Atsushi Nozaki - IP Info (@e_patent)

投稿一覧(最新100件)

RT @Ymg_kz: 知財関係の判決文・審決文の解説はたくさんあっても、読み方のコツや留意点を紹介したものはあまり見かけないな、と最近思っていたところで見つけた記事2つ。 判例の読み方 https://t.co/m0myR7KrSz 米国特許訴訟判例の調査方法と判決文の読…
昭和電工の情報グループであった田邊さんの論考「ビッグデータ時代における特許情報調査への人工知能の活用」を見ると、以前はFRONTEOのPatent ExplorerとXlpatなどを使っていたようですね https://t.co/wgTjMGhBSD https://t.co/l10vMhPjG6
RT @estoppel88: 最後は旭化成の方のプレゼン+3名の方の対談。 旭化成の方ご執筆の論文。 企業における知財アナリストのキャリアパス~IPランドスケープの実施のために~ https://t.co/ekqnokVGgF https://t.co/YtHAylfQf6
「特許公報を題材とした検証の結果,専門家が納得できる決定ルールの抽出に成功するとともに,単純な分類方法よりも高い分類精度を示すことができた」とのこと ラフセット理論を用いた文書分類システムの提案 https://t.co/ruxy794bZL
特許情報を企業という組織において活用するというのは「情報経営学」的にも重要だと思うので、あとで読もうと思います 情報経営学は何をどのように明らかにすべきか? https://t.co/FqABWY27tV
日本情報経営学会誌・最新号の論文 あとでチェックします J-STAGE Articles - ユーザー共創研究の概念間整理 https://t.co/6I0bDXk07A
旭化成の和田さん、中村部長は「AI時代のIPランドスケープを遂行する知財アナリスト」を寄稿されています https://t.co/ZD5s2uhXYO 副題にある通り、分析手法やツールではなくシナリオ構築(仮説やストーリー)について強調されており、特許情報分析に従事されている方は一読いただきたいと思います
「IP軍師たるインフォプロを目指す」を寄稿されているのは桐山さんです https://t.co/dW9Jw3nxkr "最近のスキルとしてはIPランドスケープをC-Suiteに語れることが必要"とのことでAI時代のインフォプロとして必要な7つの要素を列挙しています
スマートワークスの酒井さんは 「AI系調査ツールとの付き合い方」に関する視点の提案 https://t.co/yvFORqTlyd を寄稿されています 先日noteに投稿した「AI・人工知能を活用した特許調査ツールとの付き合い方について考えてみる」も合わせて参照いただければ幸いです https://t.co/rLwNOv6lJ5
#情報の科学と技術 の今月号の特集は「AI時代のインフォプロ」 非常に魅力的な論考がそろっています 「#知財AI活用研究会 の研究事例紹介」は #アイピーファイン の平尾氏による論考です https://t.co/BDQTITcZP8
イーパテントの野崎が #情報の科学と技術 7月号に「情報調査・分析およびインフォプロの今後」を寄稿させていただきました 1月の新春セミナー「情報調査・分析および #インフォプロ の今後-知財業界の #IPランドスケープ を踏まえて-」の講演録がベースとなっております https://t.co/xMu77T9Leh

お気に入り一覧(最新100件)

ダイソンとバルミューダ。 J-STAGE Articles - 成熟市場におけるデザインドリブンイノベーション https://t.co/Sn7ShuBGpB
知財関係の判決文・審決文の解説はたくさんあっても、読み方のコツや留意点を紹介したものはあまり見かけないな、と最近思っていたところで見つけた記事2つ。 判例の読み方 https://t.co/m0myR7KrSz 米国特許訴訟判例の調査方法と判決文の読み方 https://t.co/NLCHAvf9V7
最後は旭化成の方のプレゼン+3名の方の対談。 旭化成の方ご執筆の論文。 企業における知財アナリストのキャリアパス~IPランドスケープの実施のために~ https://t.co/ekqnokVGgF https://t.co/YtHAylfQf6
人工知能学会2020の発表論文。デロイトトーマツ。→深層学習を利用した特許請求項ベースの特許技術俯瞰マップ https://t.co/5hXCs4ZuKX

フォロー(856ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1176ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)