e-Patent - 知財情報コンサルティング/ (@e_patent)

投稿一覧(最新100件)

特許情報を企業という組織において活用するというのは「情報経営学」的にも重要だと思うので、あとで読もうと思います 情報経営学は何をどのように明らかにすべきか? https://t.co/FqABWY27tV
日本情報経営学会誌・最新号の論文 あとでチェックします J-STAGE Articles - ユーザー共創研究の概念間整理 https://t.co/6I0bDXk07A
旭化成の和田さん、中村部長は「AI時代のIPランドスケープを遂行する知財アナリスト」を寄稿されています https://t.co/ZD5s2uhXYO 副題にある通り、分析手法やツールではなくシナリオ構築(仮説やストーリー)について強調されており、特許情報分析に従事されている方は一読いただきたいと思います
「IP軍師たるインフォプロを目指す」を寄稿されているのは桐山さんです https://t.co/dW9Jw3nxkr "最近のスキルとしてはIPランドスケープをC-Suiteに語れることが必要"とのことでAI時代のインフォプロとして必要な7つの要素を列挙しています
スマートワークスの酒井さんは 「AI系調査ツールとの付き合い方」に関する視点の提案 https://t.co/yvFORqTlyd を寄稿されています 先日noteに投稿した「AI・人工知能を活用した特許調査ツールとの付き合い方について考えてみる」も合わせて参照いただければ幸いです https://t.co/rLwNOv6lJ5
#情報の科学と技術 の今月号の特集は「AI時代のインフォプロ」 非常に魅力的な論考がそろっています 「#知財AI活用研究会 の研究事例紹介」は #アイピーファイン の平尾氏による論考です https://t.co/BDQTITcZP8
イーパテントの野崎が #情報の科学と技術 7月号に「情報調査・分析およびインフォプロの今後」を寄稿させていただきました 1月の新春セミナー「情報調査・分析および #インフォプロ の今後-知財業界の #IPランドスケープ を踏まえて-」の講演録がベースとなっております https://t.co/xMu77T9Leh

お気に入り一覧(最新100件)

人工知能学会2020の発表論文。デロイトトーマツ。→深層学習を利用した特許請求項ベースの特許技術俯瞰マップ https://t.co/5hXCs4ZuKX

フォロー(654ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

78 78 78 1 OA 科学技術指標2020

科学技術指標2020 https://t.co/L8scYAbZMB の 概要 https://t.co/VlapXKMRLB には、 他にも特許関係の分析(概要図表15~19)が含まれているのですが、 興味深かったのが商標出願と特許出願を絡めたデータ(11ページ 概要図表22)についての次の分析。 (つづく) https://t.co/qwVdF0EUzU

78 78 78 1 OA 科学技術指標2020

科学技術指標2020 https://t.co/L8scYAbZMB の 概要 https://t.co/VlapXKMRLB には、 他にも特許関係の分析(概要図表15~19)が含まれているのですが、 興味深かったのが商標出願と特許出願を絡めたデータ(11ページ 概要図表22)についての次の分析。 (つづく) https://t.co/qwVdF0EUzU

78 78 78 1 OA 科学技術指標2020

パテントファミリーについて概要等で確認してみた。 報道発表(9ページ 概要図表14) https://t.co/hLPM00Z1yj 概要(9ページ 概要図表14) https://t.co/VlapXKMRLB 最新が2013-2015年の平均なので少し古いですが、日本(1位)と米国(2位)も数を増やしているなかで中国(5位)の大幅増が目立つ。

78 78 78 1 OA 科学技術指標2020

パテントファミリーについて概要等で確認してみた。 報道発表(9ページ 概要図表14) https://t.co/hLPM00Z1yj 概要(9ページ 概要図表14) https://t.co/VlapXKMRLB 最新が2013-2015年の平均なので少し古いですが、日本(1位)と米国(2位)も数を増やしているなかで中国(5位)の大幅増が目立つ。

フォロワー(547ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)