ヤン・ヒューリック (@1xuVLqH3kQ)

投稿一覧(最新100件)

https://t.co/Uo2iFQqDun 松島泰勝氏はスコットランドまで行ってきて、スコットランドが北海油田と金融センターがあることや、何度もイングランドと戦ってきた歴史とかホントに知ってるのか?
https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/2DZnfSuJTl ちなみに同時期の学術創成研究費において、山口二郎氏よりも多くの科研費を貰った研究を抜… https://t.co/ECevyU3k2j
https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/2DZnfSuJTl ちなみに同時期の学術創成研究費において、山口二郎氏よりも多くの科研費を貰った研究を抜… https://t.co/ECevyU3k2j
https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/2DZnfSuJTl ちなみに同時期の学術創成研究費において、山口二郎氏よりも多くの科研費を貰った研究を抜… https://t.co/ECevyU3k2j
https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/2DZnfSuJTl この三件、同時期に山口二郎氏と同じく学術創成研究費による文系分野の研究。いずれも山口… https://t.co/UKtaI69nvH
https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/2DZnfSuJTl この三件、同時期に山口二郎氏と同じく学術創成研究費による文系分野の研究。いずれも山口… https://t.co/UKtaI69nvH
@noharra @572201f9ca45406 https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/2DZnfSuJTl この三件は全て山口二郎氏の研究費よりも多かったですよ。そして面白かった。
@noharra @572201f9ca45406 https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/2DZnfSuJTl この三件は全て山口二郎氏の研究費よりも多かったですよ。そして面白かった。
@noharra @572201f9ca45406 https://t.co/ihKf4CLUft https://t.co/rlCZlkL1cA https://t.co/2DZnfSuJTl この三件は全て山口二郎氏の研究費よりも多かったですよ。そして面白かった。
@noharra @572201f9ca45406 少なくとも、https://t.co/rlCZlkL1cAこういう面白い研究をあなたよりも胸張って喧伝出来るだけの資格はあると思いますよ。こういう事例で擁護も出来ないあなたよりは。
https://t.co/DJsi93vI2x ちなみに田島先生は、古典籍デジタル画像閲覧ソフトや大量のデジタル画像を搭載するため、大型画像サーバ(データ用5TB、バックアップ用8TBの2台、NEC社製)を..… https://t.co/GqJ43cUgvD
と思ったらhttps://t.co/2DZnfSuJTlのがあった。でも、読むと凄い面白いしわかりやすい研究。
https://t.co/ihKf4CLUft 後総合社会科学としての社会・経済における障害の研究で松井彰彦先生も五億三千九百八十万もの科研を使ってますが、松井先生はこの研究の中でネパールやフィリピンにて現地調査も行っており、同じ… https://t.co/DPFK7SdEsc
@kaminokuni_2600 科研費は研究目的で、基本的に研究者に負担が無いように設定されてますからね。後こんなのありました。https://t.co/7s2X6sGorV これも一億使ってます。
RT @CatNewsAgency: 実はこの講義内容は、山口二郎が科研費4千5百万円をかけて書き上げた研究成果報告書『政権交代の比較研究と民主政治の可能性に関する考察』の記述とほぼ同じなんですよね。権力者の悪口を言っているだけの稚拙な研究に多額の税金を投入する意義があるのだろ…
RT @softhitter99: https://t.co/fR6CRkwdam 4億円分の研究の概要。 学術創成研究費だが、「科学研究費補助金等による研究のうち優れた研究分野に着目し、当該分野の研究を推進する上.. https://t.co/EhJ0CSrVbm 「エ…
.@softhitter99 さんのコメント「https://t.co/fjEjyydfmp 4億円分の研究の概要。 学術創成研究費だが、「科学研究費補助金等による研究のうち優れた研究分野に着目し、当該分野の研究を推進する上で… https://t.co/YErDX7ukM7
RT @mishiki: いやぁ…さすがにこれは査読で突き返されるべきでは…。 https://t.co/X0HWRPxGYM https://t.co/HmSns2l2rW
.@D_KATO1231 さんのコメント「https://t.co/PRSFy5Kgwb  このサマリーの成果、読む人が読むと分かると思うんだけど、ほぼ、日本政治学会という国内学会の雑誌の和文と英文だけ。採択率ほぼ100%でしょ?… https://t.co/GWUTYLJXHf
山口二郎氏はこれだけで約4億5000万もの補助金を使ったそうな。なお詳細な使途は直接と間接的に使ったとしか分からない。 https://t.co/CnHJf9egIq
.@_Osahiro さんのコメント「.@footen810 サマリーはこちらになります。出てはいるのです。 https://t.co/PRSFy5Kgwb」にいいね!しました。 https://t.co/zWY9TLi3Tl
.@softhitter99 さんのコメント「https://t.co/fjEjyydfmp 実績の報告は、目に触れやすい形では、このURLのような形になっており、最終的にガヴァナンス叢書という3冊の本にまとまっているんだと山口氏… https://t.co/Dgyn5zh9LG
一方で山口二郎は北大時代、これだけの金をもらっていた。マジで無駄金である。 https://t.co/fjEjyydfmp 山中教授が寄付募集しネット震撼 #BLOGOS https://t.co/HpJszco5bI

お気に入り一覧(最新100件)

@1xuVLqH3kQ ありがとうございます。 後で見つけた研究史の短い概観を私からも紹介しますね。 https://t.co/gx8cPnnzCS
.@1xuVLqH3kQ さんのコメント「https://t.co/NyckJWGJ22 ちなみに田島先生は、古典籍デジタル画像閲覧ソフトや大量のデジタル画像を搭載するため、大型画像サーバ(データ用5TB、バックアップ用8TBの2… https://t.co/jN72kuwyVC
実はこの講義内容は、山口二郎が科研費4千5百万円をかけて書き上げた研究成果報告書『政権交代の比較研究と民主政治の可能性に関する考察』の記述とほぼ同じなんですよね。権力者の悪口を言っているだけの稚拙な研究に多額の税金を投入する意義が… https://t.co/5rQi1Q4h9k
https://t.co/fR6CRkwdam 4億円分の研究の概要。 学術創成研究費だが、「科学研究費補助金等による研究のうち優れた研究分野に着目し、当該分野の研究を推進する上..… https://t.co/oV8YRtvhRL
これはこれは、かの山口二郎大先生が総額4千5百万円をかけて書き上げた科研費研究成果報告書ですね。日本政治学会元理事長の論文を査読で突き返す勇気がある学者が学会内にいないんでしょう。悪貨は良貨を駆逐する。… https://t.co/v6HelAW9sW
いやぁ…さすがにこれは査読で突き返されるべきでは…。 https://t.co/X0HWRPxGYM https://t.co/HmSns2l2rW

フォロー(1827ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ksk18681912: 大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていなかったこと、燃…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @T_urade1987: 中村早知惠『幕末期における豪農層の活動 長倉村大森彦重道義を中心に』(茨城県立歴史館報45所収)を入手しました。末尾に「御上京御供東海道上下記」全文翻刻されています。大高又次郎は桜任蔵の分骨に関わった由。古高俊太郎は古高喜衛門として名前が現れま…
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @T_urade1987: 中村早知惠『幕末期における豪農層の活動 長倉村大森彦重道義を中心に』(茨城県立歴史館報45所収)を入手しました。末尾に「御上京御供東海道上下記」全文翻刻されています。大高又次郎は桜任蔵の分骨に関わった由。古高俊太郎は古高喜衛門として名前が現れま…
県別の生産量=県内消費量ではないんだけど、たまり醤油の生産割合が高いのは岐阜だけなので、関西ではたまり醤油が一般的とは言えないと思う。それにしてもどうして岐阜だけ…>論文 - 生産と流通からみた日本の醤油醸造業と醤油嗜好の地域性… https://t.co/WOkRP7UR6u
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
なるほどなー。あまり害はないみたいだけど、割と低温でも増殖しやすく、卵焼きだと発光しやすいよ、と。そりゃびっくりするわなぁ。卵焼き光ってたらさぁ。→ https://t.co/LvyyZ7rYo5
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @shokodei: へー。 / “発光する玉子焼にぎり寿司から分離した発光細菌の検討 - J-Stage” https://t.co/YUXvWBazIX
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『玉塵抄』にみる戦国期日本の貨幣観 https://t.co/dGqjeeYDpx #CiNii
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 新聞記事言説による「いじめ」の社会的な構成と解離 : 助詞分析による検討 https://t.co/Rc3JmoI4sy
RT @zasetsushirazu: 添田仁「神戸外国人居留地と福原遊女・新撰組」(『海港都市研究』5、2010年)は、神戸大学が所蔵する「神戸開港文書」の内容の一部を紹介。慶応4年の神戸外国人居留地で、元新選組隊士が雇われていたという。そのことは、兵庫県権知事だった伊藤博文…
添田仁「神戸外国人居留地と福原遊女・新撰組」(『海港都市研究』5、2010年)は、神戸大学が所蔵する「神戸開港文書」の内容の一部を紹介。慶応4年の神戸外国人居留地で、元新選組隊士が雇われていたという。そのことは、兵庫県権知事だった… https://t.co/nPJVCMg0sk
RT @JapaJawaJava: こういう論文あります。1950年国勢調査の読み方も取り上げられてます。 https://t.co/DLSt5FxTKA

7 2 2 0 OA 史籍雑纂

RT @T_urade1987: @uwabutatsunori これは壬生浪士と言っても清河八郎のことです。色々史書に出ているようですが、長州藩士兼重謙蔵の『世子奉勅東下記』には文久三年三月朔日に吉村虎太郎と伊藤博文が八郎に会いに行き、親兵の周旋を依頼をしたとあります。 ht…

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @ELECTRICDADDY: その方は鉄道総合技術研究所の方ではなく単なる電気担当職員。計測原理はこの資料に載ってます→https://t.co/ni6BgU8RKl ドクターイエローの初号機が新幹線開業に間に合った功績で国鉄総裁表彰を授章。でもここに載ってないのは糸川…

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
大正7年9月17日、本野一郎が死去。ベルギー、フランス、ロシアの公使を務めた外交官で、寺内正毅内閣の外務大臣に就任。バールィシェフ エドワルド「ロシア革命とシベリア出兵構想の形成」(『ロシア史研究』84、2009年)は、シベリア出… https://t.co/gwlG7U21uy

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていな… https://t.co/DSIR9aAnbX

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

1 1 1 0 OA 日本名婦伝

龍居松之助『日本名婦伝』築山殿 https://t.co/TuIGOlJtyL
RT @ELECTRICDADDY: その方は鉄道総合技術研究所の方ではなく単なる電気担当職員。計測原理はこの資料に載ってます→https://t.co/ni6BgU8RKl ドクターイエローの初号機が新幹線開業に間に合った功績で国鉄総裁表彰を授章。でもここに載ってないのは糸川…
RT @tagomago712: 「池田勇人」(ミネルヴァ評伝選)を描いた藤田信幸の書評。 https://t.co/JESjgjzwbF
幸村誠先生が2017年に立教大学で講演したやつ。 『漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本』 https://t.co/mJfkwSqRP4
寒冷地における暖房でふと思ったんだけど、戦前の朝鮮半島において民間向け低賃貸高層住宅ってあったのかな。要は同潤会アパート。1941に朝鮮住宅営団が設立するんだけど、オンドル付き和風戸建てか、韓屋風なんですよ。https://t.co/j1pM4F1OMc
RT @HanazonoUniv: 【最近出た論文】山田崇仁 文化遺産学科准教授「Book Review 教科書的記述と最先端の研究世界に橋を架ける良書[佐藤信弥著 中国古代史研究の最前線]」(『東方』(450), 2018-08)https://t.co/Sfq3nw2wBm

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

RT @tyuusyo: 戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @ToyosakaLabo: また福井市史にも鰐淵家の記述があります。 https://t.co/yX7I2pCo1e

10 3 3 0 OA 越前人物志

RT @ToyosakaLabo: 彼の事績は「越前人物誌」にも詳しいので、ご興味のある方はご覧ください。 https://t.co/hgNm83I8OD
@satoshi__w 逆になぜ今のコンベンションになったのは何故だろうと思わなくはないです爆 ちなみにツッチー御大本人によるやや分かりやすい解説がございます。 https://t.co/0QUgUtkNwS
RT @tyuusyo: 久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV
久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV
RT @zasetsushirazu: 明治30年1月25日、松平直克が死去。松平春嶽の後、幕府の政事総裁職に就任。本拠を武蔵川越城から前橋城に移した。布施賢治『下級武士と幕末明治-川越前橋藩の武術流派と士族授産-』(岩田書院)は、直克の軍制改革にも言及。基となった博士論文を下…
RT @candidusflumen: 「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9
@nobuo_kimura @Tetsutaro2008  もともと半島の炭田(平壌)が無煙炭主体で練炭向きだったんですが、さて電化はどうでしょう。一応電気のこない家はないことになってますが。 https://t.co/qFNe6f4j2d

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

RT @tyuusyo: 戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51

28 24 24 0 OA 食行脚

RT @ksk18681912: 2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https…

28 24 24 0 OA 食行脚

RT @ksk18681912: 2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https…
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed

28 24 24 0 OA 食行脚

2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https://t.co/TVwJxjkSPN
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed
CiNiiの"赤松氏範"検索で気になった論文。代々の有馬家当主が氏範父子の追善料田として清水寺に寄進した「霜台田」の話でヒット?有馬持家の実名は教実とするべき(改名の可能性は否定せず)という話、赤松則尚の乱に荷担して失脚した「三魔… https://t.co/w05WHSeRnv
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1013「死刑をめぐる論点【第2版】」を掲載しました。 https://t.co/Ij4UiTeIm8
RT @hayakawa2600: 「反日」レッテルの時代的変遷をたどるうち、日韓条約直後の1966年に、自民党政調会文教調査会外人教育小委員会が「外国人学校制度」法案の成立を目指す過程で「朝鮮学校における反日教育」キャンペーンが吹き荒れたことを学ぶ。「制度」案の枠組みについて…
Google Scholarで"赤松氏範"って検索したら、「農耕・畜産・山樵用具 -民具から歴史を探る-」って論文がヒットしたのが面白かった。「武器としての鉞」の一例として、太平記の赤松氏範が取り上げられてます。 https://t.co/Qv7RKQAXP0
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の運営をめぐる争いにみる研究観。 https://t.co/erlRscy2sx
RT @TR_727: @hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジット『1970年代のタイ…
RT @TR_727: @hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジット『1970年代のタイ…
『看護学のための多変量解析入門』(医学書院)の雑誌書評のPDFです(フリー)。「まるで講義を受けているような奥深さ」 https://t.co/SZQRHA24BP
RT @almadaini: 安木新一郎「ジョチのタムガ」『京都経済短期大学論集』25(2), 2017, pp. 85-89 https://t.co/z0My5YeJcL と、同「ジョチ朝初期貨幣」『京都経済短期大学論集』25(1),2017, pp. 65-68 htt…
RT @almadaini: 安木新一郎「ジョチのタムガ」『京都経済短期大学論集』25(2), 2017, pp. 85-89 https://t.co/z0My5YeJcL と、同「ジョチ朝初期貨幣」『京都経済短期大学論集』25(1),2017, pp. 65-68 htt…
CiNii 論文 -  孤絶の歌としての大塚金之助 https://t.co/7e4hHswZnr #CiNii
CiNii 論文 -  住谷悦治と吉野作造 : 東大講義から『閑談の閑談』まで https://t.co/y42zO1P7Wr #CiNii
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 特別インタビュー 大塚久美子氏[大塚家具社長] 会社の永続こそ創業一族の利益(大塚 久美子ほか),2016 https://t.co/xstJY8x6SK
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @TR_727: @hayakawa2600 @akabishi2 そんな沢恒雄氏は、いくつかの学会に参加しているようで、肩書きも「遊工学技術士機構」https://t.co/fzqxcLKbCO「遊工学研究所 阿吽文化科学技術研究機構 所長」https://t.co/l…
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @ksk18681912: 震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふが店開きです、…
RT @ksk18681912: 大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」といった、震災後を…
震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふ… https://t.co/tBrGFIE1gL
大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」とい… https://t.co/NqfTsTC77E
RT @Cristoforou: 服飾の論文調べてたらこんなんが出てきた/CiNii 論文 -  【研究ノート】ゴスロリが持ち得る臨床心理学的可能性 https://t.co/un4HW0cNBm #CiNii
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…

フォロワー(1189ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
県別の生産量=県内消費量ではないんだけど、たまり醤油の生産割合が高いのは岐阜だけなので、関西ではたまり醤油が一般的とは言えないと思う。それにしてもどうして岐阜だけ…>論文 - 生産と流通からみた日本の醤油醸造業と醤油嗜好の地域性… https://t.co/WOkRP7UR6u
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『玉塵抄』にみる戦国期日本の貨幣観 https://t.co/dGqjeeYDpx #CiNii
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 新聞記事言説による「いじめ」の社会的な構成と解離 : 助詞分析による検討 https://t.co/Rc3JmoI4sy
RT @zasetsushirazu: 添田仁「神戸外国人居留地と福原遊女・新撰組」(『海港都市研究』5、2010年)は、神戸大学が所蔵する「神戸開港文書」の内容の一部を紹介。慶応4年の神戸外国人居留地で、元新選組隊士が雇われていたという。そのことは、兵庫県権知事だった伊藤博文…
RT @ELECTRICDADDY: その方は鉄道総合技術研究所の方ではなく単なる電気担当職員。計測原理はこの資料に載ってます→https://t.co/ni6BgU8RKl ドクターイエローの初号機が新幹線開業に間に合った功績で国鉄総裁表彰を授章。でもここに載ってないのは糸川…
大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていな… https://t.co/DSIR9aAnbX

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

1 1 1 0 OA 日本名婦伝

龍居松之助『日本名婦伝』築山殿 https://t.co/TuIGOlJtyL
幸村誠先生が2017年に立教大学で講演したやつ。 『漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本』 https://t.co/mJfkwSqRP4
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV
RT @zasetsushirazu: 明治30年1月25日、松平直克が死去。松平春嶽の後、幕府の政事総裁職に就任。本拠を武蔵川越城から前橋城に移した。布施賢治『下級武士と幕末明治-川越前橋藩の武術流派と士族授産-』(岩田書院)は、直克の軍制改革にも言及。基となった博士論文を下…

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed

28 24 24 0 OA 食行脚

2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https://t.co/TVwJxjkSPN
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の運営をめぐる争いにみる研究観。 https://t.co/erlRscy2sx
RT @TR_727: @hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジット『1970年代のタイ…
RT @TR_727: @hayakawa2600 田中角栄来訪時のジャカルタ暴動とかですよね。 井原伸浩『1970年代の東南アジアにおける 非経済的な日本イメージの悪化要因』https://t.co/110ei0l1pB タンシンマンコン・パッタジット『1970年代のタイ…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 特別インタビュー 大塚久美子氏[大塚家具社長] 会社の永続こそ創業一族の利益(大塚 久美子ほか),2016 https://t.co/xstJY8x6SK
震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふ… https://t.co/tBrGFIE1gL
大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」とい… https://t.co/NqfTsTC77E
RT @Cristoforou: 服飾の論文調べてたらこんなんが出てきた/CiNii 論文 -  【研究ノート】ゴスロリが持ち得る臨床心理学的可能性 https://t.co/un4HW0cNBm #CiNii
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…