著者
山口 二郎 中村 研一 宮脇 淳 宮本 太郎 遠藤 乾 新川 敏光
出版者
北海道大学
雑誌
学術創成研究費
巻号頁・発行日
2002 (Released:2002-04-01)

この研究では、1990年代後半から21世紀にかけて急速に進んだグローバル化による福祉国家の解体現象と、これに対する平等概念を基調とした対抗策について、考察した。まず、21世紀初頭に起こった日本的福祉国家の崩壊現象について、「リスクの社会化、個人化」と「普遍的政策、裁量的政策」という2つの軸を組み合わせることで、体系的な説明のモデルを作った。戦後日本では、補助金、護送船団方式など、裁量的政策によりリスクの社会化が図られており、そのことが結果的に疑似福祉国家的効果をもたらした。しかし、市場原理の浸透や透明性を求める市民社会の要求の中で裁量的政策と不可分に結びついていたリスクの社会化の政策まで否定され、新自由主義的構造改革が優勢となったと説明される。また、西欧において福祉国家のモデルが、90年代から21世紀にかけていかに変容、再生したかを比較の観点から考察し、日本に対する教訓を明らかにした。特に、イギリス、スウェーデンなどにおける社会的包摂(social inclusion)の概念を分析し、グローバル化時代における社会的排除(social exclusion)の弊害を明らかにすると共に、社会的包摂を実現するための政策の枠組みやこれを実施する主体について考察した。さらに、格差社会の到来という現状において、市民が政治や政策に何を期待するかについて、東京と北海道において大規模な意識調査を行なった。その結果、平等や公共サービスに関して、多少の地域差はあるものの、市民は格差の小さい社会を望み、充実した公共サービスを望んでいることが明らかとなった。この知見は、これからの福祉国家再生策の重要な基盤となる。

言及状況

Google+ (1 users, 1 posts)

>北海道大学・遠藤乾教授『山口二郎先生にはお世話になった』『先生が巨大なファンド(科研費4億5千万円)を取られて』『私はその下っ端で、本当に好き勝手させてもらったナー』。山口二郎『ホント、楽しかったですねぇ』。 > >山口二郎の科研費 > https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-14GS0103/ 「学問の自由」や「大学の自治」って、 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

科研費、4億5000万円、山口次郎、宮本太郎

Twitter (5072 users, 7193 posts, 4350 favorites)

@260yamaguchi 二郎君はそんなこと言う前に国民の疑惑が深まっている科研費の説明と領収書公開が先決だぜ、 まさか税金から出ている科研費をこの前の新潟みたいな政治活動に利用しているなんてことしてないなら… すぐに明らかにで… https://t.co/ZcalnhFYmg
@qhYG6EFgVhl3TIs @J_geiste @copeljcps 下のリンクを確認してみたら、どうだい? 学術研究の成果として、何が評価対象とされるか分かっているのかね? https://t.co/1IamWbrW7C
話題になっている「山口二郎氏の4億5千万円の科研費」のソースはこれね。「学術創成研究費」か。高額科研費としては基盤(S)くらいしか僕の念頭にはなかったけど、たしかにこれは高額だ。 https://t.co/eD2iI1giio
それに対し、まとまって大きな額が山口氏を代表とする大規模な研究グループにまとめて支出されたのは2002ー2006年のこのプロジェクトです。間接経費は大学事務に入り北大全体に運営に回されるルールなので、研究そのものには支出されません… https://t.co/dYMifytCSM
@adachiyasushi 「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」 期間:2002-2006 配分額: 445,770千円 研究者数:6名 https://t.co/yrF0xyBoBD
@rkayama @litera_web 念の為。 該当プロジェクトの成果報告は下記のページに記載されています。 https://t.co/4k8PvcDoYf
「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」、政治学のいろんな分野の集まる巨大プロジェクトだったんだな https://t.co/54GHgqPqrh
山口二郎のこんなロクでもない「研究」に血税4億5千万円!ふざけるなと言いたい!そっくりiPS細胞研究所にまわしてもらいたい! https://t.co/SoHameE4AM
.@D_KATO1231 さんのコメント「https://t.co/izsLdZOYSJ  このサマリーの成果、読む人が読むと分かると思うんだけど、ほぼ、日本政治学会という国内学会の雑誌の和文と英文だけ。採択率ほぼ100%でしょ?… https://t.co/0hWEh85odn
@takufaruru @adachiyasushi https://t.co/CCNKwkVmJ05年間一人1500万円で、古代ローマで調査しても同じだろうという結論 → 市民が政治や政策に何を期待するか...大規模な意識調査を… https://t.co/7SPd4rfUIE
(JY445,770 / 5yrs) / 6 persons = JY14,859 / year @ 1 person https://t.co/CCNKwkVmJ0 と単純計算しました。1人約1500万円。”16年間でのべ58人… https://t.co/SyGuFsHQ9W
.@softhitter99 さんのコメント「https://t.co/fjEjyydfmp 4億円分の研究の概要。 学術創成研究費だが、「科学研究費補助金等による研究のうち優れた研究分野に着目し、当該分野の研究を推進する上で… https://t.co/YErDX7ukM7
https://t.co/fR6CRkwdam 4億円分の研究の概要。 学術創成研究費だが、「科学研究費補助金等による研究のうち優れた研究分野に着目し、当該分野の研究を推進する上..… https://t.co/oV8YRtvhRL
.@D_KATO1231 さんのコメント「https://t.co/PRSFy5Kgwb  このサマリーの成果、読む人が読むと分かると思うんだけど、ほぼ、日本政治学会という国内学会の雑誌の和文と英文だけ。採択率ほぼ100%でしょ?… https://t.co/GWUTYLJXHf
https://t.co/3gdB7SrQ4k  このサマリーの成果、読む人が読むと分かると思うんだけど、ほぼ、日本政治学会という国内学会の雑誌の和文と英文だけ。採択率ほぼ100%でしょ? 国際..… https://t.co/UB47GW9L6U
山口二郎さん「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究 https://t.co/FprM0l2ySy 」の予算は6名で4億4577万円。直接経費1人6137万円。間接経費7755万円で何人か雇用したのかな? https://t.co/8biANkobIW
山口二郎氏らの研究、科研費4億円も一体何に使ったんだ https://t.co/2Woa2sFRPd
@CatNewsAgency これには載ってませんね https://t.co/8mK0U4bxHy
https://t.co/I3loNCro2R グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究 研究機関北海道大学研究代表者山口 二郎 北海道大学, 大学院・公共政策学連携研究部, 教授 (70143352)… https://t.co/LWndN081nY
@full_frontal https://t.co/CURLP5TjwB 言わないのは最初からこのように公開されているためです. 「公開されてるのに何言ってるんだ?」が研究者側の感覚. 「科研費 報告書」で検索,サイトで「山口二郎」と費用額で絞り込み.1分とかかりません.
科研費。「怪しいと思うなら研究論文見てからモノ言え」とか、「学術振興会に取材しろ」とか「大学事務局に聞け」とか回りくどいこと言ってないで、「経費明細は全て公開するから政治目的への流用が無いことを皆さんの目で確かめて下さい」って言え… https://t.co/0xlPx2nPgw
@marishiokayama グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究 https://t.co/xFwbw5oj5v 445,770千円 (直接経費 : 368,220千円、間接経費 : 77,550千… https://t.co/hPimpaz8eF
山口二郎氏はこれだけで約4億5000万もの補助金を使ったそうな。なお詳細な使途は直接と間接的に使ったとしか分からない。 https://t.co/CnHJf9egIq
@FantaMiyuki 毎年6億円ではなく、総計です。例えば、「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」は5年間で4億4577万円が使われました。これを観れば、初年度から3年間は毎年約1億円ずつ使われて… https://t.co/CIIzT6LbyJ
こんな感じで公開されていますね:https://t.co/2jXUYs6Clu https://t.co/ySpgduMjH9
@akisumitomo @ryupa1967 2002年度から2006年度の5年間、6人の研究者がかかわっているので、1人/年度あたり1500万くらいですね。それが研究成果に比して過大かどうかは分かりませんが、聞いた瞬間に怒りが… https://t.co/qUckuCiLz9
山口二郎の(勝手にNTUYに捏造された)いわゆる科研費問題。 億単位の金が〜!実績が〜!と言う前にまずデータベースを見て判断してほしい。ほんとに疑わしいのなら日本学術振興会に問い合わせればいいだけの話よ。… https://t.co/KTVUAvL33U
TLに流れて来た、これ。補助金の額は論議あるかも知れないが、研究課題それ自体は私も必要性を認めるところ。寧ろ、その必要性を認め得ない人たちは、福祉に携わっている人たちでは、いないのでは。 グローバリゼーション時代におけるガバナン… https://t.co/XfecyoXlnp
https://t.co/W0N85z5WEG 山口二郎氏は、研究成果を読んでから批判してほしい、と反論している。 しかしながら、吐き気がして読めないのだ。
.@_Osahiro さんのコメント「.@footen810 サマリーはこちらになります。出てはいるのです。 https://t.co/C9ABzUIBKt」にいいね!しました。 https://t.co/uWNJMSVImM
.@_Osahiro さんのコメント「.@footen810 サマリーはこちらになります。出てはいるのです。 https://t.co/PRSFy5Kgwb」にいいね!しました。 https://t.co/zWY9TLi3Tl
.@softhitter99 さんのコメント「https://t.co/fjEjyydfmp 実績の報告は、目に触れやすい形では、このURLのような形になっており、最終的にガヴァナンス叢書という3冊の本にまとまっているんだと山口氏… https://t.co/Dgyn5zh9LG
https://t.co/fR6CRkwdam 実績の報告は、目に触れやすい形では、このURLのような形になっており、最終的にガヴァナンス叢書という3冊の本にまとまっているんだと山口氏は言うでしょう..… https://t.co/xSnOSWtGMq
@blue___coc @kaiuriurikai @260yamaguchi 山口教授(北大当時)の論文 これで445,770千円→ 論文まとめるのに4億4千‥ 2002~2006年度 「1990年代後半から21世紀にかけ… https://t.co/GzEf67youE
@260yamaguchi https://t.co/Pd9bmBfsmB
CatNA@CatNewsAgency 北海道大学・遠藤乾教授『山口二郎先生にはお世話になった』『先生が巨大なファンド(科研費4億5千万円)を取られて』『私はその下っ端で、本当に好き勝手させてもらったナー』。 山口二郎の科研費… https://t.co/AyFEY5sOwm
KAKEN — 研究課題をさがす | グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-14GS0103) https://t.co/newnzELFz6
山口 二郎という屑になぜ科研費4億5千万円も支給しているのか?誰が決めているのか?調査追及すべき!!!https://t.co/uEVOr8Ma70
文部科学省御中 添付動画の法政大学の山口教授ですが、添付科研費資料の高額な研究費を、添付放送内容の様に「巨大ファンド」として「好き勝手にした」とのこと。税金の使い方が疑問です。調査をお願いできませんでしょうか?お願いします。… https://t.co/kO8NuLcNe7
@chutoislam 科研費、これなら「その程度の額」じゃない、バカバカ無駄金でも何でも出せそう。 貴兄の話と違い過ぎ、これこそ文科省の左翼著名研究者への忖度? 山口二郎 1件だけで、4.5億円。 上野千鶴子 1件だけで、455… https://t.co/Wk3vjhBsS0
文科省の科研費不正疑惑の報道の影響なのか? https://t.co/i3AYW06wJC https://t.co/8mRNk9cSOY
@matsumotot68 科研:文部科学省・日本学術振興会の科学研究費助成事業、要するに税金支給。 杉田水脈が文科省の反日活動学者への忖度(そんたく)を国会追求し表面化。 内容は公開。 北大左翼活動家山口二郎は、下記一件だけで4… https://t.co/NRaCOpTstq
2006 年度 研究成果報告書概要  https://t.co/I0VoHom0Ul  これを見ると、山口先生が現政権に対してやたらと「強気」なのも分かる気もするが、しかし、与党で関わった民主党政権、野党で関わった野党共闘と、いず… https://t.co/H9DcNlIRcX
億単位の研究費で話題になっている山口二郎教授の北海道大学での研究  グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究  https://t.co/q3VzQqCXmg
グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究 https://t.co/En8vbm1jKw via @nuzzel
山口二郎氏に4.5億の税金(科研費) https://t.co/W0N85z5WEG これは、「安倍を叩き切ってやる」と発言した山口二郎氏に投入された科研費です。 この内容を見て、科学研究費と思う方がどれくらいいるのでしょう… https://t.co/8HuLlkD9SQ
@HASEGAWA4910 @togetter_jp 該当する研究成果報告書はざっと見しましたけど、題名みる限りはそれなりにまともな研究してるようには見えます。 しかし、ジャーナルが和文や英語でも日本の大学出版社からばかりでグロー… https://t.co/cXK5songdt
@260yamaguchi @meti_NIPPON @mextjapan @MOF_Japan @sugawitter 無駄な税金使用見っけ https://t.co/BkVR2ncAk9 このムダ金を削り、山中教授のiP… https://t.co/XPwIsLpOwk
みんなのN iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中教授が実はクラウドファンディングで研究費を募っている一方、反政府活動をする教授達には4億5千万円の科研費を取得 実に理不尽だと思いますが如何ですか?… https://t.co/Er2G5aVnvq
代表+分担者の6名に五年で4億はすごいなぁ。学術創成研究費かぁ。今では考えられない話だわ。 https://t.co/4Ev44gjZMU https://t.co/2k1sY9sLU0
これか https://t.co/tV3WxFEyQf
@tnatuyama @jfk_darkearth @Drfukudashuhei 3つのテーマにまたがりますが本当に6億円 うち下のテーマが4億5000万円 毎年のごく簡単な報告書が載っていますが 例えば2002年は3000人も… https://t.co/leresSHdip
@alpza518 @bunbuku_cyagama 「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」 初年度2002年1億円なんだが、道内経営者3000人!の意識調査、海外出張、シンポジウム開催  3000人… https://t.co/szaDLdGyEj
一方で山口二郎は北大時代、これだけの金をもらっていた。マジで無駄金である。 https://t.co/fjEjyydfmp 山中教授が寄付募集しネット震撼 #BLOGOS https://t.co/HpJszco5bI
この話、併せて読むとため息しか出ないよね? 山口が北大を辞め、法政に移る時のもの。山口がゲットした「巨大なファンド」とは、科研費4億5千万円。「建設的に使った」 https://t.co/hoNXPU1DZ1 山中教授が寄付募… https://t.co/56q3qWmDtU
これですか。>4億5000万 https://t.co/rKwIGJ9XYU
山口二郎 https://t.co/4fWKxtW5eO キーワード グローバリゼーション / 民主主義 / 福祉国家 / 公共政策 / 平等 / 社会民主主義 / 財政 / 環境 / グローバル化 / 市民社会 / リスク /… https://t.co/CwfRwdJ4A8
北海道大学・遠藤乾教授『山口二郎先生にはお世話になった』『先生が巨大なファンド(科研費4億5千万円)を取られて』『私はその下っ端で、本当に好き勝手させてもらったナー』。山口二郎『ホント、楽しかったですねぇ』。 山口二郎の科研費… https://t.co/b8S9AgyeU0