著者
鈴木 真理子 大海 昌平
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.241-247, 2017 (Released:2018-02-01)
参考文献数
17
被引用文献数
2

イエネコFelis catusによる在来種の捕食は,日本においても特に島嶼部において深刻な問題である.鹿児島県奄美大島と徳之島にのみ生息する遺存固有種アマミノクロウサギPentalagus furnessiの養育行動を2017年1月から3月にかけて調査していたところ,繁殖穴で離乳間近の幼獣がイエネコに捕獲される動画を自動撮影カメラによって撮影したので報告する.繁殖穴における出産は2017年1月14日~15日の夜に行われたが,幼獣(35日齢)がイエネコに捕獲されたのは2月19日1時ごろで,この前日は繁殖穴を母獣が埋め戻さずに入り口が開いたままになった初めての日であった.この動画の撮影後,幼獣は巣穴に戻っていないことから,捕食あるいは受傷等の原因で死亡した可能性が高い.イエネコは幼獣の捕獲から約30分後,および1日後と4日後に巣穴の前に出現し,一方アマミノクロウサギの母獣は1日後に巣穴を訪問していた.幼獣の捕食は,本種の個体群動態に大きな影響を与えうる.本研究により,アマミノクロウサギに対するイエネコの脅威があらためて明らかとなった.山間部で野生化したイエネコによるアマミノクロウサギ個体群への負の影響を早急に取り除く必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 64 posts, 19 favorites)

@DOrangepontan そうですね 2017年にはママウサギが巣穴を塞がなかったときネコが幼獣攫う動画撮られています 2008年のほどはっきりした画像がとれなかったせいかあまりアピールされず… https://t.co/x7DLOiKQln
@hukunekoten そうかもしれないですね 約10年弱後https://t.co/CfvoCZ1le1 2017の事例 ママウサギが巣穴を土で覆わなかったときに起きた 動画ですがはっきりした画面が撮れなかったせいかあまりアピ… https://t.co/T8QMSbIh4L
↓ さらに体重の軽い幼獣期のアマミノクロウサギ(平均体重 300g 以下) は生後数カ月に渡って巣穴の中で生活するため、ノネコがアマミノクロウサギの幼獣を見つけて襲う確率が低いことが考えられる。」 そいえば 2017の事例 ママ… https://t.co/pvgOU3TIvi
@cupppa1 ありました これですね https://t.co/CfvoCZ1le1

収集済み URL リスト