著者
坂井田 瑠衣 加藤 文俊 諏訪 正樹
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.112, no.455, pp.99-104, 2013-02-25

共食の場をデザインするにあたっては,料理形式や参与者同士の関係性を考慮した上で,相応しい座席配置を決めることが望ましいが,その具体的な配置に関する優劣は明らかでない.そこで,協同調理行為を伴う食卓において,座席配置がコミュニケーションに及ぼす影響を検討した.お好み焼きを協同で調理しながら会話するべく食卓を設定し,調理時と非調理時において生じるコミュニケーションの秩序の差異を,発話者遷移分析により明らかにした.身体が調理行為に拘束される食卓においては,親密度の低い参与者同士を隣同士ではなく向かい合わせに着席させることで,調理によって会話が滞ることなく進展することが示唆された.
著者
松浦 李恵 加藤 文俊 岡部 大介
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.440-455, 2019-12-01 (Released:2020-03-01)
参考文献数
24

This paper analyzes the relationship between costume making as a hobby and interaction with the other family members and articfacts in a room represented in fieldwork study of a female informant aged 26 participating in “Costume Play” community. First we frame this work as an effort to think about their making at home using the concept of “interest-driven” activities and poaching. Then we share our methodology based on video observation and reflective interview. Our analysis of the scenes revealed that a hobby at home (especially, sawing) is a valuable venue for observing about subjective design process with some artifacts not only for sawing but also TV, DVD, laptop,smart phone and so on. In addition, continuing one’s hobby at home is to collocate one’s interest with the other family members’ multiple interests.
著者
加藤 文俊
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.50, pp.155-167,230, 1997

The present paper reports an on-going study on images of the Internet. By employing a content analytic approach, visual images of advertisement in a series of the"Internet Magazine" were coded and interpreted. It was found that the"conduit" metaphor is pervasive and seemingly privileged when we think and talk about the Internet. In it, communication is understood as a transfer of"information" from sender to receiver. I suggest that the Internet can be understood alternatively, from a"constitutive" view of communication, which perceives that meaning is constantly constructed, reconstructed, and maintained communicatively in occasions of social interactions.
著者
加藤 文俊 諏訪 正樹
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.27, 2013

「わかることは、かわること」である。身体感覚の変容を促すための学習環境をデザインする上では、われわれの身体的な経験を一度「ことば」として外化・対象化し、それをふたたび自らの「からだ」で行動に結びつけるプロセスの理解こそが重要な課題となる。本研究では、筆者らが開発・実践をすすめてきた「まち観帖」を事例に、フィールドワークをつうじて、自らの生活環境への感受性を高める学習のあり方について検討する。
著者
坂井田 瑠衣 加藤 文俊
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.27, 2013

社会的インタラクションにおける身体の存在は,生起するコミュニケーションの質に影響を与える.身体性を孕むコミュニケーションが観察される好事例として,お好み焼きの協同調理行為を介した食卓を対象とし,発話行為と調理行為の相互作用をマルチモーダルに分析した.会話参与者が協調的に調理する食卓において,身体が調理行為に拘束されることで,異なる座席配置により生起する会話の質が変化することが示唆された.