hayataka (@hayataka88)

投稿一覧(最新100件)

データ駆動型研究やオープンサイエンスが進展する時代に、国立国会図書館はいかに科学技術情報を整備し、知識基盤を確立するべきかが提言されている。→第五期国立国会図書館科学技術情報整備基本計画策定に向けての提言 - 「人と機械が読む時代」の知識基盤の確立に向けてhttps://t.co/sFUEjWYTGk
参考論文:誰のための自動化?(1993) → https://t.co/amkDtYNsRu #AIとデザイン
中央大の発表(人工知能学会2020)→特許出願技術動向調査報告書の自動更新に向けて https://t.co/qyA85sk9Qc
人工知能学会2020の発表論文。デロイトトーマツ。→深層学習を利用した特許請求項ベースの特許技術俯瞰マップ https://t.co/5hXCs4ZuKX
面白そう→経済学史研究におけるテキストマイニングの導入 https://t.co/tO8DslTOQR
機械学習を用いた空調熱源システムの不具合検知・診断 https://t.co/PJVFwzbI8P
複雑化社会における意思決定・合意形成のためのAI 技術 人工知能学会 AI書庫(アイショコ) [旧:未来メディア実験館] https://t.co/ui820ZornF
日立の論文→特許文献に対する分類付与と付与根拠箇所推定の ための統合深層学習 https://t.co/lnLggk0CYJ
複雑ネットワークの可視化におけるクラスタ分析を支援する対話機能 https://t.co/aKll9NHzHU
あー、やってみたいなと思ってた分析。企業がカバーする技術領域の幅と企業パフォーマンスの関係性に関する実証分析 https://t.co/9SLM6Q8gXd
ニューロモデュレーションの現状と展望 https://t.co/PuyMQQYYbS
特許公開公報文章からの化学物質名の切出しと選別法の検討 https://t.co/UAEyIasxc8
テクノロジー・インテリジェンスでググってみたら論文あった笑 「特集 戦略的意志決定とインテリジェンス テクノロジー・インテリジェンス」https://t.co/HvksKEturs
テキストマイニングの技術と動向(計算機統計学:2015) https://t.co/iiKyWCMihI
「優先度学習による推薦文からの見出し抽出」かな。https://t.co/KoRrTuihqb https://t.co/PHYFDcg1yU
3i研究会を聴講して https://t.co/LDhyGng2R1
面白そう。あとで読む→知財部員が取り組む「知財デューディリジェンス実務」の検討 https://t.co/2VV4ZrAc5O
深層学習の技術課題(①ブラックボックス問題、②機械学習から意思決定までのっギャップ、③学習に必要なデータ量・計算パワーの増大、④分析プロセス設計の難しさ)と現在のチャレンジについて平易にまとまっている→「ビッグデータ×機械学習の展望」https://t.co/NPP15sHlh3
CiNii 論文 -  標準必須特許ビジネスと独占禁止法 https://t.co/ogXCWpfJQk
拡張知財情報科学者?!→拡張知財情報科学者に3年以内になるにはどうするか: https://t.co/VkN6RSxqkB
御社の特許戦略がダメな理由 https://t.co/cK1PERWjEA https://t.co/cK1PERWjEA
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2017年7月号 特集:「特許情報と人工知能(AI)」の編集にあたって…パテントドキュメンテーション委員会 https://t.co/1Egeyn6RPj
書評「特許情報分析とパテントマップ 作成入門 改訂版」https://t.co/OyuAVz98sA
オープンな行政文書を対象としたトピック変遷の分析:科学技術白書の時系列分析 https://t.co/HybXdlWZCt
@sanukiya1 @ama_sci @ntakei 横から失礼します。研究・技術計画学会でこんな発表もあったようです。検討違いだったらすみません。→「内容の類似性評価手法を利用した同一特許発明者の特定」 https://t.co/cfLPW82ne0

お気に入り一覧(最新100件)

小田中・中井(2020)がまとめて下さったように、トピックモデルとコーディングには、それぞれ長短があります。 https://t.co/oA1Th7VWv3 なので、状況に応じて使い分けられれば素敵ですよね。なお計量テキスト分析の考え方において、トピックモデルは「段階1」に含まれます。https://t.co/DR7isfpMeb
多摩美や芸大で研究や教鞭を執られた、須永先生の論文が、着想を形にする手助けとなってくれました! 2004年の論文ですが、もっと注目されて良い論文だと思います! 是非ご覧ください! https://t.co/uvns6PtxNY https://t.co/bOksR1IsaG
三菱電機デザイン研究所の方の論文。意味的ベネフィット、情緒的ベネフィット、機能的ベネフィット。 白物家電における脱コモディティ化の研究(博士論文PDFリンク) https://t.co/loxaBtuXHP
最近の松尾豊先生の考察を見つけた。ディープラーニング(深層学習)の進展が、科学技術にどのような変化をもたらすか、について考察されている。 「高次元科学,知能の構成要素, そして,人工物工学や知の構
計量テキスト分析ではなく,質的な分析をするためのソフトについては: 「質的データ分析支援ソフトウエアの機能と背景にある考え方:Atlas.ti7とNVivo11の比較から」 https://t.co/YUAm1XaydU 「質的調査法の教育におけるQDAソフトウェア利用:MAXQDA12 を事例として」 https://t.co/AbDeKdrkTX
計量テキスト分析ではなく,質的な分析をするためのソフトについては: 「質的データ分析支援ソフトウエアの機能と背景にある考え方:Atlas.ti7とNVivo11の比較から」 https://t.co/YUAm1XaydU 「質的調査法の教育におけるQDAソフトウェア利用:MAXQDA12 を事例として」 https://t.co/AbDeKdrkTX
以前からも苦肉の策で医薬品っぽく「◯◯剤」という出願はありました しかしトクホや機能性表示食品の広まりもあり、2016年に食品の健康用途発明を一部認めると基準が改訂されました これにより食品業界でのさらなる競争が期待されています ↓に詳しい解説があります https://t.co/jEWcXjUpm3
福島 真太朗, 本山 裕一, 吉見 一慶, 敵対的生成ネットワークによる逆合成の経路探索, 第41回ケモインフォマティクス討論会 https://t.co/2DzQLxtalu
三菱化成工業の五月女 正三氏の論考「経営戦略としての特許管理」です。1973年に執筆された論文です。 さて、この45年前を論文を読んでいただいた上で、なんとかスケープの新規性とは、これいかに? https://t.co/6MFn12K9zW
面白そうだ、あとで読もう J-STAGE Articles - 特許検索のための物理法則概念による文書分類の研究 https://t.co/ZiwfkwVnkp
「オープンなデータ取引市場」実現の取り組み:データ流通推進のための取引市場の要件,課題と実装事例 https://t.co/0aBFQ4nU1T
西田 豊明|視点 人工知能スキーマ:人々は人工知能をどうとらえているか 情報管理, Vol. 60 (2017) No. 1 p. 50-55 https://t.co/DGPVxOK45H
「技術流出の構図」という書籍の著者 発明者からの分析はいろいろ発見があり面白いです 藤原 綾乃 人材流動化とイノベーション新興国に移動する発明者の分析 組織学会大会論文集 Vol. 5 (2016) No. 2 p. 26-32 https://t.co/YTkvt8Bgqt
こういうケーススタディって、読むのは楽だが、まとめる方はすごい大変な労力だと思う。 貴志 奈央子|外部知識の活用による事業機会の獲得 赤門マネジメント・レビュー, Vol. 14 (2015) No. 6 p. 311-332 https://t.co/TjojlHZGLt

フォロー(787ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

関連文献として、例えば、川島ほか(2016)「大学における研究関連求人の推移:JREC-IN Portal掲載の求人票に基づく分析」 てのもあります。 https://t.co/ipAIQBSKX1
7月頃開催予定でオンライン配信。受講料は改めてお知らせとのこと。 (初級)特許情報活用研修(簡易パテントマップを作ってみよう!) https://t.co/mkSNO21hm5 初級・簡易なら、こういう記事を参考に先ずはやってみるのもありかな。 Excelを使ったパテントマップ作成方法 https://t.co/oHunMk45os https://t.co/sqfMSiaHgZ
RT @yabooarat_ylw: 近代西欧における遠隔作用概念の思想史・文化史的研究 KAKENHI-PROJECT-10J05482 https://t.co/unKWwMPBuA
メモ:統計検定を理解せずに使っている人のためにIII https://t.co/3MJqyx9iIc
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載しました https://t.co/H72gYFtQux
RT @hi_masai: 小林昭七先生による「数学論文の書き方(英語編)」 https://t.co/MOwFglbsGQ 冠詞の使い方など、勉強になりました。辞書を引く大切さも。 学生の頃、検索ヒット数で英語を調べていたら 「辞書を引きなさい。多数決で正しさを決めるのは科…
平林 一成 -  河森正治氏インタビュー ―〝花〞と〝融合〞、そして〝変容〞へ― ※2017の能楽学会のトークも踏まえたインタビュー https://t.co/l7svAqrrHp
下向井 龍彦 -  平安時代の四つの転換点について : 王朝国家論の立場から https://t.co/oL1XvnhwuW
RT @shigeodayo: 論文公開されてた。自分の顔によく似た「他人のそら似顔」にメイクすると、その後に提案されるメイクに対してポジティブな印象を抱くことがわかりました。資生堂との共同研究の成果です。 https://t.co/aXPYxOgHOA

フォロワー(618ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

関連文献として、例えば、川島ほか(2016)「大学における研究関連求人の推移:JREC-IN Portal掲載の求人票に基づく分析」 てのもあります。 https://t.co/ipAIQBSKX1
坂井先生の追悼文を再読した https://t.co/iIAtwGLSwl
RT @ykamit: @eizaburodoi 学部卒でNHKに入られたそうです。坂井研で長尾先生の一つ上、堂下先生の同期(?)。なので京大大学院では研究してなくて論文博士だと思います。↓よると画像圧縮・符号化の研究で学位を取られてようです(量子化の粒度を変えて線形補間って脳…
RT @yabooarat_ylw: 近代西欧における遠隔作用概念の思想史・文化史的研究 KAKENHI-PROJECT-10J05482 https://t.co/unKWwMPBuA
メモ:統計検定を理解せずに使っている人のためにIII https://t.co/3MJqyx9iIc
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 宇都宮大生による宇都宮餃子の消費行動(鈴木 富之ほか),2019 https://t.co/f8moTmAjSb
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載しました https://t.co/H72gYFtQux
RT @NDLJP: 【EU】デジタル単一市場における著作権指令『 #外国の立法 』281-2号, 2019.11.10. https://t.co/VwByLETWI3 #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
平林 一成 -  河森正治氏インタビュー ―〝花〞と〝融合〞、そして〝変容〞へ― ※2017の能楽学会のトークも踏まえたインタビュー https://t.co/l7svAqrrHp
下向井 龍彦 -  平安時代の四つの転換点について : 王朝国家論の立場から https://t.co/oL1XvnhwuW
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…