著者
黒田 長久 柿澤 亮三 堀 浩 大阪 豊 臼田 奈々子 内田 清一郎
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1, pp.1-15, 1982-03-31 (Released:2008-11-10)
参考文献数
26
被引用文献数
3 4

22目57科185種の鳥類の血球(一部胸筋)を試料として,澱粉ゲル竜気泳動法(pH7)により,ミトコンドリア内リンゴ酸脱水素酵素(M-MDH)の陰極側への移動度を測定した。移動度の表現は,マガモ血球のM-MDH移動度を100と定めたときのこれに対する相対値である。鳥類M-MDHの移動度は各種組織間に差がなく,またこれまで種内,属内での変異は見られなかった。さらに科内,目内での変異も比較的少なく,他の酵素(アイソザイム)にくらべて極めて均一性の高い酵素である。ダチョウ目,ミズナギドリ目,ペンギン目,カイツブリ目,ペリカン目(ウ科),コウノトリ目(トキ科),フラミンゴ目,ガンカモ目,キジ日(ツカツクリ科•キジ科),ツル目,チドリ目(チドリ科•カモメ科)に属する鳥類は何れも移動度100を示した。これらの目は比較的に原始的とされる地上•水生鳥類の大部分を含んでいる。しかし,ペリカン目のペリカン科(130),コウノトリ目のコウノトリ科(130)•サギ科(150),キジ目のホウカンチョウ科(140),チドリ目のシギ科(250)•ウミスズメ科(190)では100以上の移動度が見られた。また,地上性のシギダチョウ目は例外的に160の,コウノトリ目に比較的近いとされるワシタカ目(ワシタカ科)は140の値を示した。一方,いわゆる樹上性の鳥類では140から360までの移動値が得られ,ハト目からスズメ目へと次第に高い値を示す傾向が見られた。すなわちハト目(140,190),ホトトギス目(200),フクロウ目(200),ヨタカ目(200),アマツバメ目(220),ブッポウソウ目(220,250),キツツキ目(230,300),スズメ目(360)である。ハト目に近いとされるオウム目では,300から360のスズメ目に近い値が得られた。以上の結果から,電気泳動法によるM-MDHの移動度は,科•目を含む高いレベルでの進化を反映しているように思われる。
著者
西海 功 柿澤 亮三 紀宮 清子 森岡 弘之
出版者
国立科学博物館
雑誌
国立科学博物館専報 (ISSN:00824755)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.5-19, 2006

The avifauna of the Imperial Palace Area in Tokyo was monitored by bird censuses nearly in every two months from August 2000 to November 2005. The results were compared with the previous monthly bird census research from April 1996 to March 2000 reported by Nishiumi et al. (2000). The total number of species recorded in the 35 censuses since August 2000 was 64 species, which is composed of 20 residents, 17 winter visitors, 10 transients, and 17 irregular visitors as listed in Appendix 1, but no breeding summer visitors were recoded. In total of these 10 years, 78 species were recorded by censuses. Eleven species among them are newly recorded in this monitoring period since August 2000; Larus argentatus, Sterna sp., Cuculus poliocephalus, Anthus hodgsoni, Anthus spinoletta, Saxicola torquata, Cyanoptila cyanomelana, Terpsiphone atrocaudata, Parus montanus, Sitta europaea, Fringilla montifringilla. Apart from censuses additional 4 species were recorded; Ninox scutulata as a breeding summer visitor and Corvus corone, Fulica atra, Podiceps cristatus as irregular visitors. We found a significant decreasing trend in number of species observed in the bird census during these ten years. The number of individuals was also significantly decreased except for January and individual number of residents was conspicuously decreased, although that of winter visitors was stable or somewhat increased. Moreover, the species diversity showed significantly a decreasing trend in all of odd months.