著者
松永 武 小林 健介
出版者
日本保健物理学会
雑誌
保健物理 (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.31-44, 2001 (Released:2010-02-25)
参考文献数
56

The prophylactic use of stable iodine is one of the protective measures during a nuclear emergency. In order to know the resultant radiation dose to the thyroid gland and the effectiveness of iodine prophylaxis in the case of Japanese, a sensitivity analysis was performed for related physiological parameters for Japanese. As a result, the variances in the deposition efficiency of radioactive iodine aerosol in the respiratory tract due to changes in the respiratory parameters were found rather small between the standard Caucasian and Japanese. The changes due to the radioactive iodine aerosol size were more significant, suggesting the importance of understanding the physico-chemical status of aerobic radioiodine released in a nuclear emergency. Concerning the metabolic parameters of iodine, the result of the sensitivity analysis based on an iodine metabolic model showed that the most critical parameters are those which describe the transport of stable and radioactive iodine from the blood compartment to the thyroid gland. Accordingly, a confirmation of the transport model and the related parameters for Japanese are essential to clarify the effectiveness of iodine prophylaxis to reduce thyroid gland exposure of Japanese. (This work was performed under the auspices of the Science and Technology Agency of Japan.)
著者
藤岡 正美 内田 敏夫 松永 武之
出版者
日本作物学会
雑誌
日本作物学会中国支部研究集録
巻号頁・発行日
no.26, pp.9-10, 1984-07-13

水稲安定生産の要(かなめ)としての苗は、昔から"苗半作"といわれるほどで、現在においても良苗を得るための種子選別法として塩水選が行われている。山口県では、昭和58年度はとくに内海沿岸を中心に籾枯細菌病が多発したが、籾枯細菌病は種子伝染するとされ、塩水比重が1.14以上の溶液で選別すれば防除上有効であるといわれる。これまで横井が水と食塩の重量によって塩水比重がどう変わるか報告した。その後現在に到るまでその値が引用されている。しかしながら、実際にその塩の量を用いて塩水を作るとかなり高い比重の塩水ができ、実用上問題があると考えられたので、種々の塩を用いて塩の量と塩水濃度との関係について検討した。なお、塩の提供等については専売公社山口支局及び山口県農業協同組合連合会ので協力があったので、ここに記して謝意を表する。