著者
中山 新一朗 阿部 真人 岡村 寛
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.65, no.3, pp.241-253, 2015-11-30 (Released:2017-05-23)
参考文献数
26
被引用文献数
1 or 0

生態学者はしばしば、複数の時系列データからそれらの間に存在する因果関係を推定する必要に迫られる。しかし、生物学的事象は決定論的かつ非線形で複雑な過程を背景に持つのが一般的であり、そのような応答から生じた時系列データ間の因果関係を推定するのは非常に困難である。本稿では、このような状況において有効である因果関係推定法であるConvergent cross mappingについて、その仕組み、使い方、将来の課題等を解説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 8 favorites)

Convergent cross mapping (Sugihara et al. 2012 Science) cf. ≪Granger因果性テストが苦手とする決定論的で、なおかつ非線形な力学系において有効で、 かつ比較的少ないデ… https://t.co/I7XfbovpNg
@muscat_mathcat @___c_h_i_c_a___ 私の界隈では現在、時系列データをから、因果関係を推定する、という数学的な技法が流行りつつあります。 https://t.co/RKCkX76nGe てんかんの発… https://t.co/pwmMxYQgPB

収集済み URL リスト