著者
今村 知子 杉森 文夫
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.247-252, 1989-09-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
8

1.羽色などの外部形態に基づく繁殖期のカルガモの雌雄判別を試みるため,栃木県内で得られた80個体を材料に,雌雄による外部形態の違いを観察した。2.上尾筒,下尾羽及び腹に雌雄の差異が認められた。中央尾翼,翼鏡,三列風切及びみずかきの色にも変異が認められたが,雌雄の違いによるものであるとは判断できなかった。3.カルガモの雌雄判別を行う場合,上尾筒,下尾筒及び腹が有効な部位であるといえる。4.野外においてカルガモを観察する場合,至近距離であれば雌雄を判別することは可能であると思われる。
著者
黒田 長久
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.321-355, 1971-12-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
11

The myological illustrations here presented are based on more than ten examples of Columba livia (Carrier Pigeons killed by cats), studied during 1945-46. The illustrations have been so devised as the origin and insertion of each muscle could be shown not hidden by other muscles, by restricting the number of muscles in one illustration. The originals were prepared with different colors by muscle belly, tendon and bone, but here they are reproduced by ordinal drawings.Appendicular (wing and leg) and caudal muscles only are illustrated (partly cited in author's previous works) and listed, according to Berger's (George & Berger, 1966) nomenclature, and the names used by the author in his previous works are added to the list when different from Berger's. Minute muscles, one in the wing (on radiale) and three of caudal region, are additions to Berger's list, though their further confirmation is necessary. Illustrations of muscles of Columba livia other than figured here are to be found in the literature given in this paper.
著者
上田 恵介
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.1-46, 1994-03-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
296

Sperm competition is the competition between sperm from two or more males to fertilize the egges of a single female during one reproductive cycle. Recently many ornithologists have focused on this theme, and are studying many bird species by using biochemical methods (e. g. DNA fingerprinting). I review almost all of the important literature on avian sperm competition of the last decade, and discuss the evolution of social behaviour of both sexes through sperm competition. Sperm competition is an essential process of intrasexual selection which influences not only the characteristics of reproductive organ and mating behaviour, but also the mating system, social organization and life history strategy of birds. It is a co-evolutionary process between both sexes.
著者
黒田 長禮
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.8, no.3, pp.282-283, 1976-11-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
4

A presumed old female pintail Anas acuta with masculinized plumage pattern is here reported with its photo taken by Mr. Akio Sasagawa at Shinobazu pond, Ueno Zoo, Tokyo, early February, 1974. It has rough flank markings and elongated central tail feathess.Another example of different plumage pattern also found at the same pond, photographed a 10 February 1976, by Mr. Kazue Nakamura is added.Kuroda (1929, '39) had reported another old record of the pintail and a female Mandarin duck Aix galericulata was masculinized when molted after long kept in author's aviary.
著者
小沢 敬次郎
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.5, no.4, pp.411-413, 1968-12-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
7

アシナガコシジロウミツバメ(Oceanites oceanicus)の日本近海の発見例は犬吠崎における1例(清棲,1932)があるのみであった。1967年7月,東京大学海洋研究所の本田座氏は同所淡青丸で三陸沖調査中1羽捕獲し,写真を撮り,これを著者に提示された。著者は帯黄色の蹼と〓蹠の長さから本種と同定した。また海鷹丸で著者は11月,鳥島の東50海里の海上で1例を得て測定し,南極大陸産の亜種Oceanites oceanicus exasperatusであろうとした。北太平洋における既知例は日本近海の1例,カリフォルニヤ沖の2例であったが,これらに2例を加えた。
著者
江口 和洋 久保 浩洋
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.32-39, 1992-03-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
18
被引用文献数
4 3

1.史料に基づき,日本におけるカササギの生息の起源について検討した。2.16世紀以前の史料にはカササギに関した具体的な記述はほとんどなく,17世紀以降の史料にはカササギの生息地,生息地域における呼称,習性などの記述が見られる。3.17世紀以降の江戸時代には,カササギは福岡,佐賀両県の有明海沿岸(旧柳川,佐嘉藩領内)で多く目撃されている。4.17世紀前半には,カササギが朝鮮半島より人為的に渡来したとの認識が広まっていた。5.佐嘉藩ではカササギをもたらした人物の名が記録されている。6.佐嘉藩ではカササギは捕獲禁止の対象となり,17世紀に禁止令が何度か発令された。7.史料検討の結果,カササギは17世紀以降に朝鮮半島より旧柳川,佐嘉藩領内へ移植され,藩主の保護策により個体数を増加させたと,推測される。
著者
黒田 長久
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.1-59, 1981
被引用文献数
1

This paper was first planned in 1971 and was written in 1975 (marking the author's age of 60th) to compare avian and mammalian "societies", based on socio-ecological and -ethological analyses, independently of Wilson's "Sociobiology" (1975); with the following contents:<br>I "Animal sociology"<br>1. Animal societies: its two viewpoints<br>a. Phenotypic sociology b. Functional sociology<br>2. Animal societies: its functional analysis<br>3. Animal societies: its evolution<br>a. Origin and functional evolution b. Phenotypic evolution<br>II. Avian and mammalian societies<br>1. Comparative characteristics<br>2. Evolutionary retrospects<br>3. Distributional property<br>4. Life diversification<br>a. Mammalian b. Avian<br>5. Behavioral diversification<br>a. Brain structure b. Brain function c. Instincts and intelligence b. Instinctive grades: 1) Physiological (individual or maintenance) behaviors 2) Social behaviors (a) Instinctive reflex beh. (= IRM) (Primary inst. beh.) b) Instinctive responding beh. (Secondary inst. beh.) c) Mental instinct-controlling beh. (Tertiary inst. beh.) d) Psychological reflex beh. (Spiritual shock beh.) e) Mental instinct-suppressing beh. (reductive inst. beh.) f) Learning g) Imprinting h) Tool-using i) Coopreative behavior<br>III. Social development<br>1. Flock-vs family-base life<br>2. Dominance and leadership<br>3. Individual and population (groups)<br>4. Group-making property<br>a. Avian group life: 1) Family group 2) Areal group 3) Group territory 4) Colony<br>b. Mammalian group life c. Human group life<br>5. On group selection<br>IV. Postscript<br>The avian and mammalian societies, despite common general physiology, have evolved toward basically "aerial-diurnal" and "terrestrial-nocturnal" contrasted lives.<br>The avian society is aberrantly specialized and could be neglected from the quadrupedal evolutionary line leading to mammalian society, but the avian flock-based, monogamous social structure with sexual cooperative division of work and the mammalian mother-filial family-based, polygynous, despotic and graded social structure, are compounded in the human society, which, beside this biological social base, is put under artificial restraint and constraint of laws, religions, ideologies of nations (or races). With this contradictions, the world human societies inevitably contiune their cooperative efforts, but with endless competition.
著者
内田 康夫
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1-2, pp.54-72, 1970-12-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
19
被引用文献数
3 3

Although white and grey forms had long been known in Japanese Crested Ibis Nipponia nippon, its scarcity prevented detailed research. Contrary to a former opinion that these were color phases, Mr. H. Sato (1957) considered them as seasonal forms and later suggested (1968) that the grey form is caused by cosmetic coloration toward breeding season.This paper presents a detailed analysis on the mechanism of this type of color change based on numerous feather samples offered to Yamashina Institute by Mr. Y. Muramoto who collected them in its natural habitat in Ishikawa for many years. Supplemental observations were made with live birds in Sado I. with valuable assistance of Messrs. K. Chikatsuji and T. Takano of Ibis protection Center. Histological studies were made by the author at Department of Zoology, Tokyo University.Some important points clarified in this paper are as follows:1. The feather samples suggested neither of the known types of color change: 1) molting, 2) abrasion, 3) cosmetic staining with color substance in preen oil, 4) photo chemical change of biochrome in the feather, and 5) external staining (e. g. iron in water birds).2. Under the feathers surrounding the naked face of Japanese Crested Ibis, a particular area of the skin was found producing 'black substance.' (Fig. 12).3. A few tiny samples of this black substance fell on the snow when a captive ibis scratched that region of the head (Fig. 13, 14). These could be collected and used for chemical analysis (to be published elsewhere).4. Prior to the breeding season, in late January through February, a characteristic behavior of rubbing the side of its head to the shoulder region was observed after bathing. This was named 'daubing behavior' (Fig. 16) and it lasted 20-30 minutes followed by normal preening.5. The grey, or rather blackish, tint of the neck to shoulder region got deeper as the 'daubing behavior' was repeated.6. Histologically, it was proved that the grey tint was caused by external adherance of 'black substance' to the proximal (not distal) barbules of the normal white feathers (Fig. 4-10).7. The black substance on the feathers and those picked up after head scsatching were identical microscopically and chemically. These are supposed to come out along feather pores of the skin, since the feathers of the black substance producing area had black ring near the root of the rachis (Fig. 2, 9, 10).8. The change from grey to white form occurred by normal post-nuptial molting (Fig. 17) and neither 'daubing behavior' nor dropping of black substance was observed after bathing in this period.9. The 'daubing behavior' was so important in this new type of plumage color change that even during the critical period of change from white to grey form, the white plumage remained untinted unless this behavior was performed, which always occurred after bathing. Five to six bathing-'daubing behavior' sequences completed a typical grey form. The first bathing of the season was observed on a fine day in late January.10. Physio-ethological mechanisms and the hormonal control involved were analysed (Fig. 20) and significance of the grey form was discussed eco-evolutionarily.
著者
黒田 長久 柿澤 亮三 堀 浩 大阪 豊 臼田 奈々子 内田 清一郎
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1, pp.1-15, 1982-03-31 (Released:2008-11-10)
参考文献数
26
被引用文献数
3 4

22目57科185種の鳥類の血球(一部胸筋)を試料として,澱粉ゲル竜気泳動法(pH7)により,ミトコンドリア内リンゴ酸脱水素酵素(M-MDH)の陰極側への移動度を測定した。移動度の表現は,マガモ血球のM-MDH移動度を100と定めたときのこれに対する相対値である。鳥類M-MDHの移動度は各種組織間に差がなく,またこれまで種内,属内での変異は見られなかった。さらに科内,目内での変異も比較的少なく,他の酵素(アイソザイム)にくらべて極めて均一性の高い酵素である。ダチョウ目,ミズナギドリ目,ペンギン目,カイツブリ目,ペリカン目(ウ科),コウノトリ目(トキ科),フラミンゴ目,ガンカモ目,キジ日(ツカツクリ科•キジ科),ツル目,チドリ目(チドリ科•カモメ科)に属する鳥類は何れも移動度100を示した。これらの目は比較的に原始的とされる地上•水生鳥類の大部分を含んでいる。しかし,ペリカン目のペリカン科(130),コウノトリ目のコウノトリ科(130)•サギ科(150),キジ目のホウカンチョウ科(140),チドリ目のシギ科(250)•ウミスズメ科(190)では100以上の移動度が見られた。また,地上性のシギダチョウ目は例外的に160の,コウノトリ目に比較的近いとされるワシタカ目(ワシタカ科)は140の値を示した。一方,いわゆる樹上性の鳥類では140から360までの移動値が得られ,ハト目からスズメ目へと次第に高い値を示す傾向が見られた。すなわちハト目(140,190),ホトトギス目(200),フクロウ目(200),ヨタカ目(200),アマツバメ目(220),ブッポウソウ目(220,250),キツツキ目(230,300),スズメ目(360)である。ハト目に近いとされるオウム目では,300から360のスズメ目に近い値が得られた。以上の結果から,電気泳動法によるM-MDHの移動度は,科•目を含む高いレベルでの進化を反映しているように思われる。
著者
田宮 康臣 青柳 昌宏
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1, pp.35-44, 1982
被引用文献数
1

アデリーペンギンの非繁殖個体が,育雛期後半にルッカリーに再上陸し,放棄巣や未利用巣で模擬営巣することは従来より知られていたが,その意義についてはほとんど報告されていない。1968-69年のバード岬ルッカリーでの観察で,繁殖の成功に意義があると認められる彼等の行動結果を得たので報告する。この結果から,再上陸は繁殖にとって適応的であると共に,彼等のクレイシシステムはより多くの雛を巣立たせるために役立っていると考えられる。
著者
ブラジル マーク
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.52-53, 1988

筆者は,1987年7月12日,小笠原諸島父島出港2時間以内の北帰航路でオオシロハラミズナギドリ<i>Pterodroma externa cervicalis</i>1羽を100m以内の矩離で確認した。これは名古屋への迷鳥記録(1962年)以後日本領海初記録となる。小笠原航路は海鳥観察に好適で他に7種を記録した。
著者
山階 芳麿
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.9, no.2, pp.131-142, 1977

本文はソ連邦•中国及び朝鮮に於いて近年出版された報告を集めて,トキ及びコウノトリのアジア大陸東部に於けるこの両種の現状を解説したものである。<br>1.トキがソ連邦で最後に発見されたのは1940年(クリュチ•ザハロフスキー地区),中国で最後に発見されたのは1957年(陜西省洋県)で,既に久しく発見されていないから,恐らく両国では絶滅したものであろう。しかし,朝鮮半島の中部では1965年以後,1974年まで稀に目撃されているので,北方の蕃殖地から稀に中部の平原に迷い出るのであろう。そして,その蕃殖地は不明だが,推測をすれば長白山脈の南側森林地帯が一番可能性がありそうである。<br>2.コウノトリはソ連邦内では,東西はゼーヤ川流域から日本海沿岸まで1,000km,南北はアムール川下流のボロン湖から沿海州南部のハンカ湖まで600kmの広大な地域に未だかなり多く蕃殖している。又,中国に於いても満州の中北部(恐らく嫩江流域)及び中部(ハルピン付近)に蕃殖しているという。これらのごく一部は朝鮮半島及び日本に越冬に来るが,その大部分は中国の揚子江下流及び福建省あたりで越冬する。したがってこの貴重なコウノトリの保存は,ソ連邦と中国の密接な協力によってのみ可能なのである。私はそれを強く希望する。それとともに,未だかなり大陸に蕃殖しているとはいえ,稀に日本に越冬に来るコウノトリが,心なき狩猟家によってたびたび銃殺されているのは,国際的にも日本の恥である。狩猟者及び狩猟者団体の猛省をうながしたい。
著者
岡 奈理子
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.99-108_1, 1994-10-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
20
被引用文献数
2 4

明治初期から昭和中期にかけて,日本の幾つかの海鳥繁殖地で,無秩序な採集圧が海鳥個体群を絶滅,あるいは減少させたことが知られているが,オオミズナギドリめ最大の繁殖地の一つ,伊豆七島の御蔵島では,長期にわたる島民の採集圧で個体群規模が縮少した傾向はみられない。島民がオオミズナギドリ採集を始めた時期と,個体群規模を減らさないで採集した方法とその利用法,および天然資源の持続的利用哲学を生み出した島の社会的背景を,聞き取りと文献調査で明らかにした。オオミズナギドリの御蔵島での採集利用は,文献の残る1700年代前半以降,捕獲の大幅規制が開始された1978年までの少なくとも250年間の長きにわたり,数万羽規模で毎年行われてきた。江戸時代は,島の男性が,その後は病人,幼児を除く島民全員が島の共同作業の一つとして参加した。島民はオオミズナギドリを採集するにあたり,次の主な狩猟規則を島社会の不文律として設けていた。1)雛のみ採集する。2)採集日を巣立ち期前の11月初頭の,毎年2日間(1960年以前は3日間)に限定する。3)採集日以外に巣穴に干渉して,繁殖妨害をしない。この規則に違反すると,採集した鳥は没収され,その家族と共に,以後3年間,採集を禁止された。こうした不文律の採集規則が乱獲や密猟の発生防止に大きく寄写し,数百年にわたる採集圧にも関わらず,日本でも有数の繁殖個体群規模が御蔵島に維持されたと考えられた。オオミズナギドリの秩序ある採集の背景には,生活物質の公平な配給を受ける見返りに,島のあらゆる作業を共同で行う普持米制度の伝統がある。また,独自の家株制度の施行で人口が明治初期まで比較的低く抑えられたことも,資源の食いつぶしの回避をはかる資源管理型御蔵島社会の一つの事例としてあげられる。採集された雛は,各家庭で精肉され,肉,皮,内臓,骨に至るまでのほとんどの体部が伝統的保存法で数カ月間保存され,自家消費された。一部の塩蔵肉や塩辛は隣島の三宅島島民との食料,物資の交換に使われた。島の生計は世代を継いだ全島民による営林事業が主体であったが,今世紀前半からの柘植(つげ)材の用材価値の低下につぎ,1978年からのオオミズナギドリの伝統的採集の外圧的廃止は,森林生態系の永続的利用を実践し,共生してきた村人に,伝統的な生活習慣を断っことを強い,最近にみる急傾斜地への大型道路敷設事業導入による森林破壊と,オオミズナギドリの生息地の破壊を引き起こす背景になっていることを指摘した。生態的知識に基づく自然物の秩序ある採集は,自然との共存文化として温存すべき理由を,鳥島や北海道の渡島大島などにみる出稼ぎ的採集で海鳥の繁殖個体群を衰亡させた略奪的自然利用に対峙して見いだせる。
著者
田中 裕
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.18, no.2, pp.55-62, 1986-09-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
20
被引用文献数
1 2 2

1.東京大学海洋研究所淡青丸•白鳳丸航海中に行なった海鳥の目視観察に基づき,ハジロミズナギドリの北太平洋における分布と分布域の表層水温との関係を調べた。2.ハジロミズナギドリは繁殖期には北太平洋西部の極前線域に,非繁殖期には北太平洋を東西に広く分布していた。3.ハジロミズナギドリが最も陸地に接近したのは,2月の伊豆諸島三宅島周辺海域と9月の三陸沖100浬の海域であった。4.分布域の表層水温は,8~28°Cの範囲にあり,最多分布域は5月の8°Cの水温帯であった。5月以外は,12~26°Cの範囲に平均的に分布していた。このことからハジロミズナギドリは繁殖地環境と同じような温暖域を好適水温としながら,一方,寒冷域も生息場所として選択できる種類であると考えられた。
著者
細野 哲夫
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.7, no.5, pp.533-549, 1975
被引用文献数
2

1.1962年4月から1973年12月までの間に,長野県長野市川中島北戸部附近でオナガと他の鳥類との相互関係について調査した。<br>2.北戸部附近に行動圏をもつ常行寺オナガ群の行動圏内に出現した鳥類は,27科53種である。そのうち,次の17種にオナガとの反応行動が観察された。オオミズナギドリ,ゴイサギ,コサギ,マガン,トビ,ノスリ,チョウゲンボウ,コアジサシ,キジバト,カッコウ,ヒヨドリ,アカモズ,スズメ,ムクドリ,コムクドリ,カケス,ハシボソガラス。<br>3.反応行動がみられた17種について代表的な事例を述べた。<br>4.反応行動をその発生状況と場面から,害的関係,食物関係,塒関係の三点に分け種別に第6表にまとめた。<br>5.害敵関係は,13種の間にみられた。その際の反応行動は,A,警戒的な音声の発声B,攻撃C,擬攻撃(mobbing)D,追撃飛翔E,逃避の五つにまとめられた。Aによる表現が最も多く観察された。<br>6.ゴイサギ,コサギなどの大型の水鳥類に鋭敏に反応した。捕食者的地位にないものになぜ反応するかは,明らかでない。<br>7.ノスリ,チョウゲンボウの飛翔しているものに反応を示し,停止しているものには,全く反応を示さないか,または,mobbingした。トビに対しては,主として低空の直線飛行にのみ反応を示し,その行動に前2種とは,別な評価を下していた。<br>8.カッコウに対する反応の頻度は低く,タカ類に似た羽色や形態が効果的に作用しているかどうか明確でない。<br>9.ハシボソガラスとは,警戒的な音声による反応が通年(第5表参照)みられたが,繁殖期には,攻撃,追撃飛翔などの烈しい行動が加わった。また,幼鳥や塒への通過鳥には反応行動は示さなかった。<br>10.食物関係としては,ムクドリ>オナガ>ヒヨドリという順位が成立していた。種間の食物争いは,食物の量や分散状況のみならず,鳥相互が,どの食物を選択するかによっても生ずる。<br>11.塒関係は,ムクドリとの間にみられた。ムクドリの個体数が増加することによって,オナガは,塒を移動した。
著者
河野 裕美 安部 直哉 真野 徹
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.1-27, 1986-03-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
34
被引用文献数
4 2

Nakanokami-shima was designated a national monument in 1972 because of its important for breeding seabirds, though the seabirds of the island were very poorly known. In this paper we present the information on the breeding species and their current status. Observations were made over a ten years period from 1975 to 1984.Seven species of seabirds were found to breed on the island. All were summer visitors, except for the Brown Booby which may be a resident.1. Bulwer's Petrel, Bulweria bulwerii. Bulwer's Petrel was not known to breed on the island until we captured and ringed 2 adults on 2 July, 1981, both of which had fully grown brood patches, and 2 more adults on 4 July, 1982, both of which were incubating. In 1982, 1983, and 1984 the petrels bred at the same locations shown in Fig. 1. The petrels bred gathering in small numbers and laid under rock, Sixty-six adults were ringed from 1981 to 1984 and it seems that the breeding population is fewer than 100 birds.2. White-faced (or Streaked) Shearwater, Calonectris leucomelas. Many nest holes of the White-faced Shearwaters were widely distributed on gentle slopes in grassplateau in the centre of the island. Some birds incubated on bare ground under dwarf 'Gajumaru', Ficus retusa, and others incubated under large rocks. We could not estimate their population.3. Brown Booby, Sula leucogaster. The main colonies, which were used by almost all the birds, were found annually at areas A, B, C, and D shown in Fig. 2. On Nakanokami-shima Brown Boobies nested on ridges and on steep cliffs. Few birds nested in the rocky zone near the shore. Before noon on 3 July, 1981, a Maritime Safety Agency Helicopter flew over the eastern part of the island, surprising the settled birds and causing them to take flight one after another. It was possible at that time to make a total count and 250 birds were counted. Since the breeding pairs were taking care of chicks at that day, some parents were probably absent offshore. Clearly the population was larger than 250. A chick ringed on 29 June, 1980, at the main colony was recaptured at the same place on 21 August, 1983. The bird was in adult plumage, but was not breeding. This recovery record indicates that non-breeding immatures are also included among those attending the main colonies. Table 1 shows the results of an intensive search for nests during the breeding season of 1984. Nests on inaccessible cliffs in areas A-D were of course omitted. The annual breeding population was estimated approximately as about 200 to 500 birds.4. Red-footed Booby, Sula sula. This species was not known to breed in Japan before 1975, when we discovered a breeding pair on 27 August, 1975. The parent incubated one egg and its nest was builted on the canopy of dwarf 'Gajumaru' bush in area A in Fig. 2. On 24 June, 1976, 3 adults and 2 chicks were ringed at the same place, and on 30 June, 1977, one downy chick and parent were found again at the same place as in 1975. On 13 July, 1982, two fledglings and one adult were seen on the cliff in area E in Fig. 2.5. Bridled Tern, Sterna anaethetus. This, species was not known to breed in Japan until we found its breeding at the island on June, 1980. The Bridled Tern settled rocky zone near the shore, placing their eggs in the shelter of rocks. The locations of colonies in 1983, and 1984 are shown in Fig. 3. This tern is apparently an inshore feeder, remaining usually close to the colony. The estimated numbers were 120 birds in area A, and 40 in area B on June 30, 1980, about 1000 in area A, and 100 in area B on 2 July, 1981, and about 650 in area, A, and 50 in area B on 2 July, 1982. Since 1981 the numbers have increased markedly. The birds in attendance at these areas were in adult plumage, however considerable numbers of non-breeding, presumably immature, birds may make up part of these totals.
著者
橘川 次郎 ウィルソン ジャニスM
出版者
公益財団法人 山階鳥類研究所
雑誌
山階鳥類研究所研究報告
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.60-65, 2002

餌場におけるハイムネメジロの闘争戦略がコスト&bull;ベネフィットの法則に従うものかどうかを密度の高いヘロン島で調査した。込み合った餌場で起る反発行動で攻撃を仕掛ける個体が使う行動の要素には,威嚇に使われるものの方が攻撃に使われるものより多かった。これは闘争の相手を無差別に仕掛ける時の戦略で,群れのなかで順位が高いものも低いものも同じように使っていた。禽舎のなかで相手を識別して仕掛ける反発行動では,相手によって戦略を換え一般に威嚇より攻撃の要素がよく使われるが,今回の結果はそれと対照的であった。すなわちハイムネメジロは攻撃する相手が区別できない時は,群れのなかで順位が高いものに対して仕掛ける時のように威嚇の要素を使う傾向があり,それはコスト&bull;ベネフィットの法則にしたがっていると考えられる。
著者
梶田 学 真野 徹 佐藤 文男
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.33, no.2, pp.148-167, 2002-03-20 (Released:2008-11-10)
参考文献数
37
被引用文献数
4 4

南西諸島の中部に位置する沖縄島には亜種リュウキュウウグイスC.d.riukiuensis(Kuroda1925)のみが留鳥として繁殖分布すると考えられてきた。しかし,我々の調査により沖縄島に生息するウグイスには上面が褐色の褐色型と灰オリーブ褐色の灰緑色型の二型が含まれていることが判明した。これら二型間の生息時期及び形態の違いを明らかにし,分類学的扱いを検討するたあに沖縄島で捕獲調査を行った。その結果,褐色型が留鳥,灰緑色型が渡り性の越冬鳥であること,褐色型の方が灰緑色型よりも翼差が短く,鼻孔前端嘴峰長が長いなど13の形態形質中9形質に有意差が認められること,翼式にも型間で明確な違いがあること,多変量を用いた解析でも形態的な差が明確に認あられることなどが明らかになった。両型の測定値から作成した線形判別関数式(正判定率雄100.0%,雌96.9%)を用いてリュウキュウウグイスのタイプシリーズ(14標本)の判別を行った結果,全て灰緑色型に判別されたことに加え,測定値と羽色の類似性から灰緑色型はリュウキュウウグイスと同定され,越冬期のみに沖縄島に生息する渡り性の亜種であること,分類学上異名(synonym)の問題を持っていることが示された。一方,羽色の類似性から褐色型は絶滅したと考えられている南大東島の固有亜種ダイトウウグイスC.d.restrictaと推測され,線形判別関数式を用いてダイトウウグイスのタイプシリーズ(2標本)の判別を行った結果,いずれも褐色型に判別された。測定値や羽色の比較でも両者は良く一致した。以上のことから,褐色型はダイトウウグイスと同定され,南大東島のみでなく沖縄島にも留鳥として分布し,沖縄島では絶滅を免れていることなどが明らかとなった。
著者
Nagahisa Kuroda
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.3, no.3, pp.189-211, 1962-12-31 (Released:2008-11-10)
参考文献数
9
被引用文献数
5 7

Cervical muscles in eleven Orders and nineteen species of birds were compared by semidiagramatical illustrations of the lateral view. The main series of cervical muscles studied was given the following nomenclature:1. Dorsal muscles1. Biventer muscle, M. biventer cervicalis2. Dorsal long cervical muscle, M. longus colli posticus (M. spinalis)a. Longitudinal part, pars longus b. Anterior part, pars anteriorc. Posterior part, pars posterior d. Inferior part, pars inferior3. Dorsal profound cervical muscle, M. profundus colli posticus4. Intercrestal muscle, M. intercristalisII. Lateral muscles1. Oblique cervical muscle, M. obliquus colli2. Lateral cervical muscle, M. colli lateralis (M. intertransversalis)III. Ventral muscles1. Ventral long cervical muscle, M. longus colli anticusa. Longitudinal part, pars longus b. Anterior part, pars anteriorc. Posterior part, pars posteriorThe development of these muscles is extremely variable both adaptively and possibly taxonomically and in some groups is very specialized. These complexities of the avian cervical muscle system are the natural result of their variety of uses of the neck in food-getting and other activities. The myology of this interesting and important part of avian body, however, has been curiously neglected and is open to future detailed comparative studies.