Kawaguchi Yusaku (@kwsk3939)

投稿一覧(最新100件)

RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
J-STAGE Articles - 初等中等教育におけるラーニング・アナリティクスの展望 https://t.co/F1kMyGFzl5
自己に対する評価と接近回避志向の関係性──制御焦点理論に基づく検討── https://t.co/w60C48K3WP
制御適合はパフォーマンスを高めるのか?―制御適合の種類別の検討― https://t.co/lU6ctGvf9v
勉強会の中で疑問が出たので > 日本人にとって理想自己と義務自己はどのように異なる自己なのか : 大学生が記述する属性語とカテゴリーの分析を通して https://t.co/pfMgSt2gq8
RT @asarin: 調査は2社で実施。実際のトラップ、それにかかったモニタがどのくらいいたか、心理尺度にかれらがどう答えたかは本文でご確認を。Web調査を素でやるのはまずい、と思うはず。こうした基準でサンプルを仕分けるのは国際的には当然になってます。https://t.co…
RT @asarin: 内容はとてもシンプルです。調査者にしたら「ちょっと長いけどまあ読んでくれるよね」と思いたい質問文にトラップをかけて、それにかかったかどうかでモニタを分類、かかった人とそうでない人でリッカート尺度の回答行動を見た。それだけ。https://t.co/hB8…
RT @asarin: Webモニタ調査、流行ってますよね。私たちもね、ご多聞に漏れずだったんですが、どうも「真面目にやってくれてない」人が結構いないか?って思ってたんです。データが信頼できないの気持ち悪いですよね。じゃあ実証してみましょ、がこの論文。https://t.co/…
RT @asarin: 「社会心理学研究」最新号で論文公刊:三浦麻子@asarin・小林哲郎@tkobyashi オンライン調査モニタのSatisficeに関する実験的研究 https://t.co/hB83TXtzti ★Satisfice:調査に際して協力者が応分の注意資源…
「質的研究の最終的な目的は理論を構築することである」(p. 415) http://t.co/TSQks6sXuc
仮説検定, 効果量, そして適合度指標—SEMを用いた分散分析の理解— http://t.co/P2qtQ4XSrn
RT @uranoken: RT鍵: 何回読んでも泣ける、すごくいい実践です。教師になりたい人は読んだ方がいい。CiNii 論文 -  質的調査を通して「教室生活の質」を高める探究的実践(実践報告,第39回全国英語教育学会北海道研究大会) http://t.co/PLU7nQ5…
「英語語彙の意味範囲に関する不十分な理解とその修正」『教育心理学研究』 https://t.co/vvGjquoTen

お気に入り一覧(最新100件)

「学習観と学習方略の相互因果関係の検証」 https://t.co/hgtJEP41sx

フォロー(408ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

偏見と差別について https://t.co/bTP4rx8JjU https://t.co/Nafv1GU44O
RT @T_Yamane: 共著論文が日本教育工学会論文誌に掲載されました。意見文を書く際の方略について,小学生を対象とした調査をもとに尺度開発を行なっています。よしなに。 https://t.co/TmRKumI1v1
共著論文が日本教育工学会論文誌に掲載されました。意見文を書く際の方略について,小学生を対象とした調査をもとに尺度開発を行なっています。よしなに。 https://t.co/TmRKumI1v1
RT @tmrowing: 今時の学参ではどう扱っているんだろうか? この項目に関する私の知見は20年ほど前のものですので。 「同格名詞節を導くthat
RT @caboss_K: 某全国規模の理科のテストってどんな学力測ってるの?ということについて、教科横断的に因子分析にかけて考えてみた共著の論文が公開されました。国語と算数の因子はわりときれいに見られたけど、理科はいろいろ混じってるかも?という結果です。 https://t.…
RT @akinori_ito: Deepでポン以前の異常音検出についてはこちらをご覧ください https://t.co/aFwRAhLksW
RT @caboss_K: 某全国規模の理科のテストってどんな学力測ってるの?ということについて、教科横断的に因子分析にかけて考えてみた共著の論文が公開されました。国語と算数の因子はわりときれいに見られたけど、理科はいろいろ混じってるかも?という結果です。 https://t.…

3 3 3 0 OA EBM・NBM と鍼灸

RT @MUMSAIC: 偽鍼についてはこちらの解説もどうぞ。 EBM・NBM と #鍼灸 山下 仁, 高梨 知揚, 鶴岡 浩樹, 若山 育郎 全日本鍼灸学会雑誌68 巻 (2018) 3 号 https://t.co/YPj8cmJLvd
RT @asarin: 心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 htt…
RT @asarin: 心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 htt…
心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 https://t.co/bztmLHJCj0
@yukitsunamama @pentax @Y_Kawaura こないだ実験実習でターンら(2019)の公正感受性尺度日本語版(短縮版)を使ってデータ収集をしました.ここで議論してる文脈は被害者JSだと思いますが,こんな分布です. https://t.co/7WUwzvX1cN https://t.co/QNDRmkroCV

フォロワー(538ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @fattyspongecake: 今J-stageのランキング1位になってる論文おもしろいよ。読んでは? 東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究 https://t.co/QdCgdsLVbr https://t.co/Zv1HSnxXE7

856 851 851 567 OA 権力構造の発生モデル

RT @akupiyocco: この論文にまとめられていたので、貼っておくね。 元論文は初対面の学生同士の会話を分析したもの。 1)男性同士の会話では沈黙が多い 2)女性同士の会話では沈黙が少ない 3)にもかかわらず、男性と女性の間の会話では、男性が女性の会話に割り込み、女性…
RT @T_Yamane: 共著論文が日本教育工学会論文誌に掲載されました。意見文を書く際の方略について,小学生を対象とした調査をもとに尺度開発を行なっています。よしなに。 https://t.co/TmRKumI1v1
共著論文が日本教育工学会論文誌に掲載されました。意見文を書く際の方略について,小学生を対象とした調査をもとに尺度開発を行なっています。よしなに。 https://t.co/TmRKumI1v1
RT @tmrowing: 今時の学参ではどう扱っているんだろうか? この項目に関する私の知見は20年ほど前のものですので。 「同格名詞節を導くthat
RT @caboss_K: 某全国規模の理科のテストってどんな学力測ってるの?ということについて、教科横断的に因子分析にかけて考えてみた共著の論文が公開されました。国語と算数の因子はわりときれいに見られたけど、理科はいろいろ混じってるかも?という結果です。 https://t.…

13846 13846 13846 71 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
RT @MathEdr: 数学授業における「わかる」とは何なのか、「わかる」数学授業とは何なのかについてはこちらの報告書からが入りやすいかと思います。3章が理論編で4章が実践例。明治図書からまとまった形で本も出てますがこちらからなら無料。 「わかる数学の授業を構築するための基…

3 3 3 0 OA EBM・NBM と鍼灸

RT @MUMSAIC: 偽鍼についてはこちらの解説もどうぞ。 EBM・NBM と #鍼灸 山下 仁, 高梨 知揚, 鶴岡 浩樹, 若山 育郎 全日本鍼灸学会雑誌68 巻 (2018) 3 号 https://t.co/YPj8cmJLvd