著者
谷澤 真 飛永 敬志 伊藤 俊一
出版者
公益社団法人 埼玉県理学療法士会
雑誌
理学療法 - 臨床・研究・教育 (ISSN:1880893X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.51-55, 2014 (Released:2014-02-05)
参考文献数
19

【目的】短時間の静的ストレッチングが柔軟性や筋機能にどのような影響をもたらすかについて,未だ一定の見解が得られておらず,最も効果的な伸張時間も確立されていない。そこで,静的ストレッチングにおける伸張時間の違いが柔軟性および筋出力に及ぼす影響について検討した。【方法】健常成人20名を対象とした。伸張時間を30秒間と6秒間の2条件に定め,柔軟性の評価としてSLRを測定し,筋出力の評価としてBIODEXを用いて等尺性膝屈伸筋力,等速性膝屈伸筋力を測定した。【結果】伸張時間が6秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,30秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。【結論】静的ストレッチングは伸張時間の違いにより効果が異なり,目的・用途に合わせて伸張時間を選択する必要があることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 21 posts, 27 favorites)

https://t.co/LfjziytJ7D
短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響 https://t.co/sIGjbWp0PU ムッ
①6秒だけストレッチ →可動域は少しだけ改善され『筋出力は高まった』 →ウォーミングアップとして効果的かも ②30秒間ストレッチ →可動域は改善されるが『筋出力は低下した』 →筋肉によっては効果に差がある ※60秒間ストレッチ… https://t.co/DUmbGAfZGH
興味深い文献 自分が中高生の頃は、 部活の前に静的ストレッチをしていました。 今は静的ストレッチは 筋力低下を引き起こし、怪我のリスクを高まるとのこと。 以下引用 伸長時間が30秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。 https://t.co/IyJT9z2eKf
@7051kkk ff外から失礼します。 専門職を語るなら、デメリットの提示も必要ではないでしょうか。 https://t.co/IyJT9z2eKf 伸張時間が 6 秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,30 秒間では関 節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。
ストレッチの時間と効果。柔軟性と筋力では異なる。 「伸張時間が 6 秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,30 秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した」 短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及… https://t.co/nSgQ9yWc0i
@yudainakata https://t.co/jwYGyPi1Cv これだったりしますか?
1 1 https://t.co/EqCnHqFZoS
筋トレ前やスポーツ前のストレッチは6秒までにしましょう。 私はインストラクターをしているので、講習で習うのですが、最近の研究で30秒間のストレッチは筋出力を低下させる、つまりパフォーマンスが低下することがわかっています。 文献 https://t.co/yk5ouuQHqy
静的ストレッチングの柔軟性改善効果は伸張強度が高いほど大きい https://t.co/Cr2fT9dinQ 短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響 https://t.co/el51MV5scN 静的ストレッチは時間によっては筋出力はあがります。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: ベッキャム
2019-09-02 15:45:50 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト