hondama (@hondayonda)

投稿一覧(最新100件)

RT @r_itose: SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点。同著者はフランク・ア…

1 1 0 0 OA 諺苑

親ノイケント冷酒ハ後ニキク(『諺苑』太田全斎著、寛政9(1797)年) https://t.co/3leboBVz6e https://t.co/yHzCEKcico
「憲法保障機関の正統性―連邦憲法擁護庁を中心に」武市 周作(「東洋法学」2018年3月) https://t.co/X2RCbQHRrw
RT @takumi_itabashi: 【参考】今野元「エルンスト・ルドルフ・フーバーと「国制史」研究(1)」『紀要. 地域研究・国際学編』(愛知県立大学外国語学部)第48号、2016年、61-84頁。ブラントの言葉については冒頭の61頁。 https://t.co/lv0P…
「ドイツでは犬の殺処分ゼロ」は、あくまでも民間の動物保護施設(Tierheim)に収容され、かつ不治の病にかかっていない場合には、ということらしい。安楽死はなされているし、狩猟法では犬猫も殺してよいことになっていて、その数は年間数… https://t.co/nJFF1UnjGQ

10 0 0 0 社会言語学

RT @tera_sawa: 雑誌『社会言語学』(https://t.co/EiT7GPIGhh)の書評者を募集しています。木村護郞クリストフ著『節英のすすめ―脱英語依存こそ国際化・グローバル化対応のカギ!』です。ご興味おありの方は私までDMください。 https://t.co…
RT @ladolcevita416: 鈴木晶先生のFBで知ったのですが、若くして亡くなられた佐野勝也さんの絶筆「フジタの白鳥 画家藤田嗣治の舞台美術」が発売になっています。https://t.co/cdKq2WibtN 日本初演の「白鳥の湖」の舞台美術は藤田嗣治作でした。ht…
RT @jp_wissenschaft: ドイツの事例も含まれています。 RT @high190: 諸外国における大学の授業料と奨学金(国立国会図書館・調査と情報) / “諸外国における大学の授業料と奨学金” http://t.co/bA7TMLspo9 #大学 #学費 #奨学金
RT @nekonoizumi: グスタフ・マイリンク/中岡翔子訳「<翻訳>『標本』・『蝋人形館』」http://t.co/0xpGrwFVuf 中岡翔子「<翻訳>訳者解説」http://t.co/Q3K2DaUP8u 『文芸表象論集』第1号(2014.3) 京大のリポジトリに…
RT @nekonoizumi: グスタフ・マイリンク/中岡翔子訳「<翻訳>『標本』・『蝋人形館』」http://t.co/0xpGrwFVuf 中岡翔子「<翻訳>訳者解説」http://t.co/Q3K2DaUP8u 『文芸表象論集』第1号(2014.3) 京大のリポジトリに…
RT @heero108: 【朗報】足立芳宏先生の名著『近代ドイツの農村社会と農業労働者:<土着>と<他所者>のあいだ』(京都大学学術出版会、1997年)が、京都大学学術情報リポジトリ"KURENAI"から全頁閲覧&ダウンロード可能に! http://t.co/ZF0oIN86…
RT @sophia0027: 池田浩士さんの1973年の講義録、ジャンパウルの「レヴァーナもしくは教育論」入門。当時の大学講義の様子も知れて興味深い。いろいろな意味で感心する。 http://t.co/MJk9Riy77P
RT @tanaka_hitoshi: 先日研究会で古後奈緒子さんが挙げられた文献の複写依頼をしてみた。斉藤尚大「大都市と祝祭文化--ルドルフ・フォン・ラバンの1920-30年代における著作と演出に関する一考察」。 http://t.co/FijPyTJl4m 勤務先も含め、『…
RT @nekonoizumi: 著者、こういう論文も書いているんだな ポルシェ・<VW>・ヒトラー:工学のアルカディアと技術のユートピア http://t.co/Hrl91WyInz ハンス・カロッサ : ナチス政権下における「精神的抵抗」 http://t.co/RDPSU…
RT @camin: 18世紀バレエの演劇性(劇的アクシオン)とスペクタクル性(タブロー)の問題について。譲原晶子「バレエ・ダクシオンにおける筋立て構成」 http://t.co/Mi2TgqAbhm #CiNii
瀧田恵巳:ダイクシス過程における「距離」とOrigoとの関係について 2013.03.31 http://t.co/fNpe5ZmLhU これは出たばかりの論文だ。大阪大学「言語文化研究39」所収。
@Canary0721 ドイツ語のオノマトペ、このあいだこれを見つけて読みました。 http://t.co/qHgZnAWE

360 0 0 0 OA おほかみ

RT @suikyokitan: 明治22年発行のグリム童話「おほかみ」、訳者と発行者の肩書はこれ。http://t.co/YDmKrfpS
RT @tanaka_hitoshi: 西村清和(編)『日常性の環境美学』が予約可になっている。3月31日発売らしい。http://t.co/mm9vKIR5 分担執筆者は分からないが共著らしいので科研「『生活場所(ビオトープ)』の美学」 http://t.co/FRmV ...

お気に入り一覧(最新100件)

池田浩士さんの1973年の講義録、ジャンパウルの「レヴァーナもしくは教育論」入門。当時の大学講義の様子も知れて興味深い。いろいろな意味で感心する。 http://t.co/MJk9Riy77P
先日研究会で古後奈緒子さんが挙げられた文献の複写依頼をしてみた。斉藤尚大「大都市と祝祭文化--ルドルフ・フォン・ラバンの1920-30年代における著作と演出に関する一考察」。 http://t.co/FijPyTJl4m 勤務先も含め、『舞踊学』を購読している大学は意外に少ない…

フォロー(675ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

3 2 2 2 OA 雲根志 3編6巻

RT @homkithi: 11/14は「いい石の日」ってことで江戸期の石マニア木内石亭が著した『雲根志』から鉄樹を。鉄棒のように長くて硬い石。釣り上げたタコがその鉄樹で漁師に応戦してきたというエピソードが挿絵に描かれている。国立国会図書館デジタルコレクションでも読めるよ。 h…
RT @r_itose: SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点。同著者はフランク・ア…
SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点… https://t.co/YMLBYA8bBe
RT @bokukoui: そのからくりは、同書の書評がすでに指摘しています。経済関係の歴史学会でも大手どころ・経営史学会の『経営史学』47巻2号(2012年)に掲載された、北海道大学の満薗勇先生の書評を、抜粋してみましょう。 https://t.co/hW4w7nEU3s
RT @yukofelix: 大正期のイタリア人考古学者を通じた日伊交流についての論文が刊行されました。https://t.co/nMAacHdteq さっき雑誌の編集後記を読んでみたら、私の論文が西洋史ではなく考古学の論文としてカウントされていたのが衝撃でした。抜き刷りお送り…
RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ
RT @kaetn: 「ネット世論」研究から見る「ハイブリッド・エスノグラフィー」の必要性 木村 忠正 https://t.co/67fgr6BuJG
RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ
RT @mittsko: これは、碧海寿広先生の論文を紹介した記事でした。その元論文はこちらからダウンロードできます(*´ω`*)  ↓ CiNii 論文 - 哲学から体験へ : 近角常観の宗教思想 https://t.co/3v96NAnIgg #CiNii
RT @MValdegamas: 北方領土返還、これが最後のチャンスだ!(5年ぶり3回目) https://t.co/Yl2jvIRVED https://t.co/9u06TujOs3
RT @MValdegamas: 北方領土返還、これが最後のチャンスだ!(5年ぶり3回目) https://t.co/Yl2jvIRVED https://t.co/9u06TujOs3
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @ryusukematsuo: 待鳥聡史 [2018] 「ポピュリズムと政治制度」『法学論叢』182(4/5/6): 78-103 https://t.co/7nkdIZw9is 読みました(ウェブには出ていないようです).
RT @ryusukematsuo: 待鳥聡史 [2018] 「ポピュリズムと政治制度」『法学論叢』182(4/5/6): 78-103 https://t.co/7nkdIZw9is 読みました(ウェブには出ていないようです).
RT @ryusukematsuo: 大澤津 [2018] 「正義論と政治・政策はいかに交わりうるのか――正義の理論から正義の議論に至る見取り図」『北九州市立大学法政論集』45(3/4): 179-195 https://t.co/BbYLdqy6sC こちらは未読.著者はジョ…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? おネエと女とフリークス : 『お気に召すまま』と『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』(北村 紗衣),2009 https://t.co/XooJ5rEEeH
RT @BungakuReportRS: 前原 恵美 -  江島弁財天信仰と常磐津節演奏家 : 浮世絵「相州江之嶋弁財才天開帳参詣群衆之図」を起点に https://t.co/SToO3P1Z7v
RT @BungakuReportRS: 北島 恭代, 齊藤 昌子 - 江戸時代の小袖と現代着物に使用された絹布の剛軟性 【江戸時代の小袖裂は,明治時代以降の着物裂に比べ薄地で軽く,軟らかい傾向にあることが分かった】https://t.co/AZlWNBSesx
フランスの歴史家シャルル・セニョボスが言ったとされる「恋愛、この十二世紀の発明」という警句のソースについて調査した論文です。セニョボスのエッセイの翻訳も掲載しています。 片山 幹生「恋愛の誕生」をめぐる言説:シャルル・セニョボスの… https://t.co/6IXAuLR2Tv

フォロワー(1529ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点… https://t.co/YMLBYA8bBe
RT @yukofelix: 大正期のイタリア人考古学者を通じた日伊交流についての論文が刊行されました。https://t.co/nMAacHdteq さっき雑誌の編集後記を読んでみたら、私の論文が西洋史ではなく考古学の論文としてカウントされていたのが衝撃でした。抜き刷りお送り…
RT @shiso_ume: <論説> 足尾銅山・朝鮮人強制連行と戦後処理 古庄 正 https://t.co/U93DWoWzpR
RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ
RT @kaetn: 「ネット世論」研究から見る「ハイブリッド・エスノグラフィー」の必要性 木村 忠正 https://t.co/67fgr6BuJG
RT @shima__shima: AI学会誌に執筆しましたKDD2018の会議報告が公開されました: https://t.co/q1Ic8ALtoP 会員以外でも無料でご覧いただけます.
RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ
RT @matsuikei: 戦後、改憲してないのは日本だけだという論。では、他の先進国の戦後の改憲はどのようなものだったのか。こちらをご参照下さい。国家権力を強める形での改憲などないことが分かります。 「諸外国における戦後の憲法改正【第5版】」国会図書館デジタルコレクション…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…

1300 2 1 0 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
RT @mittsko: これは、碧海寿広先生の論文を紹介した記事でした。その元論文はこちらからダウンロードできます(*´ω`*)  ↓ CiNii 論文 - 哲学から体験へ : 近角常観の宗教思想 https://t.co/3v96NAnIgg #CiNii
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @ryusukematsuo: 待鳥聡史 [2018] 「ポピュリズムと政治制度」『法学論叢』182(4/5/6): 78-103 https://t.co/7nkdIZw9is 読みました(ウェブには出ていないようです).
フランスの歴史家シャルル・セニョボスが言ったとされる「恋愛、この十二世紀の発明」という警句のソースについて調査した論文です。セニョボスのエッセイの翻訳も掲載しています。 片山 幹生「恋愛の誕生」をめぐる言説:シャルル・セニョボスの… https://t.co/6IXAuLR2Tv
RT @odakin: https://t.co/GmTH0lYb7o 内山龍雄先生のご遺稿が公開されているのを発見。 めっちゃくちゃオモロイ。 続きが読みたい!と思ったがここまで書いたところで亡くなられたのだな。。