, pp.636-648, 2015 (Released:2018-05-18)
参考文献数
24

味噌の効能に関する研究は多く,抗酸化性や抗腫瘍性など多くの論文が報告されている。著者らは,ここ10年ほど味噌中の血圧調節作用物質に注目し,レニン,キマーゼ,アンギオテンシン変換酵素やアンギオテンシン変換酵素2阻害物質の探索を行った。その結果,味噌には複数の血圧関連酵素阻害物質が存在することを見出された。味噌の効能に新たな可能性が期待されている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 15 posts, 12 favorites)

https://t.co/fkO6zPHjIP とりあえずこれ読んで落ち着こう。 今日は寒いので、味噌煮込みうどんやな。
味噌とSARS、そして心臓というか高血圧のリンク https://t.co/fkO6zPHjIP

収集済み URL リスト