著者
中岡 まり
出版者
一般財団法人 アジア政経学会
雑誌
アジア研究 (ISSN:00449237)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.1-18, 2011-04-30 (Released:2014-09-15)
参考文献数
56

Elections have performed a regime-legitimizing function for the Chinese Communist Party(CCP). Under CCP control, the electorate has been unilaterally forced to support the CCP, as questioning the content of the values of communism that the CCP sought has not been permitted. In recent years, however, the electorate has grown increasingly dissatisfied with the lack of values. For the continuing strengthening of its regime, the CCP has had to allow elections to serve to articulate interests. The greatest issue for the CCP is to what degree to allow the interests articulated and values expressed by citizens because either limiting them too much and permitting them too much could shake the existing regime.The direct election of Local People’s Congress delegates in Beijing in 2003 saw the entry of many independent candidates who aimed to be elected outside the influence of the CCP. This paper examines the career histories, motivations, and election campaigns of the independent candidates as well as the response of the CCP organization. The research reveals the following points regarding the limits of CCP permission on the proposal of values in the election process and the significance of those limits.The motivation of many independent candidates was not articulation of interests but participation in politics; however, the independent candidates who won were in the end charged with the articulation of interests as a result of their election. They told the electorate that there were options in terms of values. However, none of the independent candidates elected took an adversarial stance in relation to the CCP, and the value options that they presented were always within the range permitted by the CCP.The top echelon of the CCP seeks to incorporate a new conciliatory class in the CCP organization based on the policy of ‘improving the composition of delegates’ through elections. On the other hand, the response of CCP grassroots organizations reveals the imposition of the following three limits on the presentation of values. First, the presentation of values may not infringe on the power of the election management authorities in election operation. Second, the election campaigns of independent candidates may not have wide-ranging impact. Third, the values presented may not include criticism of the CCP.In the future, how the criteria for presenting values change needs to be examined as an issue related to the legitimacy of the CCP regime.
著者
中岡 まり
出版者
常磐大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

本研究では、中国共産党が指導する選挙過程と選挙民の投票行動を分析し、選挙制度を通じた共産党統治の変容の可能性を明らかにすることを目的としてきた。研究の結果明らかになったのは、主に以下の3点である。第一に、党の選挙過程に対するコントロールが強化される一方で、選挙により得られる支配の正当性は限定的なものとなる傾向にあること。第二にロジスティック回帰分析の結果、投票者が有権者としての意識を持ち始めていること、第三に党のコントロールが暴力的な形を取り始めたことが示すように、多元化する市民の利益言表出要求に対する共産党の柔軟な適応能力が低下していることである。
著者
菱田 雅晴 毛里 和子 天児 慧 加藤 弘之 高原 明生 大島 一二 趙 宏偉 南 裕子 WANK David 唐 亮 小嶋 華津子 朱 建榮 加茂 具樹 諏訪 一幸 鈴木 隆 阿古 智子 中岡 まり 中居 良文 林 載桓 福田 円 呉 茂松 弓野 正宏
出版者
法政大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2011-04-01

中国共産党を組織集団として捉えようとの目的から、中国側カウンターパートの協力の下、党および党員に関する認識をめぐる広範なインデプス・インタビューおよびアンケート調査を実施した。国家社会論フレームに基づくクロス解析結果から、「党政関係」、すなわち,党・国家体制の揺らぎおよび「党群関係」、すなわち,党に対する公信力の低下が観察された。だが、その一方で、政府、とりわけ中央政府に対する信任は依然として高位にあるところから、党信任の脆弱性は国家信任の強靱性によって補完されており、党のサバイバル戦略が依然として機能しているものと推測される。
著者
菱田 雅晴 毛里 和子 天児 慧 加藤 弘之 唐 亮 高原 明生 小嶋 華津子 朱 建榮 趙 宏偉 諏訪 一幸 阿古 智子 南 裕子 中岡 まり 加茂 具樹 中居 良文 呉 茂松 白 智立 鄭 永年 景 躍進 趙 秀梅
出版者
法政大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2007

1978年末以来の中国の改革が"私利"を核とした社会システム全体の転型であることに呼応して、中国共産党自身にも"私化"傾向が著しく、組織としての私人性に加えての"私利性"は"領導核心作用"なるレトリックの正統性に深刻な影を落としている。最終的には、この党組織は、内外の環境変化から危機的様相を強め、存続そのものが危殆に瀕しているかの如く見えるものの、これら変化を所与の好機として、この世界最大の政党にして最大規模の利害集団はその存在基盤を再鋳造し、新たな存在根拠を強固なものとしつつあるものとの暫定的結論を得た。