著者
駒村 美佐子 津村 昭人 山口 紀子 藤原 英司 木方 展治 小平 潔
出版者
農業環境技術研究所
雑誌
農業環境技術研究所報告 (ISSN:09119450)
巻号頁・発行日
no.24, pp.1-21, 2006-03 (Released:2011-03-05)

わが国の米(玄米、白米)、小麦(玄麦、小麦粉)および水田・畑作土中の90Srと137Cs濃度を1959年から42年間にわって調査した。米、小麦では90Srと137Csともに1963年に最大値が観測された。この年は、大気からの放射性降下物の降下量が最も多く記録されている。水田・畑土壌の90Srと137Cs濃度は、降下量の多かった1963年から1966年にかけての最大値を示した。1966年以降、米・小麦および土壌ともに90Srと137Cs濃度は多少の増減を繰り返しながら漸減し続け今日に至るが、1986年には、チェルノブイリ原子力発電所の事故に起因する特異的に高い小麦の137Cs汚染が生じた。上記の放射能汚染調査データを解析した結果、次のような興味ある知見が得られた。a)白米と玄麦の放射能汚染形態(直接汚染と間接汚染の割合)を解析した結果、白米、玄麦とも90Srと137Csが茎葉などから取り込まれる直接汚染の割合は、90Srと137Csの降下量が極めて多い1963年頃では70~95%を占める。しかし、降下量が激減した1990年以降の汚染形態は直接汚染に代わり、経根吸収による間接汚染が主である。b)90Srと137Csの水田および畑作土内における滞留半減時間を試算したところ、水田作土では90Sr:6~13年、137Cs:9~24年、畑作土では90Sr:6~15年、137Cs:8~26年の範囲である。C)米および小麦の90Srと137Cs濃度と、水稲および小麦の栽培期間中における両核種の降下量との間にそれぞれ高い正の相関が成り立つ。この関係から回帰式を導き、栽培期間中に降下した90Srと137Csの量を知ることにより、米および小麦の放射能濃度を推定が可能である。

言及状況

Facebook (2 users, 3 posts)

Inoie Shokoさんより (資料) http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010724549.pdf わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 (平成 17 年9月 20 日受理) 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所 (そのなかのデータ画像3枚だけアップ) ※資料が開けない場合もあるようです。
2012年の夏の時点で既に福島の住民の「ガン発症の確率」は増加していたことが判明した  ☆福島第1事故 がん発症確率微増 福島大など調査 (河北新報) http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140225_03.htm http://www.webcitation.org/6NezjVoAl 東京電力福島第1原発事故の約1年半後に約2カ月間実施 ...
2012年の夏の時点で既に福島の住民の「ガン発症の確率」は増加していたことが判明した  ☆福島第1事故 がん発症確率微増 福島大など調査 (河北新報) http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140225_03.htm http://www.webcitation.org/6NezjVoAl 東京電力福島第1原発事故の約1年半後に約2カ月間実施 ...

Google+ (1 users, 2 posts)

2012年の夏の時点で既に福島の住民の「ガン発症の確率」は増加していたことが判明した  ☆福島第1事故 がん発症確率微増 福島大など調査 (河北新報) http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140225_03.htm http://www.webcitation.org/6NezjVoAl 東京電力福島第1原発事故の約1年半後に約2カ ...
2012年の夏の時点で既に福島の住民の「ガン発症の確率」は増加していたことが判明した  ☆福島第1事故 がん発症確率微増 福島大など調査 (河北新報) http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140225_03.htm http://www.webcitation.org/6NezjVoAl 東京電力福島第1原発事故の約1年半後に約2カ ...

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (381 users, 441 posts, 304 favorites)

@mollichane @kossyvege 農業環境研究所では1969年から全国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度を測定しています。 https://t.co/yv95dhGrdN
link: わが国の米、小麦および土壌におけるsr-90とcs-137濃度の長期モニタリングと変動解析 2006/3 https://t.co/6cjmROlsaG
東日本の汚染は、福島第一原発事故前の汚染5Bq/kgと比べると驚くほどの悪化だし過去最悪の1960年代大気圏核実験時(畑Cs137平均約30Bq/kg)よりも相当悪い(参照図13)。https://t.co/SXjEyDnr4J https://t.co/cXhnFJFbtH
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】https://t.co/TfNikvNfar
よく、1960年代核実験時の放射性物質による土壌汚染は今よりひどかったなどの嘘情報が見られますが、文献を見れば、当時の汚染はCs137の数値的に今の東京よりずっとましです。http://t.co/WjH5knaOMH
(重要文献)1960年代の核実験全盛期の日本国内の放射性セシウムによる土壌汚染について。下の文献で、一番汚染が大きい1963年で、全国畑土のCs137平均値は30.5Bq/kgです。図13参照(縦軸対数なので注意) http://t.co/WjH5knaOMH
ホワイトフードで講演されるのはあまり感心しないなぁ。 米の汚染は事故前のMAXは10bq/kg 1963年 事故前(直前)は0.1オーダー以下。 http://t.co/mNRP85PCHd  もっとも事故でせっかく減衰してきたのをぶち壊したわけだからなぁ。
農業環境技術研究所の報告では次の文献も貴重なものです。 事故前の土壌と米の汚染度を知るには必読。 わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 http://t.co/qYow946F4n https://t.co/yB1ULoG27U
米も麦も、ごく微量なレベルだと震災前からストロンチウムやセシウムがはいっているという資料。 http://t.co/R2mCfxiSzg
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/TJHcGP5reP
これなんかですねhttp://t.co/mdsFxRqAxW RT @ikeda_kayoko: 大気圏内核実験時代、このくらいのBqのお米を知らずに10年とか食べていた可能性大な世代のアカウントがこちらになります
【参考】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析http://t.co/3nzBFqv0oJ ⇨チェルノブイリの時の「麦」。穂が出る時期と重なったとかで「100倍近い」?みたいな調査 http://t.co/uE0biN5Ays
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/AksZPMcRRJ
【参考】http://t.co/kLhtikrDPr 大気からの降下量の最も多く記録された1963年に、 白米中90Srで0.27 Bq/kg、137Csで4.2 Bq/kgの最高値が認められた。 以後低下し、1984年頃にはピーク時の1~4%となっ た。
@wasabine こんなPDFはヒットしますが… 「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析」 農業環境技術研究報告 2006年3月 http://t.co/5Z6vBVbeq1
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/AksZPMcRRJ
「わが国の米、小麦および土壌における 90Srと 137Cs濃度の 1959年から2000年にわたるモニタリング調査」 http://t.co/kLhtikrDPr 白米の汚染については資料6ページに以下の通り記載されている。
過去も、決して0ではなかった。チェルノ事故時の輸入規制値のことも知らんのでしょうね。 RT @strigidae96: こんな調査文献が出てます、参考下まで。http://t.co/r8izAHegJB @mikino5 @naos888 @hoisar @JPN_LISA @ら
こんな調査文献が出てます、参考下まで。http://t.co/fS7MEaB2HL あ、図星刺されて火病中の人のアカは敢えて外しました。粘着が鬱陶しいのが理由の一つです。@mikino5 @naos888 @hoisar @JPN_LISA @ladatata
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析「全国平均値の最も高かった1963 年産白米では、137Cs濃度が最高で約10 Bq/kgを記録した試料が出現し人の健康への影響が懸念された。」P6 http://t.co/UdyPF8ECE9
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
bot◆ 【PDF注意】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析 【2006年3月】http://t.co/uPf9gh5pji
取り敢えずどうぞ。http://t.co/cVIpIRDowx ちなみに小出助教もラジウム、ラドン(どちらも温泉地が高濃度)の人体への影響を危険視しています。天然人工にかかわらず。 RT @65856706s: mitsukirei @divinejuice 岩石から植物への
@yassi119 @dagasikasi_krw 1960年代の中国での大気圏内核爆発 の経過を見れない # 反原発 って感情の戯言だよな。 http://t.co/7339eT9Kmz http://t.co/NFeMZYEmoj
過去の白米のセシウム137とストロンチウム90の汚染濃度 http://t.co/HcKGsUu9XD 駒村ら:わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 http://t.co/LTN0VTcBB8
.@akipon95 http://t.co/OmcbTInb87 わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析
1963年に白米中90Srで0.27 Bq/kg137Csで4.2 Bq/kgまた玄麦中90Srで12 Bq/kg137Csで44 Bq/kgの最高値→わが国の米小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析http://t.co/Fp0q99hvRA
全国平均値の最も高かった1963年産白米では、137Cs濃度が最高で約10 Bq/kgを記録した試料が出現し(全国平均約4Bq/kg)、人の健康への影響が懸念された(リンク先のPDFファイルより) http://t.co/V9TV05elKW
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 | AgriKnowledge http://t.co/D4SqnMDjLZ 時間が有る時に読もうっと...
紹介しているブログが多かったので探してみました。削除済旧リンク:"http://t.co/4SQrcYMXCT" さらっとは読めない論文ですが…「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析」http://t.co/xlfbtOgLui
白米の90Srと137Cs濃度の経年推移 http://t.co/v5Tm0uTy
論文 「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析」(駒村ら 2006年)(PDF) http://t.co/pbLdtXrF 。12月30日までの1週間に約2900ダウンロード。
【備忘録】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析(1959年から2000年までの42年間測定)農業環境技術研究所報告 第24号 http://t.co/pghJzhcL (PDF閲覧注意)
@GuciYama まさか、前からどうせあるし、とかじゃないですよね? 「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析」 http://t.co/CSIolndi
@kitamurakenji 全国平均すると、水田のCs137の半減時間は16年、畑の場合は18年で半分になっているとあります(こちらhttp://t.co/o1NenE1S のp.17右半分)。論文発表時期が2006年なので今回の事故の影響は含みません。
@kitamurakenji こちらhttp://t.co/o1NenE1S は2006年に出た農業環境技術研究所報告の掲載論文で、日本の水田と畑のCs137とSr90の半減時間(冷戦時代の1964年をピーク値として算出)を調べています(p.17右半分)
昔のことを今更言っても仕方ないけど、核実験時のセシウムとストロンチウム比率は近いんだよね。「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析」http://t.co/G7vBJUCE
②つまり「1964年の尿」と比較すべきは「1963年の日常食」で、「わが国の〜」http://t.co/zVfueqmVでも63年は64年より倍くらい高く、それが原因かな?と思っていたのですが、、@morecleanenergy http://t.co/uJOZxrtP
[Sr90] 玄麦、小麦粉、玄米、白米中のSr長期推移の文献(2006y)→ http://t.co/bmhkvk6i グローバルフォールアウト時の汚染は'61報告では北より南半球が1桁低い。'95までの35年間のSr90濃度の玄麦/玄米比は4と、麦>米の傾向強い
メモ:(平成23年7月1日~8月10日)茨城県 小麦の汚染 http://t.co/khHADFfy  わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析  http://t.co/v5Tm0uTy
私もメモ RT @kodomiraInfo: 「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析」http://t.co/6iimTiWh 核実験とチェルノブイリなどによるフォールアウトの総合的考察論文。(すぐ読めないが,メモ)
「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析」http://t.co/GKwxhvMh 核実験とチェルノブイリなどによるフォールアウトの総合的考察論文。(すぐ読めないが,メモ)
"@geophysics: 核実験時代からの米、麦の汚染については、今Twitterを休まれてる @mugla77 さんから「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析」 http://t.co/ywDauBgm を教えてもらいました"
大気圏内核実験のピーク1963年のfallout(死の灰)による137Csの汚染は、白米で最高約10Bq/kg、全国平均約4Bq/kg。改正食品基準値100 Bq/kgは10倍も高い。(農業環境技術研究所報告 第 24号 2006) → http://t.co/QEYzDnjE
【わが国の米、小麦および土壌におけるSrとCs濃度の…変動解析】 http://t.co/v8eUbR3F 「全国平均値の最も高かった1963年産白米では、1 3 7Cs濃度が最高で約10 Bq/kgを記録した試料が出現し(全国平均約4Bq/kg)、人の健康への影響が懸念された」
農業環境技術研究所:1959~2000年の白米、玄米のSr90、Cs137 http://t.co/hVRGPESv
【わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析】 http://t.co/fQbwnMEg
@pyopyou 「農業環境技術研究所報告・わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析」 http://t.co/VKnpyOnm
私の判断基準のひとつ。http://t.co/hg1wYsz3 過去の放射能汚染で受けてきた被曝量。 とりあえず、自分たちはほぼ普通に生きてこれた量と認めて、ここが汚染のボーダーラインと思っている。
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 http://t.co/HvZhF9A8
@mirachu これを簡単に言うとどういうことでしょうか博士! http://t.co/zQniZt9q
え書き。震災前の米のセシウムについてのデータ。自分はこういうのを食べて大きくなった。難しくて全部読みきれてないけど・・ http://t.co/t3CQd9Bq 
"06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」とあります。 http://t.co/zvMN1NPG..." http://t.co/U3IwiUtB
「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」との論文のコメントを注目している。http://t.co/syTE2RqO研究者が根拠なく、そういうコメントをするとは考え難い。参考文献に当たるのが全うな方法だが、執筆者に質問するのが手短か。
311以前日本国内で白米中のCs-137がピークだったのは大気圏内核爆発実験最盛期1963年の4.2Bq/kgだったのか。今と比較すると牧歌的とも言える少なさ。 http://t.co/MzWMpkV4
RT @mugla77: 06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」とあります。 http://t.co/OYPccW0B
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 http://t.co/A0IHwzdm
6ページ左下です@HayakawaYukio :何ページに書いてあるの?@mugla77 : 06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」とあります。 http://t.co/syTE2RqO
10Bqでも!RT @mugla77: 06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」 http://t.co/GZPEl75l @georgebest1969 @HayakawaYukio
06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」とあります。 http://t.co/chlbQqSM @georgebest1969 @HayakawaYukio
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 農業環境技術研究所 http://t.co/Z4WXZ1QX
そこで、事故前までの日本人のセシウム摂取を調査した文献を調べてみた。その1 米と小麦と土壌のCs137の濃度。米・小麦は1960年代で1~20Bq/kgくらい。土壌は40Bq/kgくらい。 http://t.co/H8QBdkw9
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 | AgriKnowledge - http://t.co/IEL6GLwL :普段の被曝させないで、っていう意味でも核保有反対って
核実験ピーク時は意外と低いんですねぇ…。「全国平均値の最も高かった1963年産白米では、1 3 7Cs濃度が最高で約10 Bq/kgを記録した試料が出現し」 http://t.co/4CLJA4VW
@iwakamiyasumi 何も言いません、ご一読を。 その1 http://t.co/aTYgQ387 その2 http://t.co/zEathuDN
まやかしは徐々に剥がされる。ちゃんと出てくるんだこういう論文と60年代からの実測分析。 その1 http://t.co/aTYgQ387 その2 http://t.co/zEathuDN @itoshunya @nhk_HORIJUN
米麦なら農水省研究機関で1959年からのものが公開。 http://t.co/jE3AQdeJ 原論文は→ http://t.co/w4dYwlPs @inspiremaki @Tokyo_Dog 食品の測定データは1989年からしか......検索キーワードがあったら
この論文http://t.co/gotRFr91によれば、出穂期の浮遊セシウムが米麦のセシウム含有量に大きな影響を与えるとの事。かつ、早川教授主張のように土埃の浮遊が4~5月に激しいのであれば、米より麦に汚染が出やすい事は理に叶う。http://t.co/8iAAlDdy
たいして効果ないだろう。土壌内→根からの吸収より、葉に付着した土・風塵からの直接吸収のほうが支配的だと、過去数十年の観察に基づく論文http://t.co/gotRFr91が示唆している。⇒『コメのセシウム、カリウム肥料増やせば大幅減』 http://t.co/tTX0cAoE
06年の論文には核実験の影響が最も深刻だった「1963年産白米では137Cs濃度が最高で約10Bq/kg、健康への影響が懸念された」とある(6ページ) http://t.co/chlbQqSM 100Bq/kgを超える米など、いかなる理由でも作付けすべきではない。生産者に補償を。
@IanMulvany Great! It is work well at our site http://t.co/CBMJYqkl Would you like to inform tag or data need to connect with addthis?
2006年の日本の論文「137Cs濃度が最高で約10 Bq/kgを記録した試料が出現し、人の健康への影響が懸念された」 http://t.co/chlbQqSM ドイツ放射線防護協会は8Bq/kg基準 http://t.co/tu4OlQ4u 東電事故以前は0.1Bq/kg以下。
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析 http://t.co/chlbQqSM 全国平均値の最も高かった1963年産白米では、137Cs濃度が最高で約10Bq/kgを記録した試料が出現し、人の健康への影響が懸念された(6ページ)

収集済み URL リスト

http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010724549.pdf (285)

http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010724549 (111)

http://altmetrics.ceek.jp/article/agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010724549 (1)